TROUBLE

HEADLINE

【女子大生ストーカー刺傷】犯人の残虐な行為と支離滅裂な言動 初公判で露わに

昨年5月、東京・小金井市のライブ会場でアイドル冨田真由さん(21)をメッタ刺しにした殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われたファンで無職岩埼友宏被告(28)の裁判員裁判が20日、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)で始まった。

事件の2年前から冨田さんのファンだった被告は、SNSで結婚を迫ったり、ライブ終演後につきまとうなどストーカー化。プレゼントした腕時計と書籍3冊を送り返されたことに逆上し、昨年5月21日、冨田さんを待ち伏せしてナイフで首や胸、背中など計34か所をメッタ刺しにする凶行に及んだ。

上下黒のスーツに青のネクタイ姿で出廷した岩埼被告は「(間違い)ありません」とやっと聞き取れる程度のか細い声で起訴内容を認めた。弁護側は「計画性のない突発的な犯行」として“減刑”を狙いたい考えだ。

負傷状況で裁判員倒れる

その法廷でハプニングが起こった。

負傷状況を説明した人体図を見た裁判員の男性の体調が急変し、突然「う~、うわぁ~」とうめいてのけぞり、天井を仰ぐと、今度はバタンと勢いよく前傾姿勢に倒れ込んだ。

しかし、被告はその瞬間も裁判員を気にするそぶりもなく無表情にうつむいていた。

支離滅裂なプレゼント

他者への共感がない一方で、冨田さんにはひとりよがりに求愛した被告はプレゼント選び一つとっても理解不能だ。

「冨田さんからつっ返された3冊が『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子著)、『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』(万城目学著)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(押見修造著)の、作者も内容もバラバラの“○○ちゃんシリーズ”なのは何か意味があるのか」と傍聴した記者らもお手上げ状態。

冨田さんは調書で「身勝手な思い込みで私を殺そうとした。以前(被告が)『死んでしまいたい』と言っていたように死んでほしい。それが無理なら一生、刑務所に入ってほしい」と極刑を求めている。

事件後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされながらも遮蔽措置を取り裁判を傍聴している。

体調次第では意見陳述も予定しており、実現すれば事件以来、遮蔽板越しに被告の前に立つことになる。人生をメチャクチャにした冨田さんを前にしても、岩埼被告は顔色一つ変えないつもりだろうか。

[via:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/654336/]

執拗なストーカー行為

検察側の主張や冨田さんの供述調書によると、岩埼被告は平成26年ごろに雑誌で冨田さんを知り、冨田さんが出演した舞台で花束などを贈るようになった。

冨田さんのブログや短文投稿サイト「ツイッター」に頻繁にコメントを書き込んでいた上、舞台を終えた冨田さんに「付き合ってほしい」「結婚してほしい」などと話しかけていたという。

「プレゼントされた腕時計と本は所属事務所の方針もあって受け取ったが、気持ち悪かった。私は何度もはっきりと『交際や結婚は無理です』と意思表示をしたが、聞き入れなかった」

岩埼被告はその後も「諦めない。僕はしつこい」「憎んでほしい。愛している」「拉致監禁とか起こらないといいけど」「不必要なら本と時計を返してほしい」などとコメント。

冨田さんは恐怖を感じ、所属事務所に届いた年賀状に記載されていた岩埼被告の自宅住所に時計と本を送り返した。

警察にも相談し、対応した警視庁武蔵野署から「小金井市でのイベントの日を教えてほしい。何かあればすぐ駆けつけるから通報を」と伝えられていた。

事件当日、岩埼被告は駅で冨田さんを待ち伏せし、冨田さんの横を歩きながら「話がある」と述べた。冨田さんが「話はできない」と答え、通報しようとした瞬間、刺されたという。

[via:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/654336/]

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/02/22 22:41

    今のアイドルを目指してる人はファンと接触した
    イベントやサイン会などをしてファンとの距離を
    縮めた企画が多い。
    良い客の内はファンと呼ばれ仲良くしてくれる。
    しかし、都合が悪くなるとストーカーと
    呼ばれて出禁や警察に言われる。

  2. 2
    名無しさん 2017/02/22 4:15

    岩埼な

  3. 1
    名無しさん 2017/02/21 20:43

    まぁ〜マスゴミは何故的はずれな落ちどころにしたいのか?
    岩崎の狙いは生き地獄を味合わせたいッという狙いでの犯行なんだが

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事