TROUBLE

HEADLINE

欅坂46ハロウィーンライブでのナチス軍服衣装に批判殺到!海外メディアにも配信される

tr20161101-1

人気アイドルグループの「欅(けやき)坂46」がライブで着ていた衣装がナチス・ドイツの制服に酷似していると、インターネット上で批判が集まり、海外メディアが報じる事態になっている。

同グループは10月22日、横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントに出演。

その際、ワシのような紋章を付けた黒い帽子、黒いマントの衣装で登場した。グループのメンバーのブログにも、その服を着た写真を投稿した。

ツイッター上には「新衣装が思い切りナチスドイツの軍服なんですけど」「これはアウトだろ」などの投稿がされ、ボタンの位置など類似性を指摘する画像なども投稿された。

tr20161101-3
tr20161101-4

さらに英大衆紙「デイリー・メール」(電子版)や「デイリー・ミラー」(同)など海外メディアがこうした騒ぎを報じた。

デイリー・ミラーは「第2次大戦時のナチスの兵士の制服に似た衣装がファンにショックを与えた」などとし、イベントの様子を報じたテレビ番組の動画付きの記事を掲載している。

「欅坂46」の所属事務所は「担当者が不在で、現時点ではコメントできない」としている。

[via:http://www.asahi.com/articles/ASJB05WG6JB0UHBI02B.html]

ユダヤ人権団体が謝罪求める

米国を拠点とするユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」は米国時間10月31日に公式ホームページ上で嫌悪感を表明。

欅坂46のナチス風衣装に対し、SWCのアブラハム・クーパー副館長はホームページ上で「この不適切かつ深刻に侮辱的な呈示に対して、ソニーミュージックとグループのプロデューサー秋元康に謝罪を求める」と声明を発表した。

クーパー副館長は次のように非難した。

「10代の若者がステージと観客席でナチス風のユニフォームで踊っていることは、ナチスによる虐殺の被害者にとって多大なる苦痛だ」

「仮に危害を加えるつもりでなかったとしても、あの上演はナチスの被害者の記憶を安っぽくするものだ。ネオナチスの感情が高まっているドイツや他の国にいる若者に、間違ったメッセージを発信していることになる。

国際的なブランドであるソニーは日本に恥をかかせており、もっと良いものを出すことを期待している」

11月にクーパー副館長は「勇気の証言 ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」の開幕のために来日する。その際に、ソニーミュージック、秋元康と欅坂46のメンバーが展示会に訪れるよう、強く求めた。

[via:http://www.asahi.com/articles/ASJB05WG6JB0UHBI02B.html]

運営側はサイトで謝罪

tr20161101-2

アイドルグループ、欅坂46のメンバーが着た衣装がナチス・ドイツの軍服に酷似しているとして批判を受けていた問題で、同グループ運営側が1日、公式サイトで謝罪した。

運営は「10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、『ナチスドイツの軍服がモチーフではないか』とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております」と言及。

「私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり」と認め、「ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

なお、当該の衣装は今後一切着用しないとのこと。「今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります」とした。

秋元康「事前報告がなかった」

また、総合プロデューサーの秋元康氏は、

「ニュースで知りました。ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした」

と、今回の衣装に自身が関与していないことを強調するとともに、

「スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っております」

と謝罪。「再発防止に向けて、すべて事前にチェックし、スタッフ教育も徹底して行いたいと思います」とした。

[via:http://www.oricon.co.jp/article/39454/]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事