TROUBLE

HEADLINE

わいせつ芸能プロ社長の裁判レポート・・・暴かれた鬼畜手口と食い違う証言

2015年前半は、アイドルやタレント、モデルになりたいという少女たちの願いにつけ込んだ犯罪がいくつも露見した。

所属するグループアイドルがメインのテレビ番組やファッション雑誌などがあったことから話題になった、ある芸能プロ元社長が被告の裁判の様子を『脱法ドラッグの罠』著者で若者の風俗文化に詳しいライターの森鷹久氏がレポートする。

tr20151209-2

号泣し訴えた驚くべき犯行理由

「言葉がない、本当に。ごめんなさいという感じ。ここまでつらく恥ずかしい思いをさせて申し訳ない」

11月25日、静まり返った東京地裁514号法廷内に被告人の嗚咽が響き渡ると、傍聴席に座っていた被告の内縁の妻は口に手を当て、肩を震わせた。

間違いを犯してしまった夫による妻への謝罪、そして被告の更正を信じ応援する妻、という風にも見えるだろうか。

しかし、法廷内は嗚咽の後、再び静寂に戻った。あまりに唐突で、芝居がかった泣き方のように見えたのは私だけではなかったのではないか。

法廷内がしらけたのは、それだけが理由ではない。田代被告は罪状そのものは認めつつも、具体的な犯罪内容に話が及ぶと、被害者と異なる主張を繰り返したのだ。

頻度や内容において、被告の主張は被害者のそれよりもことごとく過小なものになっており、謝罪の言葉と涙は、罪を軽くしたい被告夫妻による演技のようにも映る。

tr20151209-1被告人である田代仁ことフィリピン国籍のベレン・オリバー・オリベッティ被告(38)は、芸能プロダクション「センディング」の代表をつとめていた。

その事務所に所属予定だった当時中学生のAさん(15)に、昨年9月から10月頃、わいせつな行為をしたとして今年5月、児童福祉法違反容疑で逮捕された。彼が号泣した裁判は、この容疑についてである。

逮捕直後には「今は覚えていない」と否認していた田代被告だったが、しばらくすると一転して容疑を認め、Aさんと「恋人関係にあった」「(少女を)デビューさせるより自身の性的欲求が勝った」と供述、起訴された。

各メディアも事件を大々的に報じたが、都市伝説的に語られていた「芸能界と性」という実態が白日の元に晒されたような形となったため、とりわけネット界隈の住民の注目度も高かった。

食い違う証言の数々

被害者証言によれば、昨年の夏にA子さんは田代被告とイベントを通じて知り合った後、9月上旬に田代被告がA子さんを事務所に呼び出し面接をした。

このとき「性行為」があったと被害者は訴えているが、田代被告は「上着を脱がせ、体のラインを見て、ウォーキングをしただけ」だと主張している。

検察によれば、さらに同じ少女と11月頃までに計20回以上の性行為をAさんと重ねたというが、田代被告は2回だけだと反論している。

田代被告の主張は、私が彼らをよく知る関係者たちに取材した内容とも印象が違っている。

たとえば、彼が編集長を務めていたファッション雑誌の読者モデルによれば、個人的に気に入っていることが露骨にわかるほどA子さんを様々な現場やイベントに連れ回していたという。ある読者モデルはこう言う。

tr20151209-3

「明らかに未成年のA子さんと深夜まで一緒にいて、その後はどこかに宿泊していた。性行為が2回だけなんて信じられない」

田代被告に肉体関係を迫られた、金を騙し取られたという女性は複数存在している。私の周辺取材によれば、田代被告と肉体関係を持った事務所関係者女性は少なくとも5人以上。

内縁の妻も把握していた?

その中には彼が編集長を務めていたファッション雑誌の看板モデルで内縁の妻・E子(25)に相談した女性もいる。相談した女性は、彼らの夫婦関係を知らないまま田代被告との肉体関係をE子に相談していた。

E子はそういった女性を排除したとも見られる。したがって、E子も複数の女性との関係を把握していたはずだ。

ところが同日、情状証人として法廷に現れたE子は、田代被告の事務所所属の女性との関係について検察に問われると「被害者を含め2人」を把握しているとのみ証言した。この人数は、私の周辺取材によって得た情報とも明らかに食い違っている。

田代被告とE子は、一部を除けば起訴事実を認めているが、二人とも事件を起こした原因が「本人の病気」と「仕事がうまくいっていなかった」ことであるとしている。

内縁の妻がセックス依存症と証言

「以前、夫(田代)を連れて病院へ行った際、夫に『性嗜好障害』の疑いがあるといわれた。事件当時は夫の会社の経営状態が悪く、ストレスがあったのではないか」(妻のE子)

田代被告本人も自身が病気かもしれないという事、また8歳で来日して以降、父母がおらず祖父母に育てられ、祖父に虐待を受けていたことなどを述べると、証言台の上で泣き崩れたのだった。

性嗜好障害とは、いわゆるセックス依存症のこと。その病気と経営不振によるストレスが重なったことで罪を犯したと被告人とその妻は主張しているのだ。この主張については、呆れるほかない。

セックス依存症だからといって性犯罪には直結しない。芸能プロダクション社長でありファッション誌編集長の男が犯したことは、自分より立場が弱い少女にパワーハラスメントとセクシャルハラスメントを強要した末の犯罪に他ならない。

裁判官は最後に、田代被告へこう告げている。

「今年あなたは38歳。20年以上の前の自分を思い出してください。

当時、38歳と対等に話せると思いますか?また、タレントと事務所社長という立場で対等に話せますか?

あなたはそういった被害者の心につけ込んでいる。被害者に悪い影響がなければいいが、結婚や出産などがあっても、あなたとの事は消えない」

この言葉は、田代被告の心に本当に届いたのか。というのも、事件後、目立った活動をしていなかった妻・E子が、11月にモデル活動を再開しているからだ。

tr20151209-4

その活動の場は、かつて田代被告が編集長をつとめた雑誌の後継とみられるWEBサイト。

田代被告と妻は、再犯しないために芸能関係の仕事はしない、若い女性との接触が少ない生活を送ると法廷で誓ったにも関わらず、以前と変わらぬ仕事へ復帰しようとしているようにもみえる。

裁判で検察求刑は2年、弁護側は執行猶予付きの判決求めているが、司法はどう判断を下すか。

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20151209_369490.html]

画像はイメージです

画像はイメージです

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事