TROUBLE

HEADLINE

BIGBANGをブレイクさせたYGJAPAN元社長、佐々木現が覚醒剤所持で逮捕 父親は萬田久子と事実婚

都内の芸能事務所代表の男が、自宅で覚醒剤などを隠し持っていたとして逮捕された。

覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、芸能事務所「MAD MUSIC」の代表・佐々木現容疑者(31)。

警視庁によると、2015年6月、東京・羽田空港の国際線ターミナルで、覚醒剤の粉末やガラスパイプが入った眼鏡ケースが床に落ちていたため捜査を進めていた。

その後、眼鏡ケースの持ち主として佐々木容疑者が浮上したため、12日に自宅を捜索したところ、佐々木容疑者のカバンから覚醒剤約2グラム、冷蔵庫の中から大麻樹脂約20グラムが見つかったという。

佐々木容疑者は韓国の人気男性グループなどのプロモーションを手がけていた人物で、調べに対し認否を留保しているという。

[via:日テレNEWS24]
http://news.livedoor.com/article/detail/12929534/

自称アーティストの女も

覚醒剤と大麻樹脂を隠し持っていたとして、警視庁東京空港署は覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)の疑いで、芸能事務所「MAD MUSIC」代表、佐々木現容疑者(31)=東京都港区=を逮捕した。

同署によると、認否を保留しているという。

逮捕容疑は、12日午後、自宅マンションで、かばんの中に覚醒剤約2グラム、冷蔵庫に大麻樹脂約20グラムを所持していたとしている。

逮捕時、佐々木容疑者は自称アーティストの女(26)と一緒におり、同署は女も大麻取締法違反(共同所持)の疑いで逮捕した。

[via:http://www.sankei.com/affairs/news/170413/afr1704130021-n1.html]

佐々木現とは何者!?

・芸能事務所MAD MUSICの代表。
・香港生まれ。18歳まで香港で暮らして、その後日本に移住。
・上智大学国際教養学部を卒業して、そのまま「YG ENTRETAINMENT JAPAN」の代表に就任。
・当時韓国で人気が急上昇していた「BIGBANG」を日本で売り出すためのプロ―モーションを手掛けて大成功。
・2011年 BIGBANGのリーダーG-DRAGONが日本での大麻使用で韓国の警察に逮捕。
・2011年に父親の看護と新しい事業を始めるためYGJAPANを退社。
・2013年に「MAD MUSIC」を立ち上げCEOに就任。
・父親は実業家で佐々木力(故人)は、セオリー(theory)というブランドで有名な「リンク・セオリー・ジャパン」というアパレルブランド会社の元代表。
・佐々木力(ささき・ちから)と女優の萬田久子とは事実婚状態にあった。

【関連リンク】
「日本にスターを作りたい」──佐々木 現(Mad Music CEO)|GQ JAPAN

萬田久子の事実婚夫
莫大な遺産の行方

[2012.06.28]

昨年8月9日にスキルス性胃がんのため60才で亡くなった、萬田久子(54才)の事実婚の夫、アパレルメーカー元社長・佐々木力さんが遺した、総資産200億円ともいわれる莫大な遺産の行方に注目が集まっている。

佐々木さんには計5人の子供がいた。離婚した前妻との間に3人の子供(1男2女)、事実婚の妻である萬田との間に男の子、さらに萬田と事実婚状態にあったときの愛人・A子さん(41才)との間にもうけた3才になる女児の5人だ。

遺言がない場合、内縁の妻で入籍していない萬田には法的に相続権はなく、25年連れ添ったといえど、1円たりとも遺産を受け取る権利はない。

相続人となるのは、前述した5人の子供たちのみだ。その配分について、相続問題に詳しい福田俊彦弁護士はこう説明する。

「法律的には、萬田さんの子とA子さんの娘さんはともに非嫡出子で、相続分は嫡出子である前妻の子供たちの半分となります。つまり前妻の3人の子供たちが4分の1ずつで、萬田さんの子とA子さんの子は、その半分、8分の1ずつとなるんです」

しかし、実際には、この法定相続分とは異なる相続が行われていた。

高級住宅街として知られる東京・自由が丘にある約200坪の土地。ここは萬田と佐々木さんが約20年にわたりともに過ごした思い出の地だ。

佐々木さんが亡くなる直前、夫婦は家の老朽化と将来のことを考え、建て替えを計画した。工事もスタートしていたが、佐々木さんは完成を待たずして、この世を去る。現在、工事はストップし、土地は完全な更地となっている。

この土地が遺産相続の対象なのだが、今年6月に、名義が、佐々木さんから5人の子供たちに書き換えられていた。驚かされたのは、5人のうち最も多い持ち分を得ていたのが、愛人・A子さんの娘だったことだ。

前妻の2人の娘たちが200分の39ずつ、息子は200分の29、そして萬田の長男が200分の33の持ち分となっているが、A子さんの子だけが200分の60と、法定の相続分より2.4倍も多く譲渡されているのだ。

地元の不動産業者によれば、この近辺の土地単価は坪250万円ほど。つまり200坪で5億円は下らないはずで、A子さんの娘は約1億5000万円を相続した計算になる。

前述したとおり、本来であれば、萬田の長男とA子さんの娘は同じ額を相続できるわけだが、このような配分になったことについて、前出の福田弁護士はこう説明する。

「相続上、同じ立場である萬田さんの子とA子さんの子で、差が生じるのは通常ならば考えられないことです。

A子さんの子が、もっとも多くなったのは、遺産分割協議という話し合いが行われ、相続人である5人が納得した場合か、佐々木さんの遺言によるケースのどちらかです。

ただし、協議で成立することは考えづらいので、遺言と考えるのが妥当でしょう」

今回の遺産とは別に、佐々木さんは生前、A子さんと娘が生活するのに困らないように、A子さん名義で都心部の1億6000万円のマンションを購入している。つまり、佐々木さんは合計約3億円の資産をA子さん母娘に遺したことになる。

[via:女性セブン2012年7月12日号]
http://www.news-postseven.com/archives/20120628_124842.html

ネットの反応

・大事なものを床に落として立ち去るなんて間抜けなお話ですなあ
・これで色々繋がってはっ!とする人多いのでは
・覚醒剤所持で捕まった佐々木現さん、韓国グループも所属する芸能事務所の社長だと聞いて。まさか?と思ったら、そのまさかYG JAPANの社長さんでした。ちーん。
・またBIGBANGにドラッグのイメージついちゃうやん
・佐々木現覚醒剤か〜BIGBANGに対して批判来ないといいなあ
・ジードラゴン大麻で逮捕されたときの日本人にもらった発言真っ黒やんか(笑) 笑てまうわ。大麻の流れ所属事務所社長からかよ。

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事