TROUBLE

HEADLINE

新シリーズ!?TBS『温泉プロデューサー死亡事件』ロケ現場の大浴場で突然死の謎

tr20160707-1

ロケ中の“急死”に激震が走っている――

今年5月に初回を放送した片岡鶴太郎主演のTBS系2時間ドラマ「温泉殺人事件シリーズ」のロケ中にプロデューサーが亡くなったからだ。

コトが起こったのは、ロケが行われた伊豆の河津温泉郷の旅館。

出演者やスタッフがドラマの舞台となった旅館に宿泊し、撮影は行われた。「ケータイ刑事 銭形海」などの演出も手掛けたフリーのベテランプロデューサーAさんもロケに同行していた。

「ロケは6月下旬、約10日間にわたり行われました。現場の指揮を執ったのはTBSの社員プロデューサー。Aさんが亡くなっているのが見つかったのは、大浴場です。

病死ということで処理されたようですが、Aさんは連日の撮影で過労気味で、前日はスタッフとの小競り合いが目撃されている。撮影現場での言い合いは日常茶飯事とはいえ、ストレスが重なったのではないかともっぱらです。

Aさんが亡くなってからわずか3日後にロケは再開し、何事もなかったかのように収録を終えました。TBSではこの件について箝口令が敷かれていますが、局内にはドラマで流れる現場で人が死んでいるのに、このまま放送していいのかという声も上がっています」(関係者)

TBS広報部に問い合わせたところ、「制作会社に聞いてください。TBSとしてはコメントしない」と回答。制作会社からは「ご遺族から病死と伺っております」と説明があった。

tr20160707-2

碓井広義・上智大学教授(メデイア論)も首をひねる。

「局が制作した番組で、通常は制作会社に直接聞かせるようなことはしないので驚きです。

問題はないということで振ったのでしょうが、番組は制作会社が作っているとしても、TBS番組のロケ期間中、ロケ場所で起きたことだとしたらおかしい。

“過労”の声もあるのであれば、問題がなかったことをTBSとして説明すべきです」

労務管理に問題はなかったのか。きちんと説明してほしい。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/185101]

tr20160707-3

ネットの反応

・事件だな
・殺人じゃね。
・「スタッフとの小競り合い」他殺ですな。
・リアル温泉殺人事件じゃないのこれw
・前日のストレスで死ぬとかどんだけバカにしてんだよ
・命掛けて宣伝しなくても
・ドラマ化決定
・スタッフに箝口令を敷くTBS
・ドラマ撮影現場は過酷なものなんだろ、たまには死人も出るよ。
・死因は溺死 犯人は大体わかってるんだろうな
・片平なぎさの出番だな
・船越英一郎参戦なら観るぞ
・犯人は山村紅葉!
・普通に仕事して死んだだけなのに、そいつの作品が封印されたら浮かばれんだろ

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/07/09 13:02

    aってニワ・アンドリューの事?

  2. 2
    名無しさん 2016/07/08 22:16

    友愛だ、TBSだから北系だな。

  3. 1
    名無しさん 2016/07/08 20:46

    これはビックリした。ワイも観てたわ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事