TROUBLE

HEADLINE

【文春】NGT48メンバー内部告発「ベテラン5人が自白」現存チームは解散、AKS社長が信じられない発言も

アイドルグループ「NGT48」山口真帆(23)の暴行事件を受けて、4月に入り、「週刊文春」記者のもとに同グループの若手メンバー・A子さんから内部告発のSOSが届いた。

A子さんによれば、4月5日、NGTメンバーらによる全体ミーティングが開かれたという。参加条件は「今後もやる気がある者」(運営側通達)とされたが、山口ほかメンバー2名は不参加だった。

「最初に携帯を没収され、円く輪になって並び、古株を中心に話し合いがスタートしました。が、グループで唯一真帆さんと連絡がとれているメンバーが、『真帆ちゃんがいないのに前に進むべきじゃない』と訴えた」(A子さん)

そして、「まるで学級会の犯人捜し」(同前)が始まったという。

「『事件には関係ないけど』という前置きをした上で、ファンと繋がっていたベテランメンバーが挙手していました」(同前)

結局、正規メンバー5名が名乗り出たという。山口の帰宅時間を教えた研究生メンバーと既に処分されている元メンバーの名前も上がった。

「本音を言えばもうグループを続けていくモチベーションはありません。仕事は握手会しかなく、SNSやショールームでの発言は制限されていて、私たちは何もいえない」(同前)

4月11日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんの告発により明らかとなったNGTメンバーの“緊急学級会”について詳報する。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/11424


㊧太野彩香 ㊨西潟茉莉奈「私は関与しておりません」

辞めたら犯人認定されてしまう

さて「文春」でA子さんは、AKS社長・吉成夏子氏との面談および、4月5日に新潟市内で開かれた全体ミーティングについて明かしている。

本音ではもうグループを辞めたいが、今辞めればこの事件を追っているネットユーザーらによって、犯人とつながりのあった“疑惑”メンバー認定されてしまう可能性があり、辞めるに辞められないのだという。

もう辞めたいのであれば、よりによって週刊誌記者にアポイントを取り匿名で告発するのではなく、運営に制限を命じられているというSNSなどで発信すればいいとも思うが、ともかくA子さんは全体ミーティングの様子を<まるで学級会の犯人捜しだった>として、同誌にその様子を語っている。

たとえば<ネットで一番叩かれているメンバーは『本当に違うから』と否定>し、他に疑われている二名も<『(SNSの)DMを返したことがある』>だけだと主張していたそうだ。

実名で登場しているのは中井りかで、ファンと恋愛関係ではなかったと釈明したという。一方で、<役職についているリーダー格のメンバーにもファンとの交流歴があった>としている。緊急学級会に山口真帆は不参加だったそうだ。

運営ではなくメンバー個人の問題!?

この「文春」記事への疑問は大きく2つある。ひとつは、この事件をAKSの問題ではなく、あくまでもメンバー個別の問題に帰そうとしている点だ。

<役職についているリーダー格のメンバーにもファンとの交流歴があった>という証言は、チームキャプテン・副キャプテンの本間日陽、加藤美南、荻野由佳のいずれかを匂わせるものとなり、“犯人捜し”を助長する。

そして最後に、同誌記事は「学級会を欠席した山口の動向が注目される」と締めている。徹頭徹尾、メンバー個人の問題にしようとしているように読めてしまう。


AKS社長 吉成夏子氏

AKS社長が信じられない発言

もっとも驚くのは、AKS社長・吉成夏子氏が面談で<今も事件のことをグチグチ気にするなら辞めてもらって構わない>と発言したとの記述があることだ。

もしこの言葉が事実だとすればだが、事件を究明せず過去のことにしようというAKSの姿勢が如実に現れた言葉である。しかし同誌は一切そこを追及していない。

はっきり言ってこの事件の根深さは、「犯人とつながっていたメンバーは誰か」などということではなく、なぜAKSが「この事件を隠蔽しようとしたか」というところにある。

複数のNGTメンバーが住む寮にファンを名乗る男らが侵入し、部屋まで借りていたというのに、山口真帆が1月に告発するまで、この事案は公表されなかった。なぜなのか。

ネットでも“悪いメンバー”を決めつけ叩く風潮が加速しているが、メンバー個人に責任を押し付けてはいけない。

ファンと「つながった」メンバーにも、「つながる理由」があったのではないか。その動機こそが、明かされてはならない事件の本質なのかもしれない。

[via:WEZZY]
https://wezz-y.com/archives/65071

NGT48現存チームは解散

アイドルグループ・NGT48が11日、グループの公式サイトで、現存のチームを解散し、新たに全メンバーを1期生と研究生に分けて再スタートを切ることを発表した。

NGTの運営会社であるAKSの関係者によると、チーム解散は、支配人の早川麻依子氏らスタッフとメンバーが話し合いを行い、決定した。

理由としては、現状でグループの人数が不足しており、チームの維持が困難であることと、一度体制をリセットして、メンバー一丸となって改めてやり直したいというメンバーの意志があったという。

現存するチームN3とチームGは、21日に新潟市のNGT48劇場で「千秋楽公演」を行う。

山口は現在、チームGの副キャプテンを務めているが、千秋楽公演の出演メンバーについては「決定次第ご案内申し上げます」としており、山口の出演および今後の活動については未定となっている。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/22/0012169355.shtml


チームNIII[10人]
荻野由佳 柏木由紀 加藤美南 佐藤杏樹 清司麗菜 高倉萌香 太野彩香 西潟茉莉奈 西村菜那子 山田野絵


チームG[11人]
小熊倫実 角ゆりあ 日下部愛菜 菅原りこ 中井りか 中村歩加 奈良未遥 長谷川玲奈 本間日陽 村雲颯香 山口真帆

ネットの反応

・ついに山口を切りにきたな
・本音でたあ!
・こんなことが言えるのもアイドルオタクが絶対に離れないとわかってるからさ
・ゼロから出発というのは、一度解散すれば良いという事ではない むしろ逆効果だろう あまりファンを舐めない方が良い
・解散じゃねーじゃん 黒メンバー残るんだから単なるシャッフルじゃん
・ゲームオーバーになりそうだからリセットボタン押しただけ
・文春の言うことなんて信用できるかよw
・何が学級会だよ気持ち悪い
・何にも変わってねーw ダメだな、こいつら
・まずはAKS解散が妥当。
・だからさぁ、山口さんの進退や心境を真っ先にもってこいよ もはやNGTの進退なんてのは山口さんの二の次なんだよ
・解散してでもトカゲは守りたいのね
・山口ガリガリ卒業ぎゃはは byトカゲ
・メンバー入れ替えで、運営は高みの見物か かなりの悪だなw
・問題はチーム制度とかではない。ハンター集団とつるんでいた不良メンバーと今村を処分しない限り問題は解決しない。
・悪者残して名前変える民主党みたい
・味噌と糞混ぜる カレーと糞混ぜる どっちも糞にしかならないのではw
・ハッキリ言えよ 太野とか、山田、西潟とかは結局どうなるんだ?
・山口は1期生として残留という報道&記事もあるけど公演には出ないだろうね
 >今リリースしたら、いろいろとマズイ事を喋られるからな。
・いつまで本質から逃げ回るつもりなんだか、それを避けては通れないだろうによ。
・気持ちが既にバラバラになってるメンバー達を、運営の大人達が無理矢理に手を繋がさせて和解させようとしてるような感じ。
・問題のあるメンバーを解雇し、被害者が再び活動できる環境を整えることができないなら、永久に活動は停止してていい。

山口真帆 20日ぶりツイッター反応

NGT48の山口真帆(23)が12日、自身のツイッターで、11日に発表されたNGTの“再編成”案に反発していることを示唆した。

山口のツイッターは同日、一般人とみられるツイートに「いいね」で反応した。

当該ツイートは、11日にNGTの運営側が発表した、現存チームを解散し1期生と研究生で再出発を図る方針について、運営が山口ら一部を除いたメンバーに一方的に通告したと推測している。

山口は3月22日、新潟市内で行われたNGTの運営会社・AKSの会見中、その内容を否定し、運営側を非難するツイートを連発。その後はツイート、リツイート、「いいね」とも行っていなかったが、20日ぶりに示した反応で、改めて運営側との溝が深いことを浮き彫りにした。

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/16305515/

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/04/14 5:36

    酷すぎ

  2. 2
    名無しさん 2019/04/12 7:29

    それは言ってやるなよ。
    この内容で被害届下げられたら流石に手は出せんよ。
    でもまあ、このリセットで何とかなると思ってる辺り本格的に終わってるな。
    これで山口さん消えたらイメージ悪すぎてどこもスポンサーできんだろこれ。

  3. 1
    名無しさん 2019/04/12 7:15

    最初から新潟県警が容疑者を取り調べてれば誰と繋がってたのか分かったのに。
    新潟県警まじ無能。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事