TROUBLE

HEADLINE

なぜ!?誰得!?カルロス・ゴーン被告 偽装!?変装保釈劇の裏舞台w作業服コーデは残念ミスマッチ!?

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が6日、保釈保証金10億円を納付し、東京拘置所から保釈された。

昨年11月19日の逮捕以来、108日ぶりに姿を見せたゴーン被告は、まさかの作業服姿。報道陣があっけにとられる中、待機していた軽ワゴン車に乗り込み、都内の弁護人事務所に移動する前代未聞の“変装脱出劇”を繰り広げた。


ダミーの黒ワゴンとまさかの本命軽ワゴン

ゴーン被告の妻子とみられる人物が拘置所に到着してから約1時間後。一般面会者の姿が見えなくなった午後4時半、拘置所の玄関から不自然な一団が姿を見せた。

囲まれているのは、反射テープの付いた作業服を着用し、青い帽子に白マスク姿の眼鏡をかけた男性。200人以上の報道陣のほとんどが「まさかね…」と思ったその男性こそ、変装したゴーン被告だった。

戸惑いながらもシャッターを切るカメラマンのフラッシュを気にすることなく、ゴーン被告は移動車両の「本命」と目されていた黒のワゴン車を一瞬、右手で指さし、乗車する車両を確認。

しかし、関係者に促され日産でもルノーでも三菱でもない、スズキの軽ワゴン車「エブリイ」の後部座席に体を滑り込ませた。

「あれ、ゴーン被告じゃない?」「変装してるんじゃ…」。ざわめく報道陣を横目に、黒のワゴン車は全く発車するそぶりがない。「もしかしてシルバーの方か?」。

その後、作業服姿の男性がゴーン被告だったと判明すると、カメラマンからは「そこまでやるか!」とため息が。追跡のため用意されたオートバイは、数分遅れて全15台ほどのうち半数があわてて出発した。

約1時間後、シルバーの軽ワゴン車は、千代田区内にある弁護人の事務所へ。車を降りたゴーン被告は帽子やマスクを外していたが、やつれたようにも見えた。

軽ワゴン車は「春日部」ナンバー。後部座席に段ボールが積まれ、屋根には脚立が載せられていた。同乗した運転手ら2人も作業服姿で、工事関係者を装う念の入れよう。

車体には「塗装・防水」などとうたった会社のステッカーが貼られていたが、こちらは埼玉県内に実在する会社のものだった。

関係者によると、変装は弁護団の提案。作業服も保釈に合わせて差し入れられたとみられる。法曹関係者は「前代未聞。これまで聞いたことがない」と驚きを隠せなかった。

元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「どういう意図があるのか、理解に苦しみますね」と疑問を呈した。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000000-sph-soci


ゴーン被告の妻はスーツを持参したが…


保釈前に同じ作業着コーデの人物が拘置所内へ…

弘中弁護士「テレビ見てびっくり」

弁護人の弘中惇一郎弁護士が7日、記者団の取材に応じ、「長期勾留の状態で裁判をするのはアンフェアだ。制限付きだが、裁判所が保釈を認めたことは非常によかった」と話した。

保釈の際、前会長が作業着姿に変装していたことについて、弘中氏は「ゴーンさんと現場にいた弁護士のアイデアだったと思う」と話し、「テレビを見てびっくりした」という。

「無罪を訴えるならもっと堂々との意見もあるが、ユーモラスでいいという考え方もある」と語った。

ゴーン前会長は保釈後、事前に定められた都内の住居で、来日した家族と過ごしているとみられる。弁護団は今後、会見の時期や内容、弁護方針などを協議する。

[via:朝日新聞デジタル]
https://www.asahi.com/articles/ASM373HH2M37UTIL005.html

作業服コーデはミスマッチw

報道陣から「エエッ!?」という声がいっせいに上がり、生中継をテレビで見ていた国民もビックリだっただろう。

黄色の反射材がついた紺色の作業員服に、青い帽子と大きなマスク、メガネといういで立ちで、乗り込んだ車は日産ではなくスズキのシルバーの軽ワゴン車で、車の屋根に作業用のはしごが載っていた。《中略》


窓ガラスには埼玉にある塗装関係の会社「(株)仲村工業」のステッカー

練馬区の作業服専門店の中島紳浩さんによると、ゴーンが着ていたのはジーベックというメーカーの作業服で、建築土木関係で良く着られている。

XEBECのブルゾン
胸元には「なんとかハウジング」の刺繍入

稲妻マークの入った帽子は、電気設備を扱う会社の間で定番のものだ。ちなみに一式9528円。

工場用作業の八角帽


稲妻マークは日本電装(株)のロゴで非売品

「建設屋さんの作業服に電気屋さんの帽子でちょっととんちんかん。素人の人が寄せ集めで着せた感じがあります」と中島さんは話す。

ミドリ安全の反射タスキ!?

「なぜうちの帽子を」と困惑

この帽子は、埼玉県川口市で鉄道車輌の製造や組立、整備などを行う「日本電装株式会社」のものだった。

BuzzFeed Newsの取材に応じた同社の担当者によると、ゴーン被告が被っていたものは、3年ほど前まで使われていた作業服の布帽子だという。

「今はヘルメット着用に変わったため、使われていません。なぜいまになって、ゴーン被告が被っていたのか、まったくわからない」

6日、ネット上でゴーン被告の保釈のニュースを見た社員が帽子に気づき、発覚したという。広報担当者も「あっ、と。なぜうちの帽子を、と思いました」と当時の驚きを語る。

1950年創業の日本電装の主な取引先は、東武鉄道や京王電鉄だ。日産やルノーとの資本関係も、取引も一切ない。ゴーン被告側からの連絡は特になかったといい、担当者は、困惑を隠さない。

[via:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/nissan-nihondenso]

NYタイムズも苦笑
「まるで交通指導員」

この変装を世界はどう見たのか。アメリカのニューヨークタイムズ紙は「まるで交通指導員の制服のような変装」と報じた。

また、映像を見たパリ市民は「変装なんて彼らしくない」「彼が本当にあの恰好を選んだの?」と苦笑した。

フランス人記者の西村プペカリンさんも「想定外です。ゴーン被告は自分のイメージを異常に意識している人。フランス人にとってはありえないことです」と首をかしげた。

住田裕子弁護士は「きのういろんな弁護士と話をしましたが、みんなこの変装にはびっくりしていました」といい、変装はゴーン本人の意志か弁護人がアドバイスしたのではないかとみる。

[via:J-CASTテレビウォッチ]
http://news.livedoor.com/article/detail/16122634/

「残念!フリが甘い」

加藤浩次が7日、「スッキリ」で、まさかの変装で東京拘置所を後にしたカルロス・ゴーン被告について「フリがちょっと甘かった」と残念がった。

番組冒頭「正直笑ってしまった」という加藤、更に「ゴーン陣営間違ってると思う」と切り出し「黒塗りワゴンとシルバーワゴンあったじゃないですか?黒塗りワゴンにゴーンさんっぽい体形の人が顔を隠してサササっと(黒塗りワゴンの方へ)いかないとフェイクにならないのよ」とお笑い芸人らしい指摘。

加藤はゴーン被告に似せた人が先に登場して黒塗りワゴンに向かい、カメラを引きつけている間に変装したゴーン被告が軽自動車に乗りこむべきだったと主張。

「その前のフリがないから、え?なんだ?あれおかしいな、寄ってみたら絶対ゴーンさんだよってなったから(バレた)。フリというか流れが甘かったかな」とコメントし残念がった。

近藤春菜も「私もちょっと、変装失敗したかなって。加藤さんが言ったようなフリがあっていくなら分かるが、この格好したゴーンさんの周りをすごい(人が)囲んでいる。普段は(作業着を着た人を囲むことは)ないと思う」と甘かったと指摘。

加藤は「そう。それに何も持ってないからね。脚立でも持っていれば顔隠せたんだろうけど」と残念がっていた。

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/16122280/

ネットの反応

・今年のハロウィンはこれしかないと思う。
・弁護士もちょっとどうかしてるわ
・でもあれだけでも報道陣はコロッと騙されたからな。
・TBSは見事に騙されてたなw
 >まぁ、TBSは置物のミミズクを本物と間違えるくらいの節穴の持ち主だからな
・うまくいったじゃないか 一瞬誰か分からない、微妙な方がいいんだよ
・どうせ変装するなら、取り巻きと同じ格好にすれば良かったのに。ひとり違うから滑稽。
・無実なら姑息なまねしないで堂々と出てくりゃいいのに
・「私は偽装しました」って自白してるようなもの 悪手で印象悪くしただけ
・この変装考えた奴そうとう間抜けなんだろうなw
・弁護士のアイデアならこれから先の弁護が見もの
・入手方法聞いてみたいわ。
・大阪道頓堀で早くも同じファッションの人を見た
 >それ工事のオッサンズ
・あれ、無断使用だったのかよw
・目力が凄いw コスプレのセンスは好き
・変装してもあの目つきだけは隠せないもんだな
・次のコミケのコスプレに決定!
>日本電装株式会社
・日本変装株式会社だろ!
・テレビでの宣伝効果絶大
・ゴーンは鉄オタだった説
・ゴーン記者会見で「日本電装」のCEOに電撃就任を発表。
・ビジネスチャンスやろうがネットで売ればいい
・なんちゃらハウジングはどこなんだろう
・会社の制服を、会社を辞めた後にロゴが入ったまま使用したら犯罪
・制服(制帽)って、なりすましによる犯罪の可能性があるからきちんと管理しないといけないって話ですわな
・108日間のゴーンって、除夜の鐘じゃあるまいし。
・手を振るぐらいの余裕が欲しかった やっぱエスプリのフランス人じゃ無くてレバノン人だわ
・明らかにフランス流だよ 悪い冗談にはファンキーな冗談でお礼返しする
・この偽装が事件の金の流れを偽装して流用に繋がるギャグじゃないのか
・出所祝いのパレードかな?

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2019/03/07 22:45

    変装のクダリを朝や午後のワイドショーが扱うなら理解出来るが、夜のニュース番組でまでメインのネタにするのは日本の報道と、それを観ている国民の程度の低さがよく表れている。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事