TROUBLE

HEADLINE

高畑裕太のレイプ被害者女性が「あの夜起こったすべてのこと」を告白。文春の記事を全否定!

a20161014-1

「相手方の弁護士のFAXのコメント内容を知ったとき、全身から血の気が引くのを感じました。

まるで私がウソをついたかのようなことが書かれていました。私が悪かったというのでしょうか。

なぜ加害者のように扱われるのでしょうか……」

その記事は、彼女が震える声で語った言葉から始まっている。高畑裕太の「レイプ被害」に遭った女性が、事件から50日間の沈黙を破って、週刊現代(10月14日発売号)の取材に応じたのだ。

初めてメディアの取材を受けた被害女性・Aさんは、代理人を務める弁護士の同席のもと、「後にも先にも1回きり」という条件で、3時間にわたって週刊現代にその時の様子を告白している。

8月23日未明、群馬・前橋市内のビジネスホテルのフロント係として勤務していたAさんは、映画の撮影のためホテルに宿泊していた高畑に性的暴行を受けた。

Aさんは右手首と指にけがを負い、知人男性の協力を得て群馬県警前橋署に被害届を提出。高畑は容疑を認めて、同日午後に逮捕された。

高畑にかけられた容疑は強姦致傷。執行猶予はつかず、実刑判決が下ると予想された。ところが、事件から17日後の9月9日、示談成立を受けて高畑は不起訴になり、同日に釈放されたことは周知のとおり。

高畑の代理人はこの日、
 
〈違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件〉

という声明文を発表したが、Aさんはこの内容に「血の気が引くのを感じた」という。

さらに追い打ちをかけたのは、その後の報道だ。Aさんは、高畑裕太の言い分に依拠した『週刊文春』(9月21日発売号)の特集記事を読み、とりわけショックを受けたと語っている。 

一体、何が起こっていたのか

たとえば、同誌ではAさんが高畑の誘いに乗り、エレベーターに乗り込む様子がこう記述されている(カギカッコ内は裕太の供述)。

〈二人を乗せたエレベーターのドアが閉まるや否や、高畑は吉田さん(注・Aさんの仮名)に唇を押し付けた。

「一瞬、僕の両肩を抑えたり、口をつぐむなどはありましたが、すぐに舌が絡まり合う感触を感じました。激しい抵抗感を感じなかったので、僕はいけるみたいなことを思いました」〉

これを読めば、まるでAさんが高畑を受け入れたかのような印象を受けるだろう。エレベーター内の出来事は、強姦か一定の合意があったのかを分ける重要なポイントだ。

Aさん本人はここに書かれてあることについて、毅然とこう反論する。

「キスをしたなんて絶対にない。そもそも私はエレベーターに一緒に乗っていません」――

週刊現代には彼女の口から紡がれる驚きの証言が、6ページにわたって掲載されている。あの夜、密室ではいったい何が起こっていたのか。その目で確かめていただきたい。

[via:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49944]

【関連リンク※有料】

驚愕のスクープ![独占180分]高畑裕太「レイプ事件」被害者女性の初告白 | 週刊現代デジタル

事件の夜の真実とは!?[2016.09.21]

a20161014-5

ビジネスホテルで一体なにが起きたのか?以下は今回被害者女性に否定された週刊文春の記事を元にしたネットニュース。

・元読モのホテル従業員

高畑裕太はスタッフらと飲みに行ったあとに1人でホテルに戻った。時間は深夜1時40分頃で、ホテル従業員女性(44)に声をかけて何気ない会話をしたという。

この女性は読者モデルも務めていたこともあり、40代に見えないほど綺麗だという。

その会話内容は「明日も早いんですか」「群馬はいつまでですか?」「明日には帰ります」という他愛のないものだった。

このやりとりから突如高畑裕太は「これから部屋に来ませんか」と誘い出した。突拍子も無い誘いに「仕事中だから行けない」と断った。

しかし何か口実を見つけて誘い出す方法を高畑裕太は思いだしそれが歯ブラシだったという。

・一緒に部屋に行った

このホテルはアメニティグッズをセルフで持っていく方式になっており、歯ブラシもその内の1つ。本来宿泊客が持っていくのだが高畑裕太は「5分後に歯ブラシを部屋に持って来てほしい」とお願いした。

報道では電話で持ってくるように伝えたとあったがこれは間違いで、直接被害者女性に言いつけたようだ。

しかしこの誘いに乗らず、高畑裕太は待ちぼうけ状態。

高畑裕太は再度口説きに2階のフロントまでいくとエレベーターのドアを押さえながら「歯ブラシ持って来てくれないんですか」と「部屋に来て欲しいんです」としつこつ誘った。

女性は高畑裕太の誘いに負けてしまいフロンにメモを残し高畑裕太の部屋に向かった。エレベーターに乗ると、高畑裕太は女性に突如キスを迫ったという。

・ジーパンを脱がして性行為

高畑裕太と被害者女性は揃って部屋に入ることはなく、先に高畑裕太が部屋に入りそれを追うように女性も部屋に入った。これは他の撮影スタッフに見られないようにだという。

高畑裕太は女性の左手を右手で掴み抱き寄せてベッドに押し倒した。

高畑裕太は手足を押さえつけ「黙れ、言うことを聞け」と脅し更に「警察に言うなよ」と口止めもされたという。しかし高畑裕太側の主張は女性が泣くことはなく、押さえつけたり脅迫はしていないという。

女性は高畑裕太の頬に手を当て「生理中だからダメ」と言われたという。

被害者女性はTシャツにジーパン姿だったのだが、ジーパンだけを脱がせ性行為に及び避妊もしなかったという。上半身に関しては彼女が拒否をした。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1199345/]

ネットの反応

・週刊現代読んだ。文春のエレベーターでキスもない。でたらめばっかり。ジーンズ、Tシャッも嘘。警察の初動捜査をリークのテレビ報道とほぼ同じ。頭を掴まれ、髪はぐちゃぐちゃ。「咥えろ」と言われた。局部にもっていって「舐めろ」「何より加害者の目つきが怖かった、思い出すと怖くていまも体が震えます」 何が美人局、合意だか。怒りが湧くわ。示談の経緯は次号だって。
・テレビでは報道しないだろうな
・結局この親子がクズだったということ
・で、なんで示談に?意味分からんw
・美人局なんて印象操作されたら被害者は怒って当然だわ
・読んだわーーー 当日着てた服装まで写真上がってました もちろんTシャツにジーパンなんて真っ赤な嘘! こりゃ文春の信憑性が怪しくなったというか もうソースとして成り立たなくなったわ
・これワイドショーで取り上げろよ!
・被害者女性に許可を得ずに出してたんだね 高畑淳子も弁護士も最低だわ
・次週の袋とじがこの女性のヘアヌードなら買う
・錆び付いてしまったセンスプ砲 がっかりだわ
・文春は自社の社員が有名漫画家とW不倫してたのをまず詳細に書かないとな
・文春は、高畑側の証言をそのまま掲載したわけで嘘じゃないです、と言って逃げるだろ。
・従業員がTシャツにGパンのわけない
・そっとしておいて欲しいなら頼まれたって自ら週刊誌に話したりしないw
・インタビュー受けるのにいくら貰ったんだろ
・よくAVではレイプ物でくわえるやつあるけど、、自分が高畑だったら怖くてくわえさせれない
・893の愛人なのは否定してないのかね
・示談が成立しているのになぜインタビューに答えてるの?
 >高畑側が示談後に示談内容にないことを弁護士コメントや週刊誌に発表したからだろ
・示談の条件に守秘義務とかあると思ってた
・なんかあんまり被害者の方にいい印象がないのはなんでだろう…

a20161014-3

高畑の弁護人「誤解がある」

高畑裕太の弁護人が14日発売の「週刊現代」が掲載した被害者女性へのインタビューについて「誤解がある」などとする見解を明らかにした。

高畑の弁護人は「被害者とされる女性は弁護人コメントにおいて、『性行為の合意があった』との見解を公表したと認識されているようでしたが、この点は誤解があります」と主張。

「弁護人は高畑裕太さんにおいて、当時女性の拒否の意思を認識しておらず、合意があると思い込んでいた」と説明し、高畑からすると強姦しているつもりがなかったという見解だとした。

また、掲載された女性の話に対し「弁護人としても初めて認識したものであり、当方が把握している事実関係とは異なる点も多々あります」と、内容を疑問視。

さらに、「女性は高畑裕太さんの目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるといった抵抗はされなかったとお話しされていますが、(中略)女性のお話によっても、明らかな暴行や脅迫は認められないもの認識しています」とし、高畑には強姦の認識がなかったとする主張を補強した。

[via:http://www.sanspo.com/geino/news/20161014/geo16101412440023-n1.html]

高畑の弁護団は“無罪請負人”

a20161014-2

高畑の弁護人は、選りすぐりのエリートで構成される「法律事務所ヒロナカ」の渥美陽子、小佐々奨両弁護士が担当。高畑が釈放された際に付き添っていた女性は、渥美氏という。

事務所のトップは「無罪請負人」の異名持つ弘中惇一郎弁護士。法律事務所ヒロナカは、ロス疑惑で故三浦和義氏、郵便不正事件で村木厚子氏、資金管理団体「陸山会」をめぐる事件では小沢一郎氏の弁護人をそれぞれ務め、いずれも無罪を確定させており、「無罪請負人」「カミソリの弘中」の異名を持つ辣腕。

[via:http://www.iza.ne.jp/topics/entertainments/entertainments-10125-m.html]

ネットの反応

・弁護人が自分を弁護し始める展開w
・なるほど、高畑裕太の弁護士も「強姦だった」と認めてるんだ。高畑裕太だけ合意してると勘違いして「強姦事件」を起こしたんだな。
・素早く良い訳する弘中あやしい
・この弁護士は結局何やりたかったんだ 高畑がさらに立場悪くなっただけじゃね
・被害女性を見くびるなってこと。
・セカンドレイプ通り越してまさかのサードレイプw
・なんでこの弁護士はこうやって定期的に燃料添加するんだろう
・弁護人「誤解で押し通す予定!」

a20161014-4

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2016/10/18 10:34

    示談にしてもらったにも拘らず執拗に美人局説を流布する連中がいるなと思っていたら、やはりそういう事だったのか

  2. 4
    名無しさん 2016/10/17 20:17

    弁護士は無能でも、面の皮が厚ければ務まる職業だと解った。

  3. 3
    名無しさん 2016/10/17 18:31

    日本から出てけ!

  4. 2
    名無しさん 2016/10/17 17:51

    性欲大魔神 Vs 美人局

  5. 1
    名無しさん 2016/10/14 18:56

    高畑はテレビちょっと見ただけで頭がおかしいと分かるレベルの
    キチガイだしな
    こいつを擁護するやつは犯罪者だけ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事