TROUBLE

HEADLINE

漫画『愛と誠』40年以上紛失していた原画がまんだらけに出品→400万円で落札される

1970年代の漫画「愛と誠」(梶原一騎原作・ながやす巧作画)の紛失原画が、インターネットオークションに無断出品され、400万円で落札された。

他にも行方がわからなくなっている原画があることから、版元の講談社は10日、「原画を発見した場合には、購入せずに編集部に一報を」とHPで告知した。

「愛と誠」は1973~76年に「週刊少年マガジン」に連載された純愛漫画で、映画やテレビドラマで何度も実写化された人気作品。

週刊少年マガジン編集部によると、74年ごろ、実写化に向けてテレビ局やレコード会社に原画を貸し出した際、カラー10枚とモノクロ5枚の原画が行方不明になった。

当時、警察にも紛失届を出したという。その他の原画はながやすさんが管理しており、外部へ譲渡・売却されたことはないとしている。

紛失した15枚のうち、カラー原画1枚が、今年4月20日に漫画古書店大手「まんだらけ」が運営するネットオークションに出品された。400万円で落札されたのは5月6日だった。

週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長は「40年以上不明だったものがいきなり出品され、驚いた。オークションの中止を求めたが、まんだらけ側は『出品した以上は取り下げはできない』との対応だった。残念だ」と話す。

まんだらけ広報部は「対応を協議中だが、担当者が休みのため回答は後日になる」としている。

他の14枚の原画は今も不明のまま。ながやすさんとマガジン編集部は「もしネットや店頭にあれば、紛失原画なので購入せず、編集部に連絡してほしい」と呼びかけている。

編集部: 03(5395)3460

[via:朝日新聞デジタル]
http://news.livedoor.com/article/detail/14700523/

ネットの反応

・まんだらけか…
・守銭奴まるだしだな
・400万なら講談社がメンツにかけて競り落とせよ
 なぜ他人の善意にすがろうとするのか
・貸し出し先での紛失なら貸し出し先の過失じゃね
・法的にはどうなの?
 >まんだらけが盗品と知らずに購入してた場合は基本的に、所有権はまんだらけ。
 >講談者が返還を要求しても現所有者には応じる義務はない。
・所有者が悪意であろうが時効で所有権は移転済みだな
・数百万の価値があるものをタダでよこせとか厚かましすぎんだろ お前らが落札すりゃいいだろ
・盗難ならともかく紛失じゃしかたないな
 >盗難届ならまんだらけも対応していたはず
・本来、まんだらけは買い取った金額で講談社に返すのが筋なんだが中止しないで、そのまま売ってしまったので少し揉めるかもね
・まんだらけくらいのネームバリューがあればサブカルやマンガ文化の担い手のひとつくらいのプライド持った対応してもいいと思うけどな
・出品した以上取り下げできない理由が思いつかない。
・法的な解釈はおいておいて まんだらけのイメージはよくなりはしないな
・テレビかレコード会社の関係者がパクってたんだろな
・むしろこいつらが不買を呼びかけたから逆に価値が上がったのではないか?
・出品者が講談社サイドの誰かで値段釣り上げるために話題作りで騒いでたなら…
・ガキの頃マガジン読んでた時 画が怖くて読めなかったこれ

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 5
    名無しさん 2018/05/13 9:34

    40年か。こないだスカイツリータウンのあしたのジョー50周年展行ってきたけど良かったわ。

  2. 4
    名無しさん 2018/05/11 22:49

    どんな理屈つけても守銭奴としか思えん。

  3. 3
    名無しさん 2018/05/11 20:59

    作家さんに対して敬意みたいなものはないのかね〜

  4. 2
    名無しさん 2018/05/11 20:31

    さすが守銭奴まんだらけ

  5. 1
    名無しさん 2018/05/11 18:37

    なんか釈然としないな…まんだらけの対応

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事