TROUBLE

HEADLINE

芸能人vs近隣住民 騒音苦情、工事中止、奇行、地下水脈が変わった!?芸能人ご近所トラブル騒動記

小栗旬&山田優夫妻にまた苦情

12日発売の「女性自身」(光文社)が、小栗旬の“ご近所トラブル”を報じている。

小栗は2014年、妻でモデルの山田優や子どもと暮らす自宅マンションの近くに、稽古場としても使える豪邸を建てて注目を集めたが、当初から苦情が絶えなかったという。

tr20160713-1

小栗が建てたのは地上3階、地下1階の広さを誇り、2億5,000万円の大豪邸として知れ渡っている。

記事によれば、この広さのせいで空調にもパワーが必要だったため、新築当初はエアコンの室外機の排気音が凄まじかったとのこと。

近隣住民からの苦情によって警官からも忠告があり、小栗家は小型の室外機に替えるなどして対応したと伝えている。

「小栗邸のトラブルはそれだけではありません。

小栗邸の工事の影響で、近隣一帯の地下水脈も変わってしまった。また稽古場であると同時に、小栗の俳優仲間の“溜まり場”のようにもなっているため、彼らの声もうるさいと問題になっていると、同誌は報じています。

すでに『町内から出ていけ!』という声さえ出ているんだとか。小栗・山田夫妻は今年1月にも、『町内会費を支払っていない』として、トラブルに見舞われていたことが報じられました。

住民にしてみれば、小栗一家は厄介者でしかないようですね」(芸能ライター)

小栗旬 昨年建てた豪邸は稽古場!?マンションにヤリ部屋!?でも町内会費は拒否って・・・

一般人でも、ご近所付き合いがこじれることはよくあるが、芸能人となると、余計に近所から冷ややかな目が向けられるようだ。

「そのせいか、芸能人のご近所トラブル報道は珍しくありません。

セカオワハウスに騒音苦情

tr20160713-2

SEKAI NO OWARIのメンバー4人が『セカオワハウス』と呼ばれる一戸建て住宅で共同生活を送っていることは有名ですが、彼らもまた14年、近隣からの騒音苦情が寄せられていると報じられました。

しかも、家の前には空のペットボトルやたばこの吸殻など、ゴミが散乱しているとも。どんなに優れた音楽を作っていたとしても、人として最低限のマナーがなっていないのは論外です」(週刊誌記者)

また、小栗やセカオワのような“ドンチャン騒ぎ”とは違った騒音トラブルも。

鈴木紗理奈は夫婦喧嘩で

tr20160713-3

「13年に離婚した鈴木紗理奈とレゲエユニット・INFINITY16のTELA‐Cは、夫婦喧嘩で生じる絶叫や罵声で近隣住民の生活を脅かしていたと報じられました。

2人の間には子どももいましたから、両親の喧嘩に怯えて泣き出す声も加わり、周囲は大変迷惑していたそうです」(同)

芸能人ということだけでも目立つのに、トラブルまで起こしては悪目立ち以外の何物でもない。プライベートとはいえ、芸能人はイメージ商売の身であることを、より自覚した方が良さそうだ。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/185466]

豊川悦司 新居が工事中止に[2014年3月]

tr20160713-4

神奈川県鎌倉市内に居を移し、同棲9年の一般女性と“事実婚”状態を続けている豊川悦司。(※その後2015年に入籍、女児誕生)

大好きなサーフィンを楽しむために、海の近くの中古の家を買ったが、大震災もあって、新しく建て直すことに。

その後、近所に仮住まいをしながら、トヨエツが完成を楽しみにする新居は、とんでもないご近所トラブルに巻き込まれていた。

「あるお宅から、工事の騒音がうるさい、振動がひどい、もっと基礎を深く掘れ、工事のやり方がとんでもないと、何度もクレームを入れられて、そのたびに工事が中断しているそうです。工事業者も途中で変更になってしまって……」(近隣住人)

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/185466]

反町&松嶋ドーベルマン事件[2012年3月]

tr20160713-5

俳優の反町隆史と、妻の松嶋菜々子が自宅マンションで飼っていたドーベルマンが、同マンションの隣人女性に噛み付く事故で裁判トラブルに。

もともと、このマンションの使用細則によれば「小動物」を除く動物の飼育が禁止されている。しかし、松嶋と反町は部屋のオーナーに相談し、ドーベルマンを飼育することが認められていたという。

この件はその後、反町・松嶋側と被害者側との間では示談が成立したのだが、”高級マンション”の借り手を失った不動産管理会社が約5220万円の損害賠償を求めて反町・松嶋夫妻を起訴。

約1年半にわたる裁判を経て、東京地裁が夫妻に385万円の支払いを命じたというややこしいトラブルだった。

[引用/参照/全文:女性セブン2012年3月15日号]
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120301/Postseven_91669.html

いとうまい子の実家が廃墟[2015年12月]

tr20160713-6

元アイドルで女優のいとうまい子の実家が廃墟と化し、近隣トラブルにまで発展していた。

いとうは18歳のとき、芸能界に入るために上京している。家族も彼女を支えるために引っ越し、実家は30年間空き家となっていたという。

中に入ると玄関の床が腐り、天井には白カビ、鉄骨むきだしで見るも無残な廃墟状態だったのだ。

さらに、この廃墟化した実家は、庭が原因で近隣トラブルを生んでいるそう。

昔は一面手入れの行き届いた芝生だったという庭には、いとう本人も「見たことがない」と言う大きな木が育っているのだ。四方八方に生い茂った枝が近隣住宅の敷地を侵食し、日当たりが悪くなったと苦情が入ったこともあるという。

結局いとうは覚悟を決めて、解体費等で800万円の費用が掛かるも、1600万円で土地と実家を現状のまま売り出すことを決意した。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10985624/]

岸部一徳の妻が奇行[2011年4月]

tr20160713-7

「週刊女性」(主婦と生活社)5月10・17日合併号に、岸部一徳の妻がご近所トラブルで500万円の慰謝料を請求されてると報道。

2010年7月、岸部妻が原告のご近所さんに向けて車を発進、両ひざに全治2週間のけがを負わせた。

そもそもトラブルのきっかけは、原告の娘がマンションの来客用駐車スペースを利用するため、そこに車を停めていた岸部妻に「空けてほしい」と頼んだ。

その直後から娘の車に「早く出て行け」「死ね、この野郎」などの張り紙や多数の引っかき傷が付けられるようになったとか。この件だけでなく、岸部妻はお騒がせ妻として有名だった。

別の住人によると、夜中に大声で夫婦ゲンカをしたり、深夜3時ごろにトンカチで何かをたたく大きな音がしたりと騒音がひどいので、やめてほしいと言ったら、逆に「お前の子どもがうるさい」と怒鳴り込まれたそうだ。

また、いつも真っ黒な洋服を着ていて、スーパーで店員相手に大声でキレていたとか、30キロ制限の狭い道を猛スピードで飛ばし「暴走魔女」として恐れられているとか……。

東山紀之 半裸事件[2008年]

tr20160713-8当時住んでいた超高級マンション併設のトレーニングジムで、若い女性がいると必ず上半身裸になって肉体を見せびらかしていた。

車寄せスペースに大きなワゴン車がかなりの頻度で停めっぱなしになっていたため、怒った住民が「マンションから出ていけ、このナルシスト男!」と怒鳴ったら、急に泣きだしたという話も。

だけどこの件に関しては「騒いでいるのは最近引っ越してきた一部の住人だけ」という証言もある。

[引用/参照/全文:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20110427/Cyzowoman_ex_201104_post-91.html]


コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事