TROUBLE

HEADLINE

エステで一発逆転狙ってた!?高知東生容疑者がヒロミを異常なまでにライバル視していたワケ

覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いで現行犯逮捕された元俳優・高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)は、美容・健康業界で成功を収めた同い年のヒロミを一方的にライバル視していた。

tr20160705-1

数年前、高知容疑者は、全国展開するスパグループの店舗オーナーだった。

ちょうど同じころ、ヒロミも同グループの店舗オーナーで「あいつ(ヒロミ)には負けたくねぇんだよ!」と高知容疑者が周囲のスタッフらに声を荒らげることもあったという。

だが、その店舗にも若い女性を連れ込んで“浮気”していたとの衝撃証言が飛び出した。

高知容疑者は昨年6月に義父の介護を理由に芸能界を引退したが、今年5月に横浜にエステ店「エスクラ」をオープンするなど、介護はそっちのけだった。

tr20160705-3

同容疑者をよく知る美容関係者が明かす。「引退する前の何年か、彼は芸能活動よりもビジネスに熱を上げていた。美容・健康業界に関心を持って、数年前まで全国展開するスパグループの店舗オーナーを務めていた」

そのころの高知容疑者がライバル視していたのがヒロミだった。

「当時、同じスパグループの別の店舗のオーナーがヒロミさんだったんです。高知容疑者は、ヒロミさんの店舗の売り上げや評判を気にしていた。『ヒロミには負けたくない』『あいつの店は知り合いが来てるだけ』とボロカスに言うこともありました」(店舗関係者)

tr20160705-2

一方的にライバル視されたヒロミがどう思っていたかは定かではないが、少なくとも高知容疑者は、メラメラと敵対心を燃やしていたようだ。

確かに2人は同い年で妻は芸能人。自身は芸能界を離れ、実業家として美容・健康関連のビジネスに目をつけたところも共通している。

「ヒロミさんは加圧トレーニングのジムを開業し、大儲け。実業家としても成功を収めました。片や高知容疑者はいろいろ手を出していますが、どれもパッとしません。

最近も自身のエステ店のフランチャイズ営業をしていたそうですが、その際に『昔、暴走族600人を束ねていた』とか『あの有名スパグループは自分が立ち上げた』とか、ウソかホントか分からない話をしていたそうです」(前出美容関係者)

tr20160705-4

ヒロミに差をつけられっぱなしで、頭に血が上ったのが原因なのか、この時期にも高知容疑者は妻・高島礼子(51)への裏切り行為を繰り返していたという。

「彼の店舗は目黒区にあり、奥さんと共同オーナーだったはず。ただ、夫婦揃って来店することはまれ。当時、高島さんは高知容疑者の浮気を疑っていて、店のスタッフに彼がいつ来店したか聞くことがあった。

それを見越して高知容疑者は逆に奥さんのスケジュールをスタッフから聞き出し、鉢合わせしないよう画策していた」(前出の店舗関係者)

この店舗にはカップル個室があり、高知容疑者は若い女性をよく連れ込んでいたという。別の店舗関係者の証言。

「逮捕された五十川敦子容疑者かは分かりませんが、似たような風貌の女性と店に来たこともあります。スタッフにはその都度『誰にも言うなよ』と口止めしていました」

個室の中で何をしていたかは定かでないが、このシチュエーションで1人の女性を相手に会話だけとは到底考えにくい。前出店舗関係者も「言いにくいんですが、奥さんの目を盗んで浮気しまくっていましたよ」と明かす。

「ヒモ亭主」とやゆされ、見返そうと始めたビジネスもライバルのヒロミに遠く及ばず…。現実逃避のために、女と覚醒剤により溺れていったのかもしれない。

[引用/参照/全文:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/560830/]

OLIVE SPA

tr20160705-5

『OLIVE SPA(オリーブスパ)』は、日本全国、グアム、バリに30店舗以上を構える大規模展開している岩盤浴のスパ。

ヒロミがスパのオーナーになるきっかけは、たまたまスパをやっていた後輩から出資の頼みをうけたのが始まりだそうで、少しずつ関わる店舗が増えていったとのこと。こちらは経営ではなく、出資者として携わっている。

「都内にいながらアジアンリゾートが味わえる」というコンセプトが売りで、「富士山の溶岩を使った溶岩浴」(ヒロミのアイディアらしい)が好評となり、こちらも全国展開を可能にするほどの人気を博している。

高知東生は2006年頃、同じ『OLIVE SPA』自由が丘店のオーナーだったようだ。

[引用/参照/全文:http://story-is-king.com/post-1544]

ビジネス結婚だった!?

彼は高円寺の一軒家の借家に住んでいた当時から大麻の常習者でした。当時はお金がないので自分へのご褒美だったようです。

家に帰ると薬を使った様子で自分の後輩の女の子と寝ていることもあった。

高島さんに言い寄っていた時には『俺はこの結婚に人生賭けてる。これが成功すれば一生安泰だ』と語るなど、ハナから”ビジネス結婚”だったのです

[引用/参照/全文:週刊文春 7月7日号]

ネットの反応

・まあヒロミはヒモじゃないけどなw
・これはヒロミが可哀想な記事
・若い時から埋めようのない大差がついてたわけで。
・男の嫉妬はみっともない
・ヒロミなんてもう悠々自適じゃん 高知はイキり過ぎててさすがに余裕の度合いが違うわ
・伊代と礼子をくらべれば楽勝だったのにな
・同族嫌悪だな
・高知は所詮ヒモ気質なんだよ。
・ヒロミは芸能界に入る前は会社員として営業やってたからね
・高知と羽賀とショーンは漂わせてるいい人オーラが似てるな
・同じスパグループのオーナーってのはフランチャイズかな 芸能人御用達の副業オーナークラブみたいなのがあるのかな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事