TROUBLE

HEADLINE

乙武氏が家族と別居状態で離婚寸前!自粛が悲劇に!?不倫してほうがバランス取れていた!?

tr20160623-1

不倫報道によって、参院選不出馬となった乙武洋匡さん(40才)が、離婚に向けた話し合いを始めているとの情報が入った──。

世間を大きく騒がせ、夫婦が揃って謝罪した不倫騒動から3か月。再出発したはずの夫婦の絆が、切れた。

「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。

“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”

──乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、彼女の意志は固かった。“彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人)

以来、夫は自宅マンションに帰っていない。トイレや寝室を備えた事務所に寝泊まりしている。妻は3人の子供とともに、夫のいない部屋で静かな暮らしをスタートさせていた──。

結婚15年目を迎えた乙武洋匡・仁美(37才)夫妻が危機を迎えている。

早稲田大学政治経済学部に在学中の1998年に出版した『五体不満足』(講談社)が累計500万部を超す大ベストセラーになった乙武さんは、大学の1年後輩だった仁美さんと4年間の交際を経て、2001年3月25日、仁美さんの早大卒業の日に結婚。8才の長男、5才の次男、1才の長女と3人の子宝に恵まれた。

そんな乙武夫婦に大きな転機が訪れたのは、15回目となる結婚記念日の前日だった。今年3月24日、『週刊新潮』が乙武さんと20代後半女性との不倫海外旅行を報じた。

乙武さんと女性は昨年のクリスマスから今年の正月にかけて、8日間にわたってチュニジアやパリなどを旅行。乙武さんは不倫の事実を認めた。

重度の障害を抱えながら、明るく爽やかなキャラクターで人気を博した乙武さんの不倫スキャンダルが大々的に報じられると、世間は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。

「先天性四肢切断」という重度の障害を抱えている乙武さんの私生活が苦労の連続であることは説明するまでもない。そして、乙武さんの生活全般の介助を担ってきたのが仁美さんだ。

しかも、そこに子供たちの世話も加わることになる。夫婦を知る関係者が言う。

「乙武さんは夜10時を過ぎたら家に帰らず、住み込みのボランティアスタッフが世話をする事務所などに泊まるようになりました。忙しい子育てを終え、3人の子供を寝かせつけた仁美さんがゆっくりと時間を過ごせるための配慮でした」

不倫してたほうがバランスが保たれていた?

週末に自宅に帰るが、平日は事務所に寝泊まりすることが増えていった。前出の関係者が語る。

「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、気づかないふりを続けていたはずです。乙武さんが家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、むしろ夫婦関係のバランスが保たれていたことは否定できません」

3月末に不倫が報じられて以降、仕事を抑えてきた乙武さんは外出を極力控え、一日中自宅で過ごすようになった。

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に“謹慎”するようになり、仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。

3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした。

彼女は最初のほうこそ気丈に頑張っていましたが、みるみるうちに疲労がたまり、表情が暗くなって塞ぎがちになりました。夫婦間もギスギスし始めて、会話が少なくなりました」(前出・知人)

tr20160623-2

夫と常に一緒に過ごすことで、精神的なストレスも増していった。

健常者でも、それまで仕事をしていた夫が定年後、ずっと自宅にいるようになったり、単身赴任だった夫が家族と同居するようになったことで、それまで良好だった夫婦の関係が目に見えて悪化することがよくある。

ましてや乙武家の場合、夫の介助という物理的な負担も加わり、仁美さんの受けるストレスは極限に達した。

「不倫騒動後に公の場でした“再出発宣言”は相当な覚悟をもって口にしたものでした。しかし、その彼女でも夫が常に家にいることが相当大変だったのでしょう。

この夫婦はもう長男が生まれてからですから8年もの間、“半別居”生活でバランスをとっていたんです。そこへ急に夫が毎日いる生活になった。

頭で理解していても体力的にも精神的にももう無理だった。ピンと張り詰めていた緊張の糸がある時、限界に達してぷつりと切れてしまった。そして“離婚”という2文字が頭に浮かんだようです。

乙武さんの不倫に薄々は気づきながらも、その状況に助けられてきたと感じていた部分もあったでしょう。彼女には、どんなに頑張っても、別居という選択肢しか残っていなかったんでしょうね」(前出・知人)

そして冒頭のように6月上旬、仁美さんが夫に最後通牒を突きつけたのだった。もちろん、乙武さんは抵抗した。しかし、仁美さんの頑なな態度に乙武さんも覚悟を決めるしかなかった。

乙武さんに話を聞くと「ノーコメント」と回答し、仁美さんは自宅のインターフォンに応じず、〆切までにコメントを得られなかった。現在、ふたりは離婚を視野に入れた話し合いを続けているという。

[引用/参照/全文:女性セブン2016年7月7日号]

http://www.news-postseven.com/archives/20160622_423699.html

tr20160623-4

妻が激白した本心

乙武氏の妻が、人気雑誌「週刊文春」(2016年3月31日発売)に独占インタビューを掲載。そこには、世間から賛否両論は避けられない赤裸々な夫婦生活が掲載されている。

「確かに、最新の文春に乙武さんの奥さんが独占インタビューを受けた記事が掲載されます。そこには、夫の世話から逃げたかった「妻の本心」が語られているそうです。

奥さんはずっと、乙武さんの世話から解放されたかったそうなんです。だから夜遅いときは事務所に泊まるように乙武さんにお願いし、そこで乙武さんは不倫をしまくってたらしいんです。

最初、奥さんは乙武さんとの結婚の話になったとき「犬を飼ったこともあるし大丈夫」みたいな気持ちだったそうですが、いまになって、想像以上の苦労に耐えかね、疲れが爆発したのでしょうね。普通なら存命の夫から解放されたいなんて言えないでしょう」

イケメンで、爽やかで、頭脳明晰で、何から何までパーフェクトな乙武氏。しかし両手足がない状態では、自身で性的処理ができず、フラストレーションがたまりやすい「苦悩の日常」を送っていたのだろう。

マスコミ関係者の話によると、「週刊文春」には、乙武氏が自身で性欲処理できない状態のため、かたっぱしから女性にアプローチしていた過去も書かれているという。その点を知人に追及され、人前で泣きだした過去も暴露されているそうだ。

[引用/参照/全文:http://buzz-plus.com/article/2016/03/30/ototake-furin-tsuma/]

「犬を飼ったこともあるし大丈夫」??

結婚話が持ち上がったとき、

乙武「僕はトイレに行っても自分で何も出来ないから毎回拭いてもらわないと駄目なんだよ。それでも大丈夫?」

妻「私、犬を飼った事があるから大丈夫」

手間のかかる乙武を、これまた手間のかかる犬に例えてプロポーズを受け入れた。と言われているらしい。

[引用/参照/全文:http://vita.yokohama/ototake-marriage]

古市憲寿のコメント

「忘れている人がいるかも知れないけど、乙武さんには手足がありません。だから自分では服を脱ぐこともできないし、相手の服を脱がせるなんてとてもできない」

「TVで知ったであろうお子さんのことを思うと胸が痛むし、庇う気はありません」

「今回の現場で起こっていたことは、普通『不倫』と聞いて想像する光景とは、かなり違っていた気もするんです」

「『不倫相手』がしていたことは、愛情表現としての実質上の介護に近いものだったろうし、奥さんは3人の子育て中だった。

確かに『不倫』には違いないんだけど、当事者しか知らない、何か別の名前で呼んだほうがいい関係がそこにあったんじゃないのか…?そんな風に想像してしまいます」

tr20160623-3
古市憲寿は乙武が女性と浮気をしている際にダミーとしても参加していた。「想像しています」と書いているが、ある程度知っていたと思われる。

[引用/参照/全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000145-dal-ent]

ネットの反応

・Z武も犬と比べられたんじゃ立つ瀬もなかろ
・ただでさえ世話大変なのに心が折れたらやってられないよな
・Zはたぶん誰に対しても「世話をかけてすまない、ありがとう」という気持ちが皆無だったのだろうな
・愛人と不倫旅行する金はあっても、妻に楽をさせる金はなかったのか。
・奥さんに捨てられたらこいつどうなるんだ?
・おいおい誰が面倒見るんだよ これって遺棄罪じゃないの
 >今は事務所の人間と母親が世話してるらしいぞ
・子供の面倒は見れても乙武の面倒は見れない。感謝って大事だよな。
・Z武は年中さかっている犬かw
・奥さん、奥さん。オス犬は繁殖目的で飼わなければ、獣医に去勢を勧められます。もう子どもが欲しくなければ、ザクッと。
・枝切りハサミがこわい
・そうかそうかなら不倫しても仕方ないな なんて思うわけないだろゲス
・自分でシコりたい時にシコれない 辛さわかってやれよお前ら
・不倫には目をつぶるが介助は嫌w
・性獣が解き放たれる
・囲む会で夫の浮気を認めて許すと人前で言ってるから 不貞行為を理由に離婚訴訟を起こしても厳しいかも。
・結局、不倫報道されて一番困ったのが、嫁だったってことだろ?なんだ、この夫婦w
・だるまさんがころんだ
・乙武「いやー足がないのに踏んだり蹴ったりですわ」

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事