TROUBLE

HEADLINE

筋金入りのジャンキーだった高知被告 10代大麻20歳でシャブ「鳥肌が立つほど敏感に」キメセク誘う

tr20160901-1

覚せい剤取締法違反(所持、使用)などの罪に問われた元俳優の高知東生(本名・大崎丈二)被告(51)と知人の元クラブホステス五十川敦子被告(34)の初公判が8月31日、東京地裁で行われ、2人とも「間違いありません」と起訴内容を認めた。

検察側は冒頭供述で、高知被告が10代後半から大麻を、20代に覚醒剤を使用していたと指摘した。検察側は2人に懲役2年を求め、弁護側は執行猶予を求めて結審した。判決は15日。

「正直、不安です」

短髪に黒いスーツ姿の高知被告は、弁護人から再犯の可能性を問われると、少し間を置いて答えた。

冒頭陳述では10代後半で大麻を、20代で覚醒剤の使用に手を染めていたと供述した高知被告の調書も朗読された。約30年におよぶ薬物使用歴を簡単に克服できないことは、本人も自覚しているようだ。

過去の薬物使用を自ら供述した理由を「全てをこれでリセットしようと思った」と話した。

上京後、原宿駅近くの路上で外国人に声をかけられ、10代後半で大麻を吸った。20歳のころには通っていたディスコの黒服から勧められ、覚醒剤にも手を出した。

tr20160901-4

その後、薬物を使用しない時期もあったというが、06年に五十川被告と知人の誕生日パーティーで知り合い、遅くとも10年ごろから2人で月5、6回ほど使用を重ねた。

14年ごろ、高知被告が友人から薬物を入手できなくなると、代わりに五十川被告がインターネット上で見つけたという密売人から薬物を購入した。

代金は全て高知被告が負担していたという。高知被告は当時の状況を「悪いとは分かっていたが、刺激を求める方が勝ってしまった」と話した。

公判では2つの上申書が読み上げられた。1つは同被告が上京後に働いていたアパレル店の元上司の女性(72)からで、もう1つも上京後から家族のように世話をしてくれたという番組プロデューサー(67)からだった。

薬物に染まった30年間とちょうど同じ時期を支えた恩人からの言葉に顔を真っ赤にして涙を流した。

事件をきっかけに離婚した元妻の女優高島礼子(52)への思いも口にした。

結婚後は「どうしたら別れた女房に気づかれないか、そっちの方を真剣に考えていた」と明かし、「迷惑をかけた。本当に申し訳ない」と謝罪した。

この日、高島は出廷はせず、所属事務所関係者は「離婚もしているので、コメントはありません」と話した。

保釈後に薬物依存を専門とする病院で診察を受け、現在も月1回通院している。逮捕時の心境は「終わったという気持ちとよかったなという複雑な気持ちだった」と振り返った。

[via:http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20160831_0103]

食い違う「証言」

――2人の入廷、公判中の様子は?

高知被告は上下黒のスーツで、五十川被告も同系色の黒のスーツで、かばんをもって入廷をしてきたと。

2人は弁護士の前の席に並んで座って、五十川被告は高知被告に軽く会釈をしたということです。

それに対する高知被告の反応は特に無く、また座っているときの2人の距離は10センチくらいだったんですが、会釈の時に目を合わせたかどうかは確認できませんでしたが、それ以降目を合わせることはなかった。

高知被告は、保釈されたときにそんなにやつれた印象はなかったんですけれども、今日裁判所に到着した時に撮影された写真からみると、頬がコケたかな?という印象。

――2人はいつからクスリを?

高知東生被告のほうは、友人の誕生日パーティーで初めて会って声をかけて、やらないかと言ったということなんですが、その時、五十川被告のほうはすでにそういう経験があったというようなニュアンスでした。

ただし、五十川被告のほうは高知東生被告に誘われてやったと言っていて、そこのところは少し食い違っていた。

[via:https://abematimes.com/posts/1186490]

“ギャルメーク”で入廷

tr20160901-2

五十川被告は派手な“ギャルメーク”で入廷。報道陣をざわつかせた。

厚めに塗ったファンデーションに、鮮やかな赤色のツヤ出しリップ。明るい茶髪をハーフアップにし、目の上下にはっきりめのアイラインとシャドー。長めの付けまつげが上を向いていた。

覚醒剤使用の機会は「主に大崎(高知被告)と会うとき」、効果について「鳥肌が立つほど肌が敏感になって元気になる」と淡々と話した。

保釈後の生き方を問われ「携帯電話を解約したので、周りと連絡を絶って規則正しい生活をしている。周りとは、大崎さんも入ります」と完全な決別を強調した。

この日は、唯一の情状証人として五十川被告の父親が出廷。「だらしない生活をしていた。親として(薬物使用を)気づかなかったことに反省しています」と証言した。

「家内に娘の部屋はかなり汚れていると聞いていた」と告白。保釈中の娘の暮らしを「ずいぶん改心した。夜は寝るし」と話し、傍聴席から失笑が漏れる場面もあった。

また8年前、娘に「仕事の付き合いがある」と紹介され高知被告とゴルフをしたことを告白した。

[via:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013272100.html]

倍率67倍!

東京地裁の正門前には、18枚の一般傍聴券を求めて1198人が行列をつくり、倍率は約67倍に達した。

過去に覚せい剤取締法違反罪に問われた有名人の公判で倍率が高かったのは、2009年10月の女優・酒井法子(45)の初公判時の330倍。

次いで、今年5月に行われたプロ野球の清原和博元選手(49)の初公判時の188倍、14年8月の歌手・ASKA(58)の初公判時の126倍と続いている。

[via:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013268560.html]

ネットの反応

・10代からとか筋金入りのヤクジャンキーじゃねーか!
・30年以上前から薬やってて、高島礼子は知らなかったとか信じられん。
・そんなに長くやってて、健康被害は出ないものなの?
・よく今までバレなかったな
・家族が知らんわけないとか言ってるやつ 親父がオナニーしてるの気づかんだろ。 そんなもんだ。
 >いや気づくだろ お前も気づかれてるのを、お前が気付いてないだけ
・格差婚の裏に覚醒剤セックスはつきも
・常に元気いっぱいだという評判はそのせいか
・高島も知らないうちに薬盛られてセックスして俺たちすげー気が合うななんて結婚しちゃったんだろうな
・筋金入りだね、時々見ても変なテンションだったし 嫁もあやしいけどな
・しゃぶ+大麻で2年って安くない?
・懲役2年なら清原みたく執行猶予付くんだろうね
・ションベン刑だな いいヤク抜き出来るって喜んでんじゃねーの?
・高知は五十川をポンコにしてズケていたんだから 情は悪い 分かっている裁判官なら高知に弁当は付けない でも・・・実際は付いてくるんだよなぁ
・これを機に覚醒剤止められるといいね 立ち直れるように頑張れ
・若い人は知らないだろうが、高知東急はAV女優だったあいだももというのが昔いたのだが、その元旦那。 高知はタレントになる前は、ホスト、AV女優所属事務所経営者だった。
tr20160901-3
あいだももをナンパして、所属事務所から引き抜いて、自分の女だったあいだももをAV女優にして高知東急が社長になってAV女優の所属事務所を経営していた。AVであいだももと高知東急が男優をやって絡んで出演したこともある。

井上晴美と不倫していた。金欠なので、井上が全て金を払っていた。これが写真誌でばれて、あいだももと離婚した。

本田理沙が結婚して旦那がヤクザで銃刀法違反で捕まった。2人の仲を取り持ったのは、高知東急。

高知東急の父親は徳島県のやくざで,妾の子。

仲が良かったのは、羽賀研二。

若いころは白いベンツに乗り、「ヤクザ名鑑」、木刀があった。元々は関東連合みたいな輩だ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事