TROUBLE

HEADLINE

RADWIMPS「HINOMARU」批判は言葉狩り!?擁護派コメント続々も…謝罪は「白々しい」の声も

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」は、2018年6月6日に発売した新シングル『カタルシスト』に収録しているカップリング曲だ。

「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり」

との一節から始まり、

「気高きこの御国の御霊」

「日出づる国の 御名の下に」

と歌い上げる。こうした歌詞が「軍歌のようだ」などとして、ツイッターなどインターネット上で賛否を呼んでいた。

ネット上の批判を受けて野田さんは11日、ツイッターに英語と日本語で

「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」

と釈明。曲のコンセプトについて

「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」

と説明した。一方、独特な歌詞については

「日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古典的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません」

と説明。その上で、

「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」

とお詫びした。野田さんの謝罪はツイッター上で、またも議論を呼ぶこととなった。

「自分が書いたものに対して全然わかっていないよな」「このバンドの歌は二度と聴く気がしない」とさらなる批判を招いた一方で、「謝罪する必要はない」との見方も広まった。

ミュージシャンをはじめとする著名人からもそんな声が上がっている。

たとえば、ウルフルズのウルフルケイスケさんは、自身のツイッターで「RADWIMPSの野田君、謝罪する必要なんてないと思う」と投稿。「自由って何?と違和感を感じる」との感想もつづった。《中略》

ミュージシャンの他にも、タレントのフィフィさんは「謝罪する必要あるのかな」と投稿、お笑いコンビ「飛石連休」の藤井ペイジさんも「こんなものは言葉狩りだ」とツイートした。

また、ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の後藤正文さんは

「『言いたいことがあるなら音楽でやれ』という人たちが、僕が書いた歌詞をちゃんと読んで評価してくれたことはほとんどないし、インタビューなどの切れ端を釣り餌にして盛り上がる人たちが音楽をきちんと聞いてくれている手応えも少ない。難しいよね。どうあれ、僕らは利用されがちだよね」

と投稿。その1分後に「今回のRADの件も、アジカンの後藤は何を発するんだというツイートが随分RTされてるみたいだった(略)言いたいことあるなら、自分で言えよ」とつぶやいていた。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2018/06/12331119.html

「擁護論」続々

また、格闘家の那須川天心さん(19)も12日、「なぜ野田さんが謝らなきゃいけないんだ!自分の国を愛して何が悪いんだ!RADWIMPS最高!」とツイートしていた。

さらに15日には、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(25)もツイッターで、今回の騒動に直接言及してはいないが、「クリエイティブなものなのに言いがかりつけて表現できなくなって死んでいくことが悲しい」と投稿。

その上で、「なんでも文句言ってくる姑みたいな大人にだけはなりたくない」と意味深な一言を呟いていた。

「これの何があかんの?」「アーティストから言葉を奪うな」――。こうツイッターで訴えたのは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」で知られる作詞家の及川眠子(ねこ)さんだ。

及川さんは、14日のツイッターで、「『HINOMARU』を聴いた。いい歌じゃん。これの何があかんの? この詞は『命』について歌ってると感じたけどなぁ」と切り出し、「左とか右とか、そういう思想で簡単に縛ってバッシングする。アーティストから言葉を奪うな、と私は思う」と訴えた。

続く投稿では、「なんだか世の中が、アーティストや物書きは思想を持つなというような雰囲気になってきてる」「愛国を歌って何が悪いと思う」との持論も展開した。

謝罪に「白々しい」の声も

こうした擁護意見が出る一方で、野田さんの姿勢を厳しく批判する動きもある。

映画評論家の町山智浩さん(55)は13日、野田さんが謝罪の中で「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました」と言及していたことを引き合いに、

「『いざ行かん 日出づる国の御名のもとに』などと歌っておいて、『なるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるか』と白々しく言うところが、まあ、今のいろんなものと似ていますね」と皮肉っていた。

映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏(48)は同日、野田さんが12日の福岡公演で「自分の生まれた国を好きで何が悪い」などと発言したという観客の報告をまとめたネット記事に触れる形で、

「表向きだけ謝罪のポーズ(あれは謝罪じゃないと思うし、もちろん謝罪する必要なんてない)を示してファンだけを前にしたMCで開き直ることを、自分はダサいと思います。すみません」と切り捨てた。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2018/06/16331522.html

発売日のコメント

「(省略)世界の中で、日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。歴史的、政治的な背景もあるのかもしれません。色んな人がいて、色んな考え方があります。誰の意思や考え方も排除したくありません。

僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしいと思っています。まっすぐに皆さんに届きますように」

謝罪のコメント

「戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも手を取り合いたいです。(中略)HINOMARUの歌詞について軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。

そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。(中略)みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。

(中略)色んな人の意見も聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるのかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。(以下省略)」

「HINOMARU」の歌詞

抗議集会に発展か

今回の騒動を受けて、RADWIMPSのライブ会場の前で抗議集会を呼び掛けるツイッターアカウントも登場。J-CASTニュースでは、このアカウントを通じて抗議の主催側に取材。その意図やバンド側への要求内容などを尋ねた。《中略》

あるツイッターユーザーは謝罪の当日に、神戸ワールド記念ホール(神戸市)で26日に予定されているRADWIMPSの公演に合わせて、抗議集会を実施しようと呼びかけ。その後14日には、「HINOMARUに抗議するライブ会場前アクション」と題した告知用アカウントが登場した。

このアカウントでは、問題となった曲を「2度と歌わない事を求める」などと説明。バンドに反発するユーザーに会場前に集まるよう呼びかけた上で、「(RADWIMPSは)絶対に許されない歌を出してしまいました」とも訴えている。

J-CASTニュースでは14日、この抗議集会の主催側に対し、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)を通じて取材。まず、警察への届け出などは済んでいるのかを尋ねると、「鋭意調整中です」との回答があった。

また、抗議集会を主催する人物の素性については「様々な社会運動の経験を持つ、賛同する諸個人です」と説明。その上で、RADWIMPSおよびレコード会社に対して、

・「HINOMARU」シングルを回収し、廃盤にすること
・ライブなどで2度と歌わない事
・「HINOMARU」の内容と、これまでの釈明が間違っていたと早急に表明すること

を要求していくとした。

一方で、バンドのファンなどからは、抗議集会について「明らかにやりすぎ」「ファンがかわいそう」などと批判や中止を求める意見も続出。こうした否定的な反応が出ていることについて主催側は、

「全ての表現は批評を受けます。抗議行動も憲法で保障された表現の自由です。そして事の重大さは過去最悪です。ですからファンもぜひ一緒に曲を問題にし、やめさせましょう」

と訴えていた。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2018/06/14331406.html

ネットの反応

・なんなんだよこの国は
・ヘイトスピーチじゃないんだから表現の自由くらい守れよ
・パヨクが騒いでるだけ アマゾンでは1位w
・抗議は自由だが、廃盤を求めるのは威力業務妨害
・これは良い踏み絵
・何を謝罪したんだよバカ
・ミュージシャンは反日パヨクと違ってノーマルなリベラルが多いからな
 パヨクの言論弾圧へのカウンターの流れは今後も拡大しそう
・擁護しているメンツがショボすぎる
・擁護も何も いったいこの曲の何が問題なのかがさっぱり分からんわ
・まさかこんなウヨバンドとは
・帰国子女の野田がこの歌を出したのは、あえてそれっぽい層を煽る為にも感じる
・ひどいな 左翼の言葉狩りはほんまやばい
・でもなぜか逆に宣伝になっているw
・俺たちの御霊 笑
・内容はともかく 日本語として不自然な言い回しや
 古語を勉強しないで使っていると思われる節があるので国語としては45点の出来
・オリンピック関連狙いソングのコンペ争いでは? 要するに
・いつものように輪廻の歌詞やんけ 何が問題なんだ
・この歌詞読んだけど普通に神道の話だよね?なんで軍国に結び付く?
・福岡のコンサートでHINOMARUを熱唱したあとに
 「自分の生まれた国を好きで何が悪い!」と絶叫したそうだ。
・これが問題だったら長渕の歌なんか全然駄目だろ
・タイトルの日の丸って言葉に、脊髄反射で発狂するような連中が批判してるだけだし批判してる連中の気味悪さだけが際立ってるよなw
「そのつもりは無かった」なんて自己弁護の虚言を吐き、謝罪しながら、ライブの閉鎖空間では謝罪したはずの相手を批判、中傷。自分の表現にプライドも責任も持っていないミュージシャンだと思うよ
・愛国も糞もワールドカップやからあやかろうってだけの歌だしなあ
 こんなもんまで弾圧するとかほんとどうなってるやか
・音楽や映画など娯楽の表現にまでいちいちクレームをつける行為こそ、戦前の検閲に似てはいないか
・RADWIMPS「HINOMARU」の動画を作りました!

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/06/22 0:38

    (´ι_` )あっそ

  2. 1
    名無しさん 2018/06/19 8:25

    反権力な曲に対して批判が出た時に左翼やリベラルを称するジャーナリスト達は「表現の自由」を“錦の御旗”(←皮肉)に擁護していたのだが、ゆずやRADWIMPSが愛国的な曲を歌うと問題視した。
    左翼的な某ジャーナリストは執拗にTwitterで様々な批判意見をリツイート。
    反日勢力や左翼思想のなりふり構わずの姿勢が先鋭化している。
    愛国潰しの為にはダブルスタンダードなご都合主義に落ちぶれても構わない。
    一貫性の無いジャーナリズムがまかり通る事がこの国の不幸。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事