TROUBLE

HEADLINE

佐川氏の証人喚問に自殺職員の遺族が失望「なぜ本当のこと言えない」一方、財務省幹部「答弁は100点」

森友学園への国有地売却を担当し、自殺した財務省近畿財務局職員の遺族が、当時の同省理財局長だった佐川宣寿氏の国会証人喚問は「意味がなかった」と失望感を隠さなかった。

佐川氏は喚問で、亡くなった職員について「心よりご冥福を祈りたい」と悼んだが、2018年3月28日放送の「とくダネ」(フジテレビ系)で取材に応じた遺族らは、「取ってつけたような感じがします」と力なく語った。

「結局何もわからないまま」

27日に行われた佐川氏の証人喚問をみた遺族の一人(Aさん)は、

「緊迫感がない。ただの馴れ合いでやっているだけです」

もう一人(Bさん)は

「はぐらかして終わり。どう改ざんしたのか、昭恵夫人とか、本当に事実を知りたかったですね」

「あんまり意味がなかった、それが一番ですかね。残念です。結局何もわからないまま、野党もあまり追及しないまま、終わったような感じです」

とそれぞれ番組に話した。

喚問で、亡くなった職員について言及したのは竹内譲・衆院議員(公明党)。

「3月7日に近畿財務局の職員が自殺されています。3月15日にはNHKが全国ニュースで遺書の内容を報じています。

『決裁調書の部分が詳しすぎる』と言われ、『上司に書き直させられた。勝手にやったのではなく、財務省からの指示があった』『このままでは自分1人の責任にされてしまう』などの文言が並んでいたとNHKが報じています。

この報道をどのように感じていますか」と質問した。

佐川氏は「財務局の職員が亡くなられた話は、私が国税庁長官を辞任いたしました9日金曜日にニュースで知りました。大変残念でございまして、本当に心よりご冥福を祈りたいと思っております」と悼んだが、続けて

「ただ、NHKの報道でございますが、亡くなられた方の遺書というお話でございますれば、私はその方が亡くなられた経緯等々については一切承知しておりませんので、その点につきまして何か申し述べることはできないということでございますので、ご理解賜りたいと思います」

と述べた。

「とくダネ」では、「ご冥福を…」と述べた佐川氏について、遺族のAさんが「弁護士にいえと言われたのでは」と、どこか呆れたように話した。Bさんは

「本当にそう思っているなら、どうして本当のことを言えないのかな。本当に亡くなった人のことを思って発言してほしかったですね」

と無念さをにじませた。

「このままあの人が亡くなってなかったら」

また、証人喚問で竹内氏は「残念でご冥福をお祈りするという言葉がありましたが、しかし、この方は相当本省との実務的なやり取りをしていた方と言われています。本当に申し訳ない、の一言ぐらいないのですか」と追及。佐川氏は、

「本省理財局と近畿財務局との間で、私は本当の事実関係は承知していないのですが、もし仮にそういう連絡、担当の職員であられたということであって、もし仮にそういうことということであれば、それは理財局としてこういう決裁文書の書き換えをしたことにつながることでありますれば、本当に申し訳ないことだと思います」

と、事実であればと断りながら答えていた。

こうしたやり取りを見て、Aさんは番組で「『わしが責任を取る』という上司、おらんもん」と吐き捨て、責任逃れかという問いに「うん」と即答した。

Bさんは「このままあの人が亡くなってなかったら全部、一番下のああいう人が責任を取って終わったのでしょうか。これで終わらせないでほしいですね」と真相解明を願った。

[via:J-CASTニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/14496737/

財務省幹部「答弁は100点」

証人喚問の間、財務省では幹部をはじめ、多くの職員が喚問の様子をテレビで見守り、廊下にまで音声が漏れていた。

一方、財務省の複数の幹部らが日本テレビの取材に応じ、胸中を明かした。佐川氏が捜査中を理由に答弁しなかったり、踏み込んだ発言をしなかったことについて、こう評価した。

財務省幹部「立派だったよね。今まで見た佐川さんのなかで一番立派だった。官僚的には立派な答弁。考え抜かれた答弁だよね」

財務省職員「ちゃんと事前に練り上げた答弁でしょう。官僚答弁としては模範的だった。官邸とは『あ・うんの呼吸』でしょう」

また、安倍首相や昭恵夫人、総理秘書官らからの指示が無かったと佐川氏が発言したことについては―。

財務省幹部「野党はわーわー騒いだけど、結局、『大山鳴動して鼠(ねずみ)一匹』ってとこだよね」「政治は一切関与していないって、それで終わり」

財務省職員「野党からみると、佐川さんにこういうこと言ってほしいという内容はゼロだった。そういう意味で、佐川さんの答弁は100点ってことじゃないですか」

財務省幹部「責任を理財局内に限定したことで、佐川さんがすべての責任を一人で背負われるつもりなのだと思いました」

財務省が改ざんをしたことを佐川氏自身も認めたことについては―。

財務省幹部「結局、我々が悪いんですよと。つくづく情けないのひとことに尽きる」

財務省職員「うちの役所は終わったと思います。局一つなくなるくらいで済めば良い方なのではないでしょうか」

佐川氏が踏み込んだ発言をしなかったことについて、財務省内では「シナリオ通りの答弁」との受け止めが広がっている。

[via:日テレNEWS24]
http://www.news24.jp/articles/2018/03/27/04389006.html

田原総一朗「逆に国民の疑念深めた」

テレビの怖さは情報が言葉だけではないことです。言葉以上に、表情、声音、身ぶりなど全てが情報として視聴者に届けられるのです。とりわけライブで流れる証人喚問はその要素が強く出ます。

NHKや民放各局が流した佐川宣寿・前国税庁長官の喚問中継を見た国民は、「この人は事実を何か隠している」と感じたのではないでしょうか。映像の中の彼がそれを雄弁に伝えていたと思います。

証言に立った佐川氏の表情を見て、二重三重にもよろいを身につけ「完全武装」でのぞんでいるような印象を受けました。

これ以上、身をおいた官僚の世界からも孤立したくないし、官邸の信頼も失いたくない。そのためにどう答えるべきか。戦略を固め、そこから逸脱しないという覚悟を決めた表情に見えました。

[via:朝日新聞デジタル]
https://www.asahi.com/articles/ASL3V5CXKL3VUPQJ00D.html

関連商品

コメント

  1. 6
    名無し 2018/03/29 8:08

    どんな疑いがあろうが国民は自民党を選んだわけで後ががちゃがちゃ騒いでも仕方ないこと

  2. 5
    名無しさん 2018/03/29 5:29

    左派や野党の批判の理屈がマヌケであったという事が際立ったというだけの話。
    それでも左派や野党は安倍首相、あるいは明恵夫人の指示があったという前提で考えてるから望む結果や回答が無ければ納得しないというだけ。
    そのような勝手な決め付けの前提で考えてるから批判の理屈がマヌケなのだ。
    証人喚問をしつこく求めてたくせに、いざ証人喚問をすれば「証人喚問やっても意味が無い」などと喚き散らす始末。
    刑事訴追の可能性があるから証言拒否というのは証人の権利だ。
    つまり容易に予想される展開である。
    それなのに自分達に都合良い回答が出てくるとでも思ったのか?
    デパートに連れて行って貰った子供が勝手にオモチャを買って貰えると勘違いしてオモチャ売り場の前で癇癪起こして泣き喚いてるのと変わらない。
    「これでは証人喚問やっても意味がない」と喚き散らすのに安倍明恵夫人の証人喚問は要求するというマヌケさ、稚拙さ、幼稚さ。
    政権批判してるつもりだろうが、自らのバカさ加減を世の中に披露してる事に気付かないから万年野党なのである。

  3. 4
    名無しさん 2018/03/29 1:20

    後先を考えるのなら佐川氏の答弁は予想された内容。
    死んでも死ななくても、この職員の責任になる仕組みでしかない。
    だったら死に急ぐ事なかったわけで佐川氏関与の確実な証拠と共に野党に投げつけたら、まだ現状よりかはマシな追及が出来たはずなんだが•••
    絶対君主である佐川氏だからね。
    現政権が倒れるかどうかの大きな鍵である佐川氏だから、この人が裏切らないのであれば、このまま現政権は続行。
    佐川氏ものらりくらりとしていればいずれは時の人状態でかわせる算段で答弁台に居るだけ。
    政官茶番劇ってだけ

  4. 3
    名無しさん 2018/03/28 23:52

    安倍首相と明恵夫人、または政権内部の政治家の指示もしくは関与があったとする前提の報道がこれだけ垂れ流されれば国民がいつまでも疑念を持つのは必然。
    報道なんてのはしょせんは商売。
    内心は問題ないと分かっていてもウダウダ言う事が商売になるのだから森友問題を簡単には幕引きには出来ない。
    金儲けの為には事実をねじ伏せてでも政権批判を繰り広げて国民からの興味を引き続けなければならない。
    金儲けは営利目的の民間企業の宿命。
    マスコミの業務体系の特性上仕方ない。
    健康に良くないと分かっていても、そんな事は見て見ぬフリで清涼飲料水やお菓子を売り続けるメーカーと変わらない。
    野党としても証人喚問などに佐川氏や安倍明恵夫人を喚問しても何も解決しないと分かっている。
    しかし、それでも証人喚問を求めるのはウダウダ批判する事で政権へダメージを与える事や野党は仕事してますよ的なアピールを世に示す為だけの事。
    壮大な政治ショーを野党演出で見せられているだけ。
    自民党議員の丸川珠代議員が行った佐川氏への質問が茶番なのでなく、証人喚問自体が野党による茶番なのだ。
    佐川氏の“逃げ”の答弁なんて簡単に想定され、実際に刑事訴追を理由に答弁拒否を連発したが、それなのに「これじゃ証人喚問の意味がない」等と喚き散らし、それでも安倍明恵夫人の証人喚問を求めるのは野党の茶番を国民に見せたいからなのだ。

  5. 2
    名無しさん 2018/03/28 21:17

    遺族と言ってもインタビューの内容からして近親者ではないでしょう。近親者なら安倍批判の為に自殺職員を利用しようとしている相手には応じない。

  6. 1
    名無しさん 2018/03/28 20:37

    本当に遺族なんですかねぇ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事