TROUBLE

HEADLINE

釈明に矛盾も!?小倉智昭 送金中止メールは「私の作り話」に贋作掴まされても関係続けた理由とは!?

tr20160908-1

フジテレビ朝の情報番組「とくダネ!」の司会者である小倉智昭(69)が、8月25日に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優の庄司哲郎(49)に資金援助を繰り返していたと週刊文春が報じた件で、取材班は小倉が庄司に送った2013年2月のメールを入手した。

そこには庄司への莫大な送金額が国税庁の調査で問題になったことなど、事務所の内情が綴られていた。

〈とくにあなたへの送金が長く、額も相当になるため、あなたの所得にする、との見解でした。そうなると、過去の所得税、地方税、重加算税、延滞税など、多額の請求があなたに行きます。(中略)

その結果、あなたへの分を含め、およそ一億の納付請求の通知が届きました〉(小倉から庄司へのメール)

1億円とされている追徴課税額から逆算すると、国税当局が問題視した送金総額は2億5千万円以上にのぼる可能性もある。メールによれば、送金総額のうちの「相当の額」が庄司に支払われたという。

この小倉からの金で庄司が覚せい剤を購入した可能性は高い。小倉は週刊文春の取材に対し、「絵に対して対価を支払った」と主張している。

[via:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6536]

メールは自身の「作り話」

先週、第1報を受けて「『資金源』と書かれたことだけは納得できませんでした」と目に涙を浮かべていた小倉。

8日放送では、『週刊文春』の取材力を「すごい」と称えた上で、

「僕は庄司哲郎の私生活は全然知らなかった。付き合いもそんなに深くない。絵だけに興味を持っていたので」

「(記事を読むたびに)あんなにひどいやつだったのか」

と素直な感想を述べた。

tr20160908-2

また、庄司から父・庄司佼の絵画コレクションを預かることと引き換えに「月々分割で貸し出した」と資金援助の内情を説明。

ところが、その20枚ほどの作品が贋作(がんさく)だと気づき、関係を絶つために送ったのが先のメールだった。

小倉はメールの送信元が自身であることを認めながらも、

「1対1のメールですから、僕は世にでるとは思わないから、このメールははっきり言って僕の作り話です。査察もなければ納付書も来てないしもちろんお金なんて払ってません。ただこう言えば庄司に伝わるかなと思ってすべて作り事を書きました」

と釈明。

1億円の追徴課税もでっち上げで、「庄司の絵に2億円も出しません。絵を買うんだったら他の人の絵を買う」「誤解が生じてしまいました」と締めくくった。

[via:http://news.mynavi.jp/news/2016/09/08/249/]

ネットの反応

・文春破れたり!
・文春でもこんなガセネタ載せるんだな
・小倉の話が作り話の可能性は無いのか
・文春「第3弾をお楽しみに~w」
・頭からして作り物だから言動が信用出来ん
・精一杯余裕ぽい態度を取ってたけど目は涙目で緊張と動揺しすぎで1億円を「1兆円」って言い間違えて指摘されるまで全く気がついてなかったし
 >菊川が冷静に一億円、ってボソッと訂正して笑った 横の梅津もなんか冷めた表情してたな
・メールの出処はどこなんだろう 容疑者は今拘留中なんでしょ
・センスプ敵にまわしたらやっべえぞ
・逮捕当日もお金あげてたんでしょ?意味わからん
・急にお父さん出してきたし
・庄司容疑者の父親って、藤田嗣治の弟子で肖像画家の世界一なのか。
・庄司校、世界的美術家のくせにググっても出てこない(´・ω・` )
・国税調べればすぐわかることだもんな。文春の裏とり足らず。
 >国税庁に言っても教えてくれないだろ
・これは小倉が1本取ったな 文春の取材にはわざと答えずに記事にさせてから赤っ恥かかすとは
・まあ真実は分からないけど生番組で自分の口で真っ向から否定してるのはいいと思う
・贋作だったって言うなら訴えないとw
・贋作掴まされても関係続けた理由がわからん
・第一報時と大分トーンが変わったようですが・・・
・なんか最初は「彼の絵の才能に惚れて買ってた」とか言ってなかったっけ
・ちょっと話がこんがらがってきたな 要するに、オヅラさんの頭は作り物って事だよね?

庄司哲郎の受賞歴[本人のプロフィールから]

・藤田嗣治の弟子で肖像画家の父親、庄司佼に弟子入り
・古典絵画界の技法を徹底的に叩き込まれる。
・2009.2010.2011.2012年肖像画世界チャンピオン4連覇。
・AMSC国際美術批評家連盟認定画家。
・スペインプラド美術館芸術家個人会員。グローバルアートマスターグランプリ称号。
・エルミタージュ美術館レンブラント正式後継者認定画家。
・アムネスティーインターナショナルピーターベネンソン平和貢献賞受賞。
・中国西湖芸術博覧会グランプリ。
・日本芸術家連盟最優秀肖像画大賞。
・日本美術評論家大賞。
・国際画廊連盟「金獅子賞」毘沙門天総本山御神酒ラベル永久奉納。
・国際芸術批評家大賞。

庄司哲郎の作品

昔に羽賀研二が自分で描いたと、当時付き合っていた梅宮アンナにプレゼントとして渡した肖像画を実は庄司哲郎が描いていたという有名なエピソードも。

tr20160908-3
tr20160908-4
tr20160908-5
tr20160908-6
tr20160908-7
tr20160908-8
tr20160908-9tr20160908-10

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2016/09/09 9:09

    月刊ムー10月号で、庄司のスピリチャルな体験が載ってたな、タイミング的に出版停止もできないだろうけど

  2. 1
    名無しさん 2016/09/08 22:50

    そんなに凄いとは…見えないんだが

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事