TROUBLE

HEADLINE

くりぃむ有田がTBSの一方的な番組打ち切りに激怒!?マツコも巻き込み大騒動に発展だって!?

tr20161028-1

3年前の次男の窃盗未遂事件(不起訴)でテレビ出演が減っていたみのもんた(72)の本格復帰となる番組をめぐり、人気お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平(45)とTBSの遺恨が勃発していることが、本紙の取材でわかった。

バトルは人気のマツコ・デラックス(44)も巻き込む大騒動に発展しかねないというから穏やかではない。

次男の事件で、現在もみのの出演番組は「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)、文化放送「みのもんたのニッポンdiscover again」、インターネット番組だけになっていたが、新たに来年1月から“古巣”のTBSで、メーン司会を務めた単発番組「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(月曜午後7時)がレギュラー化されるという。《中略》

tr20161028-3

だが、これで新たな火種が持ち上がっている。

現在、月曜午後7時枠のレギュラー番組「ご対面バラエティー 7時にあいましょう」の司会を務める有田が激怒しているのだ。

「9月の段階で、継続をTBSサイドは公言していたんです。そもそも『――7時にあいましょう』はいわくつきの番組。

前番組の『私の何がイケないの?』で、一緒に司会をしていた江角マキコの降板騒動に絡んで、有田もいったんは『降りる』と譲らなかったんですが、TBSが『新番組は有田のための、有田による番組だ』などと言って慰留した経緯がある。

ところが、今回は一方的に番組打ち切りを決めた。事情通の有田サイドは打ち切りになることをとっくに知っていますよ。

有田はTBSの二枚舌に怒り心頭のあまり、TBSに『絶縁宣言しようと思っている』とまで漏らしています」(事情に詳しい関係者)

tr20161028-4

この遺恨は、さらに思わぬところに飛び火してしまったとも。

「有田を芸能界の師匠と慕う同じ事務所の後輩、マツコ・デラックスが有田の扱いに激怒し、TBSの番組をボイコットしかねない勢いなんです」(同)

しかもTBSにとっては、あまりにタイミングが悪かった。実は、マツコが同局に嫌悪感を抱く“別件”があったのだ。

司会を務めるバラエティー番組「マツコの知らない世界」の2月の放送をめぐり、一般男性が9月に「元妻が番組に出演し、番組の企画とは無関係の過去の離婚の経緯が放送され、名誉を毀損された」として、TBSを相手取り、提訴する騒動になっていた。

tr20161028-5

「直接、マツコに害は及ばないが、訴訟となればタレントイメージは悪くなる。マツコはスタッフ、いやTBSの制作姿勢に不信感やいらだちを募らせていた。

その矢先に尊敬する有田の不義理な番組打ち切り問題が発覚した。マツコはこの2つを理由に、TBSとたもとを分かつチャンスだと本気で考えているようです」(同)

TBSが、かつての功労者みのを選ぶことで、有田やマツコと絶縁することになりかねない。

[via:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/609888/]

くりぃむ&マツコの事務所

《ナチュラルエイト》
・東京都渋谷区にある日本の芸能事務所。
・代表取締役:大橋由佳
・2009年9月設立。代表取締役の大橋由佳はくりぃむしちゅーがプライムに所属していた頃のチーフマネージャー。
・所属タレント
 くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)
 マツコ・デラックス
 コトブキツカサ
 浜ロン
 ※マツコ・デラックスを除く4人はプライムから移籍。

《プライム》
・1987年8月設立。旧商号はプライムワン。2006年7月にプライムに商号変更。
・当初はコント山口君と竹田君の山口ひろかずが代表取締役だった。
・後に付き人となる海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)や他には俳優のモロ師岡などが所属していた。
・2009年9月にくりぃむしちゅー、寿司、浜ロンが関連会社ナチュラルエイトへ移籍
・創設者の山口君と竹田君は現在、別の事務所所属。

同じ事務所になった経緯

tr20161028-2

・マツコは大橋由佳にお笑い番組に出ないかとのオファーも何度も受けていたが自分はお笑いのプロではないし、土足で踏み込むようなマネはしたくなかったし、中途半端にするぐらいだったらやらないほうがいいと思ってずっと断り続けていた。(同時にフジテレビからもオファー受けていた。)

・大橋は断り続けても10回、20回と電話をしてきて、普通に世間話をできるぐらい仲良くなった。心を許したマツコは「一回ぐらいならいいか」と軽い気持ちで番組出演を受ける。

・事務所に所属するなら「大橋さん」に頼もうと思ったマツコ、くりぃむを引き連れてナチュラルエイト設立時に所属した。

・独立とはいえプライムの税金対策として枝分かれとしての円満独立。

・ババア(大橋氏)がくりぃむしちゅーに「あのデブを入れたいんだけど」と相談。くりぃむのふたりも「アレ(マツコ)ならいいんじゃない」と快諾。

ネットの反応

・有田とマツコって同じ事務所なんだ
 >タレントが5組くらいしかいなくて、そのうちの2組がくりーむしちゅーとマツコデラックスという、恐ろしく効率のいい事務所みたいだ。
 >太田光代と違って殆ど表に出て来ないけど相当やり手の女社長らしいな
・TBSもバカだな。有田やマツコの件はもともかく今更みのを使うとか
・激怒した有田君とか想像し難い
 上田「おいのっぴきならねえな。キレたほうがいいんじゃねえか?」
 有田「・・っははは(空笑い)」
 こういう絵しか思い浮かばない
・タイトル見ただけでつまんなそう どう考えても有田とマツコを手放してまでやる価値のある番組とは思えない
・相方はともかく有田に司会能力あると思えないんだが
・売れてるとはいえこのクラスのタレントがキー局を自ら絶縁するってありえるの?
>今は落ち目となった人物の妻にスポット
・ゲスな番組だなwww
 >爆報フラィデーもTBSだが落ち目の芸人を好んで取り上げる。
 >アレは趣味の悪い企画だと思いながら、つい見てしまう。(´・ω・`)
・もう古い奴らは切り捨てて、新しいタレントを育てろよ。視聴率を稼ごうと安易なことをしても視聴者は戻ってこないぞ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事