TROUBLE

HEADLINE

川島なお美が最後に頼った民間療法の闇、手術しなければ長生きできた?

9月24日、女優の川島なお美が54歳の若さで亡くなった。

川島なお美が人間ドックによって小さな腫瘍を見つけたのが2013年の8月。

2014年1月28日、12時間にわたる胆管がんの腹腔鏡手術を受け、胆のうを摘出した。

その後、川島なお美は自身が実践している民間療法について、ブログで紹介してきた。

2014年3月27日のブログには、

「素晴らしい民間療法との出会いがありました」

というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。腫瘍発見から手術までに期間が空いたのも、納得のいく医師を見つけられなかったからとしている。

抗がん剤は使わずに貫いた「女優道」

7月5日のブログには、自身のがんは「完治した」とし、川島は抗がん剤を使わないことと民間療法を紹介していた。

その内容は、食事のほかに免疫力アップのためのビタミンC濃縮点滴、電磁波による邪気を取り除くといったものだった。

後日の報道で、川島さんのがんは寛解していなかったことが判明しているが、体にメスを入れたり、抗がん剤の副作用とされる髪の毛等の脱毛もなく、最後まで「女優・川島なお美」を貫き続けたことは明らかだ。

tr20151002-2

川島は9月7日、シャンパンの宣伝のために夫のパティシエ・鎧塚俊彦氏(49)と記者発表に登場した。司会者から体調について聞かれ、

「邪気を払ったり、体を温めたりして治療をしてます」

とハリのある声で答えていた。

「激やせ」と報じられたこの日の会見から10日後、出演していた舞台「パルレ」を降板。その1週間後に、川島さんは早すぎる死を遂げてしまった。

亡くなる直前まで舞台に立っていた川島の死には衝撃と悲しみが走ったが、川島が取り組んでいた民間療法の内容が判明すると、ネット上がザワついた。

tr20151002-3その内容とは、「ごしんじょう療法」と呼ばれる金の延べ棒だったからだ。

ごしんじょう療法は貴田晞照(きだきしょう)氏が編み出した療法で、日本全国に貴田氏の弟子をはじめとする治療院が存在する。純金の延べ棒を患部や体全体に当てたりさすったりするものだ。

「スピリッチュアルかよ」
「治るわけねえ」
「現実逃避」

ネット上では、その治療法にドン引きする声が相次いだ。

スピリチュアルというと、EXILEのATSUSHI(35)がハマる生体エネルギーや、元オセロの中島知子(44)の洗脳騒動など、一緒に働くメンバーにまで悪影響を与えていると報じられ、怪しいイメージが大きい。

さらに、早期治療を行わず、民間治療に頼った末に助からなかった点は、すい臓がんで亡くなったアップルのスティーブ・ジョブズさんと一緒だと、残念がる声もあった。

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。

テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。

民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合った結果、自分らしく生涯を全うしたという事実は、揺るぎない。

[引用/参照/全文:http://dailynewsonline.jp/article/1017505/]

【関連リンク】

真実|川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」

手術しなければ長生きできた?

川島さんがブログに綴ったところによると、川島さんは手術後、抗がん剤や放射線による治療を一切受けず、以下の「民間療法」を取り入れていたという。

(1)ビタミンC濃縮点滴などによる「免疫力増進療法」
(2)電磁波などにより邪気を取り除く「電磁波療法」
(3)発酵玄米や豆乳ヨーグルトといった食事を摂る「食事療法」
 しかも手術を受ける前から、こうした民間療法を実施していたともいう。

肝内胆管がんは、もともと術後5年生存率が30~50%とされる難治性のがんだが、手術を受けた後も長生きした人もいるし、受けずに長生きした人もいる。

ここからは一般論だが、手術が最善の方法とはいえないのである。自覚症状がないなら、たとえがんが発生したとはいっても、そのがんは体に対して悪さをしていなかったからだ。通常、胆管がんは黄疸が出て初めて発見される。

実際、手術後の川島さんの状態はよくなかった。激ヤセが話題になるほど食欲も落ち、栄養失調状態に陥っていたようだ。

これは「悪液質」といって、がんの進行によって引き起こされる衰弱である。悪液質が始まると、脂肪組織や筋肉の萎縮が進み、体中のエネルギーが消失していく。

がんがあろうとなかろうと、人間は生きていくためには1日最低限1400キロカロリーの摂取が必要だ。これ以下だと、普通の生活ができなくなる。推測だが、川島さんはこうして最期のときまでを苦しみ抜いて亡くなられた。

人間ドックのような健診でがんが発見されることが、果たしていいことなのだろうか。がんの種類によっても異なるが、がんの摘出手術が有効という確かなデータもない。

あくまで「イフ」だが、健診によってがんが発見されず、発見されても症状がなかったのだから、手術を受けないという選択もあった。

そうすれば、川島さんはもっと長生きできていたかもしれない。

このような視点で「がん死」を捉えることも必要ではないだろうか。

[引用/参照/全文:http://biz-journal.jp/2015/09/post_11755.html]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2015/10/03 4:48

    女優って(笑)タレントだろ?
    松田優作じゃあるまいし。
    つーか、どうせ手術するな早くやれば良かったのにな。
    髪なんかすぐ生えてくるし生きてりゃ良い事一杯有るぞ。

  2. 2
    2015/10/03 0:24

    ビタミンCと電磁波と玄米とヨーグルトで癌が治るワケないだろ。

  3. 1
    名無しさん 2015/10/02 19:22

    個人的な付き合いのある医者が居れば効いて見るといい
    医者は癌が見つかっても殆ど治療しないんだそうだ
    理由は簡単
    癌は治らない
    癌の治療薬で寿命を縮めることを知っているから

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事