TROUBLE

HEADLINE

故マイケル・ジャクソン 児童性的虐待容疑での捜査の際に児童ポルノやSM写真が押収されていた!

tr20160622-1

2009年6月に亡くなった歌手マイケル・ジャクソンが、生前大量のポルノ写真を所持していたことが、当時の捜査当局が作成した報告書で明らかになった。

その中には子供の写真や、動物を虐待した写真なども含まれ、幼い少年たちを誘惑するために使われたという。

芸能サイト「レーダー・オンライン」が入手した検察の内部文書には、 2003 年11月に行われたマイケル・ジャクソンの自宅「ネバーランド」に対する家宅捜索の様子が詳細に書かれている。

この家宅捜索は、ジャクソンに対する児童性的虐待容疑に関する捜査の一環として行われた。

捜査にあたったサンタバーバラ郡地区検察がこれまで非公開にしていた報告書によると、当局は80本以上のビデオ、パソコンのハードディスク、さらにはノート、日記、文書、写真、音声テープなどを押収した。

tr20160622-2

捜査を担当したサンタバーバラ郡地区検察のロン・ゾーネン元検事はレーダー・オンラインに対し、発見された押収物の多くは子供たちの「感覚を麻痺させる」ために使われたと述べた。

検察の報告書には、ジャクソンの私有地から見つかった証拠物について記載されている。

報告書によると、本や画像は「『性的なわいせつ行為』をする目的で子供を誘惑するために利用され、被害者の自制心を失わせ、わいせつ行為を容易にできる」ように用意されたものと記されている。

ジャクソンの所有物から見つかった本の一冊は「ルーム・トゥ・プレイ」と題され、「子供たちの写真が数多く含まれていた」という。報告書によると、写真のなかには子供の顔を陰部を見せた大人の体と合成したものもあった。

検察は、ネバーランドにある従業員用の休憩室の保管庫からも、子供の写真を大量に発見した。

ジャクソンは児童性的虐待7件と犯罪目的で薬物を投与した2件の容疑で2003年11月20日に逮捕された。6月に少年が性的虐待で告訴したことを受けての捜査だった。

14週間に及ぶ審理を経て、カリフォルニア州サンタバーバラ郡地裁は2005年6月13日、すべての罪について無罪を言い渡した。

ジャクソンは2009年6月25日、麻酔薬プロポフォールの過剰投与により死亡した。

[引用/参照/全文:http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/21/michael-jackson-stockpiled-nude-images_n_10602802.html]

tr20160622-3

米情報サイトRadarOnLine.comが入手し、公開した未公開映像には、捜査員たちがマイケル宅を家宅捜査し、実物大のスーパーマンや映画「トゥームレイダー」の主人公ララ・クラフトのマネキン、子供たちの人形、ゲームなどを調べている様子が映っている。

情報筋は同サイトに、

「これらの書類は、ジャクソンが操作的で、麻薬とセックスに狂った略奪者である事実を露呈した。

彼は血液、血の塊、動物の生贄や変態的なアダルト・セックスなどの猥褻な映像を利用し、子供たちを思いのままにした。

彼はまた、子供の拷問写真、大人や子供のヌード写真、女性のボンデージやSMなど、気持ち悪くてかなりショッキングな映像も所持していた」

と語っている。

情報筋によると、捜査員らはメモ、日記、写真、80本を越えるビデオやコンピューターのハードドライブなどを押収。現場では、マイケルさんの甥の下着姿の写真も発見されたという。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1666943.html]

ネットの反応

・なんでいまさら?
・アメリカ人のいう児童ポルノは日本人感覚ではそりゃねーだろみたいなの含まれるからなんとも
・芸術系のじゃなくてか
・自家製ですげえのありそう
・自分の子供が半裸でプールで遊んでる写真を持っているだけでアウトだからなアメリカって
・児童ポルノつってもマイケルってショタホモだから男の子のやつばかりなんだろ
・ちょっと見てみないことには
・ボンデージやSMは犯罪じゃないだろ
・死後に個人の性癖を暴くのはやめてあげて・・・

「ルーム・トゥ・プレイ」に
掲載されている写真の一部

tr20160622-4
tr20160622-5
tr20160622-6
tr20160622-7
tr20160622-8
tr20160622-9
tr20160622-10
tr20160622-11
tr20160622-12

[引用/参照/全文:https://twinpalms.com/books-artists/room-to-play/]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事