TROUBLE

HEADLINE

やはり魔性の女w葉月里緒奈 娘の親権捨て2年前に極秘離婚していた。すでに新恋人も

かつて真田広之(56)やイチロー(43)とも浮き名を流し、“魔性の女”と呼ばれた葉月里緒奈(41)。彼女が04年に結婚した不動産会社御曹司の夫と離婚、娘(12)を残して家を出たことが本誌の取材で判明した。

葉月が幸せを掴んだのは、04年にいまの夫と結婚してから。夫は不動産会社の御曹司で、同年11月には長女も誕生している。わずか3年前、本誌の直撃に彼女は満面の笑顔でこう答えていた。

――高級住宅地に建つ、地下1階、地上3階の鉄筋コンクリート造り。素晴らしい豪邸にお住まいですね。

「全部もう、主人が買ってくれました。ローンとかも全部彼が。私は全然わからないんですよ。生活費は全部彼からです」

――じゃあ、葉月さんが稼いだ分は自分のお小遣いに?

「そうですよ、私のものは私のものですから!(笑)。今はヨガにハマってます。(仕事は)娘がいて家を開けられないので、長期ロケとかは無理なんです。娘の休みに合わせて、年に1回くらいだけ」

この言葉どおり、結婚以来、女優業はセーブしていた葉月だったが――。

「じつは、すでに2年ほど前にご主人とは別れています。娘さんに迷惑がかかってはと、公表は避けてきたそうです」(芸能プロ関係者)

そして取材を進めると、さらなる衝撃情報が――。

「葉月さんにはもう新しい恋人がいるんです。ジュエリーの卸販売などを手がける会社の社長をしているAさん(47)です」(前出・葉月の知人)

調べると、A氏が経営する会社は年商5億円ほど。芸能人が多く住む港区内のタワーマンションに住み、かなり羽振りがいいようだ。

いまは葉月の元夫と娘だけが暮らす、都内の豪邸を訪れてみた。5月中旬の朝10時すぎ、家から出てきた夫に「葉月さんと離婚されたと聞きました」と聞くと、表情がこわばった。

「僕は何もお話しできません。本人に聞いてください。ただ、(葉月)本人はいませんので、今後は(自宅には)来ないでください」

新恋人といわれるA氏の会社にも電話で連絡すると、本人から電話がかかってきた。

――葉月さんとお付き合いをされているそうですね。

「それは本人の事務所に聞いていただいたほうがいいと思います。全然(交際に)問題はないですよ。スキャンダルとかはないです。それでは」

A氏の言った「スキャンダルはない」とはどういう意味なのか。A氏の知人が言う。

「2人が交際を始めたのは、離婚が成立した後だと聞いています。ですから“不倫ではない”ということなんでしょう。でも、あの2人がいまも付き合っているのかは、ちょっとわかりません」

確認を求めると、葉月の所属事務所も離婚を認めた。

「離婚したのは事実ですが、それ以外にはお話しすることはありません」

前出・葉月の知人が語る。

「葉月さんが娘さんを残して家を出たのは、娘の教育などについて元夫と話し合って決めたことだと聞いています。それがベストだとはいえ、断腸の思いだったと思います。

今も元夫とは、娘の両親として、連絡は取り合っているそうですよ」

ならば、なぜ――。“魔性の女”は復活するのか。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13066702/]

『世界ビックリ人間の妻たち』出演時2017年3月

「輝きたいんじゃないですか。
女性としてもう一度」

16日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、2004年2月に再婚した一般男性と2年前に離婚していたことが分かった女優の葉月里緒奈について冒頭で特集した。

宮根誠司キャスター(53)は、これまでの葉月の歩みを振り返りつつ、「娘さんが中学に上がって、子育てが一段落して、もう一度、女優へという感じなんでしょうか」とした上で「子どもさんが中学に上がる人は要注意かな。女性がもう1回輝こうとする時期なのかな」と続けた。

さらに「葉月さん、これを機に女優業本格再開となるんですかね。輝きたいんじゃないですか。女性としてもう一度。オファーは来るでしょうし、お子さんがOKならいいのでは」と独自の分析を加えていた。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000067-sph-ent]

ネットの反応

・なつかしい……。めちゃくちゃ可愛かったなあ。
・ヌードになったときのガッカリ感は鮮明に覚えているw
・娘の中学受験を終えて家を出たのか 結構そういう話聞くよね
・こういう女の男癖って一生治らないよね
・宮根が他人の離婚や不倫をとやかく言う
・綺麗事を言ったつもりが ただの差別的発言
 >つまり主婦は輝いていないという批判やね
 >出産・育児している女が輝いてないみたいな言い草だな
・マジで魔性を感じた美女だったが・・・40歳でこれかぁ・・・
・それでこそ魔性の女w
・魔性の女といえば聞こえは良いがただの尻軽じゃないかな
・娘かわいがっていたようだし丸くなったと思ったが人間変われないね
・いいじゃん この人にはこういう生き方が似合ってる
・絵に書いたようなまな板に干しぶどうの人か
・年頃のの娘旦那に押し付けるって…
・ググって近影を見たけど、鶏ガラ骸骨といった表現がぴったりなガリガリ
・ただ痩せすぎの弊害が酷くて宮沢りえみたいな老け込み方してるな
・がっかりおっぱい晒して神秘性の魔法が一気に解けちゃった
・みんな厳しいなあ 熟女好きとしてはそんな女が増えたら大歓迎
・今で言うと満島ひかりみたいな感じか おっぱいだけ見ると
・乳はないがマンコが凄まじいタイプ
・たしかに家におさまってるが似合わない、この人
・岡村「あぶねえあぶねえ」
・陰毛の濃さが衝撃だったな
・レーズン界の最上位グレード

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事