TROUBLE

HEADLINE

【放送事故】加藤浩次ガチギレ!?息子が松潤の元カノと自宅のベッドで・・・

「番組には、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、おぎやはぎ、品川庄司など有名芸人が多数集結。艶系アイドルグループの恵比寿マスカッツとプールにて『騎馬戦』や『相撲』などの競技を繰り広げました。

番組の後半では、水泳対決が早く終了したということで、加藤の自宅で打ち上げをすることとなり、そのまま移動。残りの放送時間は、加藤邸からの中継となりました。そこで“事故”は起きたんです」

テレビ誌記者が、そう振り返るのは、9月1日に放送された極楽とんぼがMCを務めるバラエティ番組「人気芸人対マスカッツ!ポロリ100%!夜の水泳大会 極楽とんぼKAKERU TV」(Abema TV)。

同番組には、様々な人気芸人が登場、10時間以上にわたる生放送が行われたが、いったい、加藤邸で起こった“事故”とは──。

問題の場面を再生すると、まず加藤宅で、水泳対決を終えた出演者らが、談笑しながら加藤の妻・香織の手料理を楽しんでいる様子が映る。ところがここで、番組側の演出によって加藤が激怒する事態が発生するのだ。

「出演者が加藤宅のリビングで食事中、突然、おぎやはぎの矢作兼が『(加藤の)部屋がヤバイ!』と大声を出して奥から飛び出してきました。

そして出演者らが、部屋に向かうと、艶系女優の葵つかさが、加藤の中学生の息子をベッドの中に連れ込み、仲良く横たわっていたんです。

これは番組側のドッキリだったのでしょうが、加藤は『マッコイ、てめぇコノヤロウ、何させてんだよ!子供に!』と、演出家と思われる男性の名前を呼びながら激怒。

さらにその後、葵が『経験とかないかなと思って』と続けたことで、加藤は『あるわけねぇだろコノヤロウ!』と本気で声を荒げました」(テレビ誌記者)

その後、加藤の息子と葵は引き離され、放送は元通りに続けられた。

そんな葵といえば昨年末、嵐・松本潤との交際が報じられていた。

そのため、番組での「ベッドシーン」が放送されたことについては、ネット上に「松潤ともこんな感じだったのか?」といった書き込みが殺到。

今回の“事故”を目の当たりにして、2人の熱愛を思い出した視聴者も多かったようだ。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1352360/]

ネットの反応

・演出家と思われるって、マッコイ斎藤じゃん。
・息子どんな気持ちだよww
・こんなの世界に拡散されたら、またヘンタイ日本の株上がるじゃん。
 「未成年男子とポルノ女優」なんだから。
・息子惜しかったな
・事後に突入しろよw
・お父さんチンチンから何か白いの出た
・ガチギレって台本だろうに
・キレ芸をマジで取られるのもツライね
・いや、こんなの親なら普通にキレるだろ
 >台本だよ。おまえ純粋だな(笑)
・これ見てたけど、キレ芸じゃなく普通に怒ってた気がするよ
 他の出演者も加藤が怒った直後に笑いが消えてたし
・中学生を使うとか時勢がまるで読めてない
・こんな番組に未成年の息子出すことに了承してる時点で加藤も嫁もどうかしてる。
・あれは流石にどうかと思ったわ
 長男まだ全然子供で顔引きつってたし
・これ児童虐待だよね
 >アメリカだったら大変だ
・加藤の娘はどうなったん?
・そこで油谷さんだな

【関連リンク】
【無料】人気芸人大集合!ポロリ100%!真夜中の水泳大会by極楽とんぼKAKERU TV – Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/09/08 8:58

    こんな馬鹿まだやってんだな。
    3秒だけ見て「ああまだやってんだ」で3秒くらいで即チャンネル変えたわw

  2. 2
    名無しさん 2017/09/08 7:40

    尻軽口軽女の末路は未成年絡みの犯罪行為要員か•••
    残す場がどんどん無くなるなぁー
    来年の今頃には河川敷BBQになっているんですかね?

  3. 1
    名無しさん 2017/09/08 3:00

    オッス!おら野沢雅子!
    御年80のでえベテランだ!

    今からこええ話すっからよ!
    ぜってえ聞いててくれよな!

    あれは5年くれえめえの話だけどよ!
    営業先で泊まったホテルがめちゃくちゃ古くてよぉ!
    おら部屋に入った瞬間

    やンな気を 感じたんだぁ!

    あのフリーザよりもでっけえ気でよぉ!

    もう風呂に入ってさっさと寝る事にしたんだ!
    そっから三時間くれえ経ってよぉ!
    おら体に異変を感じてパッと目を覚ましたんだ!

    かっらっだがっっ い゛っうこときっかねぇぇ゛!!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事