TROUBLE

HEADLINE

安田美沙子の夫、VICTIM代表・下鳥氏のゲス不倫発覚 夫婦で謝罪「やり直す」もママタレ路線は崩壊!?

《この度、お腹に新しい命を授かる事が出来ました》

11月下旬に第1子の妊娠を公表したタレントの安田美沙子(34)。現在、妊娠5カ月で、出産予定日は5月初旬だという。

安田の夫は有名ファッションデザイナーのS氏(37)。2012年のバレンタインデーに交際を始めた2人は、2年後のホワイトデーに結婚している。

「S氏が手がけるブランドは20代男性を中心に大人気。専門学校や大学にも通っていない叩き上げですが、年商は4億円を超えるといわれています」(スポーツ紙記者)


中華料理店でのデート

S氏の“ゲス不倫”のお相手・A子さんは27歳。都内の病院に勤務する北川景子似のスレンダー美女だ。

S氏、A子さんの2人を知る友人が語る。

「16年の夏頃、2人は合コンで知り合いました。彼は妻帯者の事実だけでなく、フルネームもきちんと名乗っておらず、A子は彼が結婚していることを知らずに交際していました」

12月18日、本誌は都内で密会中のS氏とA子さんの姿を発見。丸の内でのイルミネーション鑑賞、中華料理店でのディナーの後、2人が向かった先は、新宿・歌舞伎町のシティホテルだった――。


ホテルから出てくる2人

後日、S氏を直撃すると、事実関係を認め、「妻に直接話しますので、時間を下さい」と語った。

「週刊文春」2017年1月5・12日号では、S氏への直撃取材、安田のコメントなども含め、詳報している。

[via:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6944]

主人はとても反省

安田美沙子(34)が28日、ブログを更新し、夫でデザイナーの下鳥直之氏が一部週刊誌で不倫を報じられたことについて謝罪した。

「この度は、報道により家庭のことでお騒がせして、大変申し訳ありませんでした。

主人から話を聞いた時は本当にショックで、悲しくて、何で?という気持ちでいっぱいでした。

私から沢山怒られた主人は、とても反省していますし、事の大きさを重々感じているようです」

「浮気をしたらこれから先はないと前から伝えていましたが、今の私には彼のいない人生は考えられません。

沢山、沢山話し合って、これから産まれてくる子供のためにも、家族としてさらに深く向き合っていこうという事になりました。

またゼロから、夫婦の形を作って行きたいと思いますので、まだまだ未熟な2人ですが、温かく見守って頂けると幸いです」

[via:http://ameblo.jp/misanna/entry-12232733607.html]

夫、不倫を認め謝罪

この度は私、下鳥直之は既婚者でありながら妻以外の女性と不倫をした事実を認めます。妻と関係者の皆様、そしてご友人の皆様、そして相手の女性には多大なご迷惑をお掛けした事を深く反省し、お詫び申し上げます。

事実を妻に打ち明け、心から謝罪を致しました。僕にとって、とても大切な存在である妻の大事な時期にしてしまった行動をとても反省しております。

そして相手の女性にも全ての事において謝罪し、これから先、連絡を取らない事を約束しました。本当に申し訳ない事をしてしまったと、後悔しております。

私の軽率な行動の愚かさと責任の重さは、どう謝罪しても許される事ではないことは、十分に承知しております。

これから先、一生をかけて妻とお腹の子に償っていくつもりです。妻や大勢の方々に大変なご迷惑をお掛けしてしまった事を深く謝罪するとともに、失った信用を毎日少しずつでも取り戻していけたらと思っております。

この度は本当に申し訳ございませんでした。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000197-sph-ent ]

ママタレ路線が崩壊!?

大慌てなのが安田を広告に起用していた一部企業。

安田は11月、結婚情報誌の表紙をウエディングドレス姿で飾り、こだわり抜いた自身の結婚式についてノロけていたが、当然これは新婚の立場を生かしたブライダルビジネス。

広告代理店のプランナーによると、このほかにも安田の起用を進めていた結婚関連事業者が数多くいたことから、プランの白紙化が続々検討され、出産を見据え決めかけていた来年のタイアップ仕事もご破算になりそうだという。

「本人が問題を起こしたわけではないですが、結婚や出産がらみのタレントビジネスは、幸せいっぱいのイメージであることが前提。

それが壊れたので企業へのプレゼンはできません。安田さんの仕事への悪影響は、かなり大きいと思います。特に最近の彼女は結婚について自慢げに語ることが多かったので、面目丸つぶれでしょう」とプランナー。《中略》

すべてぶち壊すような夫の浮気。それも既婚や本名を隠しての所業とあっては、ベッキーと不倫交際していた当時の川谷絵音を思い出させるゲスっぷりだ。

過去、バラエティ番組では夫の浮気について「1回なら許しちゃいそう」と言っていた安田だが、自身のタレント仕事が破壊される状況では笑ってもいられまい。安田を起用していた番組関係者も、今回の事態には同情的だ。

「事務所が目指していたのは、ポスト小倉優子のママタレ路線だとハッキリ聞いていたばかりでしたからね。小倉の夫が不倫騒動を起こして、そのポジションから脱落気味なので、まさに空いた席を狙ったわけです。

でも、まさか、その小倉と同じ妊娠中に不倫されてしまうとは……」

小倉はママタレ戦国時代といわれる中で優等生的な存在だったが、夫の不倫以降はその手の仕事オファーはパタリと消えた。当然、安田もそうなることが予想される。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000197-sph-ent ]

ネットの反応

・今年は最後の最後まで不倫で締めくくるなぁw
・ゲス不倫と不倫って何が違うの?
 >芸能人絡みは今ならもれなくゲス付きです
・妊娠中は親になる覚悟から逃げたくて魔が差して浮気するもの
・夫か。安田美沙子が不倫してるのかと思った
・井上公造が離婚するって言ったYは小倉優子のYじゃなくて安田美沙子のYってこと?
・そういうリスクある人を選んでるからしゃーない
・小倉優子もそうだけど、女は狡猾に相手を選んでるけど、その厳しい審査をくぐり抜けるほどの男が浮気しないわけないもんな。
・安田美沙子レベルでも若い子にいっちゃうのね
・三人目妊娠中だけど旦那が浮気していたら悲しいな
・既婚者であることを隠して不倫して相手の女性を騙してたクズ男だな
・外に向かってそこまで謝罪しなくてもいい
・不倫してもエエけど絶対子供は作らずそしてバレるな

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 5
    名無しさん 2017/01/07 4:58

    相手の本性もわからないまま結婚したりホテル行く軽い奴らの事なんて、ホントどーでもいい。
    同類と思われたくなければ、安田美沙子は離婚してでも頑張る所を見せればいいし、A子は騙されたんだったら男にケジメつけさせればいいだけ。うやむやならハニトラかセフレでしょ。

  2. 4
    名無しさん 2017/01/01 20:53

    不倫はあかんが、
    嫁が芸能人でも旦那は一応は一般人だろ。
    大々的にゴシップするのはいかんのじゃないか?

  3. 3
    2016/12/30 20:54

    前から鼻につく女だったけど、金持ちと結婚してから更に調子こいてたよね、ざまあ。

  4. 2
    2016/12/29 23:39

    どーでもいい。

  5. 1
    2016/12/29 3:06

    所詮勘違いのばか女。
    これが運命。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事