TROUBLE

清原容疑者 長渕剛に絶縁されてた!捜査当局が次に狙う3人とは・・・

tr20160208-5
覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が「アニキ」と慕った歌手の長渕剛(59)と絶縁していたことが7日、分かった。

長渕の代表曲「とんぼ」を打席テーマ曲にし、08年の引退セレモニーでは長渕の熱唱に涙を流し「和博」「剛さん」と呼び合った兄弟のような関係。

高校時代からの盟友、桑田真澄氏(47)との絶縁も明らかになった中、清原容疑者が薬物に手を染めながら孤立を深めていった実態が浮き彫りになってきた。

tr20160208-1

長渕は7日、都内で書籍「長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌」のトーク&サイン会を行った。

兄弟のように親しかった清原容疑者が逮捕された中での公の場。発言が注目されたが、長渕は清原容疑者について何も語らなかった。なぜ、口を閉ざしたままなのか。

実は2人の関係は完全に断たれていた。関係をよく知る知人によると、絶縁に至ったのは14年春ごろ。

清原容疑者への警察の捜査が始まり、週刊文春で薬物疑惑が報道されたころ、清原容疑者から距離を置くようになったという。薬物疑惑報道の渦中、最も頼りにしてきた長渕と離れた理由は何なのか。

知人によると、桑田氏の絶縁の背景とは大きく異なり「詳しいことは言えないが、2人の間でこのままの関係を続けていくことが困難になった」という。

捜査関係者によると、警視庁は清原容疑者が覚せい剤を購入していたとみられる北関東ルートなど、入手ルートの全容解明を進めているほか、これまでの交友関係についても調べている。

違法薬物を通して親しい関係があったとされる元会社社長を含め、交友関係に重大な関心を寄せており、捜査の手がさらに広がっていく可能性もある。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11155926/]

禁煙もさせた固い絆どこへ

スポニチの取材にも清原容疑者は関係が断たれていることを明かしていた。

長渕が人生を懸けた昨年8月の富士山麓のオールナイトライブにも行かなかった。同10月に清原容疑者に尋ねると「いや、行ってません」と言葉少なだった。

――会っていないんですか?

 「いや、まったく」

 ――結構前から?

 「そうですね」

 ――連絡も?

 「そうです」

 沈黙の後、「まあ、人それぞれですから」と、複雑な表情を浮かべた。

tr20160208-2

中学時代からの長渕ファン。打撃練習時も、ドライブの時も長渕の歌を聴いた。好んだのは「HOLD YOUR LAST CHANCE」(84年)。

♪傷つき打ちのめされても はいあがる力が欲しい 人は皆弱虫を背負って生きている――。

メンタル面の弱さを持った大スターの心に響いた。「長渕さんの曲には勇気づけられる。未来が、将来が湧き出てくるというか、力がある」。男として長渕に心酔し、外見も近づこうとした。

直接の交流は99年。ケガに苦しむ清原容疑者に自身のファンだと知った長渕が激励の書を送った。「まだ人生の9回裏じゃねえ」。清原容疑者は自宅に飾り、心の支えにした。

2000年に初対面し意気投合すると、兄弟ともいえる関係を築いた。最初に引退の決意を伝えたのも長渕だ。

長渕も「世の中に欠落している“男と男の友情”とか“絆”というか、それを彼に感じる」と話し、清原容疑者を可愛がった。初めて公演のステージに上げた有名人も清原容疑者。

「野球を本気でやるならタバコを吸ってたらおかしいだろ」と一喝し、禁煙させたこともある。何があったかは不明だが、固い絆で結ばれていた2人がたもとを分かったことは衝撃だ。

[引用/参照/全文:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/02/08/kiji/K20160208012003770.html]

ネットの反応

・やっぱまだやってたのか こっち来んなシッシッってことだろ
・自分のとこに捜査が回ってこられるとマズイもんな
・経験者なんだからアドバイスしてやれや
 >長渕剛は覚醒剤じゃなくて大麻だった気がするけど
 >1995年1月24日大麻取締法違反で逮捕。覚醒剤については否認、尿検査も陽性反応がなかったため処分保留のまま釈放。3月16日に起訴猶予処分。
tr20160208-3
・バーで殴りあいのケンカしたって話は?
・昨日の田代の話凄かったな 復帰イベントの握手会にヤクザが紛れてきて「心中お察しします」って握手しながらシャブと電話番号渡してくるんだって
・槇原と長渕って薬で捕まっても紅白出れるだな
・覚セイッ剤

清原容疑者の次は?

そこで浮上してくるターゲットは、名前が通っている人物に限って言えば複数人おり、その頭文字はAKNとなる。

アイドルとして一世を風靡し、現在は女優と結婚したAは一時期、組対5課に徹底マークされ、逮捕寸前までいった。

「あの小向美奈子とも交友があり、六本木のクラブでコカインやシャブをやっているとして家宅捜索寸前までいきました。

ところがガサをかける当日になって、Aがカレンダーを出している出版社から情報が漏れ、マスコミに流れてしまった。

この間に雲隠れしてAは事なきを得ましたが、一度取り逃がした魚をきっちり仕留めるという意味では今回の清原のパターンに近い」(前出の捜査関係者)

次にKだが、これは五輪にも出場したスポーツ選手。一時期、西麻布や六本木で頻繁に飲み歩く姿がキャッチされており、取り巻きもヤカラ系だったことから捜査線上に浮上したようだ。

「かつてAV女優と交際しており、女遊びも派手。いくつか情報が寄せられたことがあるそうだ」(同前)

そしてNだが、彼は薬物疑惑のウワサが絶えない大物ミュージシャンだ。過去に逮捕歴があり、コワモテでも知られるNには捜査当局や週刊誌の編集部にタレコミがなされたことがあったようだ。

「女性からのタレコミで、大麻をNにすすめられセックスしたと。記事になりかけましたが、直前でネタ元が飛んでしまい、お蔵入りになったそうです」(週刊誌記者)

Nの武勇伝はこれだけではない。張り込み取材をしたことのある某週刊誌記者は、Nの奇行を目の当たりにしたという。

週刊誌記者が証言する。

「Nは大麻だけじゃなく、清原同様、覚せい剤にもハマってるって話は以前からささやかれていた。愛人問題も同様に噂されていたので、張り込みをしていたんです。

すると路上で突然、見えない敵と戦いだした。けりを入れ、パンチを入れ、明らかに様子がおかしかった。口笛も吹いて本人は楽しそうでしたが、5分10分とエア格闘技を住宅街でやるわけですから、怖かった」

すでに麻取と組対5課は、これらの有名人の捜査に着手しているという情報もある。大物を挙げるライバル競争をしている二つの組織にとって、Nは格好の獲物だろう。

[引用/参照/全文:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160204-00010001-dailynewsq]

tr20160208-4
ネットではAは赤西仁、Kは北島康介、Nは長渕剛だと特定されているが・・・。

ネットの反応

・AKN(あかん)48
・K島Kスケってお塩事件の際に関与疑われてたよねw
・北島ってパクられんの怖くて現役辞められないのかなw
 >現役のほうがドーピング検査で引っかかってバレるだろw
・この記事は北島康介想定してるんだろうけど抜き打ちドーピング検査があるんだからほぼあり得ない
・こういう話題で北島の名前出る割合多すぎ!
・もっと無名選手だろ北島ならメダリストと書く
・検査うんぬん以前にヤク中が水泳競技なんぞできんわな

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事