TROUBLE

HEADLINE

秋元康 ガールズバンドのメンボで「IT社長と結婚したい人!」批判の声に「事実やん」

秋元康氏とワーナーミュージック・ジャパンがタッグを組み、“国民的ガールズバンド”の結成を目指す新プロジェクトがスタートした。その第一期生を募集するポスターの内容がネット上で物議を醸している。

注目を集めているのは、ライブハウスや音楽スタジオの掲示板でよく見かけるバンドメンバー募集のチラシ風ポスター。

「夢は弾いてかなえろ!」というメインコピーの他、「バンドをやりたい人!」「TVに出たい人!」「武道館でライブがしたい人」など、同プロジェクトが求めるオーディションの参加者像をコピーで表現している。

その中に、「IT社長と結婚したい人!」「有名人と熱愛したい人!」というコピーがあったことから、

・男性から評価や見初められることのみが女性の成功や夢だとでも思ってるのか

・完全に女をバカにしてる

・下品極まりない

・音楽好きを随分敵に回すやり口だなぁ

・こういうのでデビューするバンドなんて聞きたいとも応援したいとも思えないですね

などと、批判的な意見が相次いでいる。

一方で、

・男のバンドマン募集に「女にモテたい奴集まれ」と言っても誰も文句言わんだろう

・いろんな動機がある中の一部にそういうのがあってもおかしくない

・今、こうやって広まってる時点で広告としては秋元康の勝ちなんだろ

・そういう人来てって言ってるんだから、そういう人が応募したらいいだろ

といった意見もあり、ジェンダーや広告のあり方においてネット上で議論が紛糾している模様だ。

同プロジェクトは楽曲によるメンバー選抜システムを採用し、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカル、キーボードなど、それぞれのパートに複数のメンバーを在籍させ、楽曲によって選抜メンバーを選出するという。

オーディション参加者の募集にあたり秋元氏は、「可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている」と述べている。

9月4日より始動した第一期生オーディションは、一次審査、二次審査、最終審査を経て、12月23日にZepp Tokyoで最終メンバーを発表。2019年春にデビューを予定している。

[via:ガジェット通信]
http://news.livedoor.com/article/detail/15283891/

秋元康のガールズバンドプロジェクト

秋元康と、ワーナーミュージック・ジャパンが初めてタッグを組んで、今までにない全く新しいプロジェクトをスタートさせる。それは“国民的ガールズバンド”だ。

楽曲によるメンバー選抜システムを採用し、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカル、キーボード・・・それぞれのパートに複数のメンバーを在籍させ、そこから楽曲によって選抜メンバーを選出。

楽器の練習過程、セッションの模様、選抜の過程は各種メディアを通じて可視化させ、ファンと共に個として、バンドとして完成していく、”サクセス・シンデレラ・バンドストーリー”が展開される。

記念すべき第一期生オーディションは9月4日よりスタート。9月4日から10月31日まで一次審査、11月23日から12月2日に二次審査、12月中旬に最終審査を行い、12月23日Zepp Tokyoにて最終メンバーと、バンド名を発表し、2019年春、デビュー予定とのこと。

<秋元康 コメント>

Warner Music Japanの小林和之代表取締役兼CEOから、新しいプロジェクトをプロデュースして欲しいと頼まれたので、「やるなら、バンドがいい」と答えた。もしかしたら、Warner Music Japanはアイドルをプロデュースして欲しかったのかもしれないが、どうせなら新しいことに挑戦した方が面白い。

「カズさん(小林和之氏)、大人数のバンドはどうですか?ヴォーカルもギターもベースもドラムもキーボードも何人も所属していて、楽曲によってチームが編成される大所帯のバンド。こういう曲だったら、あのヴォーカルにこのギターの組み合わせがいいとかってあるじゃないですか?」

会議で僕が提案したアイデアに、

「そんなのないですねえ、面白い!」

とカズさんを初めとするWarner Music Japanのスタッフが乗ったのである。「どうせなら、バンド経験者だけではなく、楽器を弾けない人も参加できるオーディションにしよう」と盛り上がった。

第一弾は、「ガールズバンド」。

これから先、男性のバンドや、混合のバンドも生まれるかもしれないが、新しい試みにすぐ飛び込んでくれるのは、いつだって女の子だ。

可愛いとか、スタイルがいいとかだけじゃなく、個性溢れる女の子が集まって欲しい。楽器が弾けなくたって構わない。これから練習すればいいのだ。何か、熱くなることを求めている人を待っている。

総合プロデューサー 秋元康

[via:BARKS]
https://www.barks.jp/news/?id=1000159392

【関連リンク】
国民的ガールズバンド一期生全国オーディション

ネットの反応

・的確すぎたんか?
・実際こういう女が多いから 事実やん
・何この手書き広告は
・武道館満員にするとかじゃあかんかったんか?
 >武道館よりはIT社長のが釣れるやろ
・まんさんいつも秋元にぶち切れてるな
・秋元グループって恋愛禁止ってことになってるんちがうの?
 >このグループは恋愛OKや
・炎上商法うまいなあ 向かうところ敵なしやん
・秋元がプロデュースすればある程度売れるしええやん
・大人の思惑が入りまくったガールズバンドなんてロクなものにならない。
・バンドやる女の人はバンギャの延長で好きなバンドマンと繋がりたいからやってるんだからそっち方面で書こうよ
・横山健だってちょっとテレビ出たらマギーと不倫んだし
・真面目にバンドやりたい人お断り肉便器求む 正直じゃん
>楽器が弾けなくたって構わない。
・真面目にバンドやったり、プロ目指してる奴らは、馬鹿馬鹿しくなるだろうな
・楽器は出来なくてもフェラは出来るだろ
・ももクロもベビメタも失速してるのにようやるわw
・秋元って全部当ててるみたいなイメージが強いけど むしろハズレのほうが多いんだよね。
 >秋元康の凄いことは失敗も多いけど兎に角、数多く打席にたっていること
・セックスピストルズも、自発的ではなく洋服屋が主導してて、楽器を弾けないイケメンでも入れてたしコンセプトは間違えてはない
・アイドルの次はバンド・・・秋元が荒らす荒らすw
・Twitter撮影者の顔写ってて草

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/09/11 6:38

    バンギャの延長•••爆笑••いったい何時代のネタなんだよ!?今時そんなやつ西日本嬢メタしか居らんし•••
    ももクロっていつからバンドになったん!?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事