TROUBLE

HEADLINE

川勝正幸さん突然の死去に悲しみの声相次ぐ

音楽や映画などサブカルチャーについての多くの著作を手がけた編集者・ライターの川勝正幸さんの死去が報じられました。

川勝正幸さん自宅の火災現場
報道によると死因は、31日午前2時過ぎ、自宅マンションでの火事。搬送された病院で死亡が確認されたそうです。

この突然の悲報を受け、川勝さんと交流のあった吉田豪さん、大根仁さん、水道橋博士さん、いとうせいこうさんらがTwitterでコメントを寄せています。皆さん「川勝さん…。火事…。言葉がない。」(水道橋博士のTwitterより)など、驚きの言葉が多く、未だその事実を受け入れきれない様子。

川勝正幸さんと言えば、音楽、映画、テレビ番組、漫画、雑誌、アートなどジャンルから気になった物をピックアップしメディアに紹介。自らを「ポップ中毒者」と称し、多くの出版物、コンテンツに携わり、テレビ番組では『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)などにも出演していました。

また、劇団「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチが1983年に設立し、筋肉少女帯、たま、人生(電気グルーヴの前身)らを輩出したインディーズ・レーベル「ナゴムレコード」の創立を援助したり、スチャダラパーをメディアに初めて紹介するなど音楽業界にも大きく貢献しています。

1996年の川勝さんの『ポップ中毒者の手記 約10年分』は15年以上の時を経てもポップ・カルチャーの何たるかが楽しく読みながら分かる名著。現在は手に入りづらくなっていますが、Amazonのマーケットプレイスなどに出品されているので、気になる方はぜひチェックを。

現在もカルチャー雑誌でいくつもコラムを手がけており、発売中の雑誌『映画秘宝』、『TV Bros.』にも寄稿記事が掲載中。フォロワーが多く、川勝さんに影響を受けた人は数知れず、今後のさらなる活躍が期待されていただけに55歳の死はあまりにも早すぎたと言えるでしょう。[ガジェット通信]
http://getnews.jp/archives/165363

川勝正幸氏
川勝正幸氏は、1956年福岡県博多生まれ。中央大学法学部政治学科卒業後、1980年にモス・アドバタイジングにコピーライターとして入社。

1985年同社を退社し、フリーランスとして活動をスタートした。1987年には共同で事務所「トーテムポール(後のドゥ・ザ・モンキー)」を設立。

音楽や映画など、ポップ・カルチャーを得意分野に活動を続け、2000年には東京大学で「ポップ・ウィルスの浸透と拡散(通称ポップ・ゼミ)」の講師を務めている。

2002年に川勝プロダクションを設立。主な著書にコラム集「21世紀のポップ中毒者」等、編著書には「勝新図鑑 -絵になる男・勝新太郎のすべて-」やデイヴィッド・リンチ監督作「インランド・エンパイア」劇場用パンフレットなどがある。

なかでも、「丘の上のパンク -時代をエディットする男・藤原ヒロシ半生記-」は取材・執筆・編集に5年を費やしたとして傑作で、出版から1ヵ月経っても予約待ちとなるほどの人気を得た。[Fashionsnap]

http://www.fashionsnap.com/news/2012-01-31/kawakatsu-masayuki/


川勝正幸 藤原ヒロシ スチャダラパー


いとうせいこう
「招待をいやがって自分でチケット取って最前列で俺たちを見ていてくれた。四半世紀以上前から。一番前に座ってる大向こうの客だった。」

町山智浩
「今、日本からの電話で知りました。川勝正幸さんには、妹も柳下も田野辺くんも僕らの仲間全員本当に本当にお世話になりました。今、これを書いてていろいろ思い出して涙が溢れて困ってます。しじられません」

「セシルBシネマウォーズって映画のパンフの仕事を川勝さんから受けて僕が書いた原稿を配給会社の人が気に行ってくれなくてボツにすると言い出した時、川勝さんは「町山くんの原稿をボツにするなら私が降りる」と言って本当に降りちゃって、誰よりも温厚なのに男気のある人でした」

柳下毅一郎
「「宝島」に載っていたデニス・ホッパー映画祭のボランティア募集の告知を見て、川勝さんに電話をしたのがすべてのはじまりでした。今あるのはすべて川勝さんのおかげなんです。ああ、もう、どうしよう。」

常盤響
「川勝さん、思い出がありすぎて頭の中がごちゃごちゃになってる。こないだ久しぶりに長時間話し込んで色々計画したのに・・・・・・」

藤原ヒロシ
「カルチャーを語る、語ってくれる最重要な人が他界した。残念でならない。」

滝沢伸介(NEIGHBORHOOD)
「朝一番、川勝正幸さんが亡くなったという事を聞きました。若い頃から現在まで、大変お世話になっていただけに、信じられない気持ちと、本当に残念な気持ちです。ご冥福をお祈りいたします。」

坂本龍一
「川勝さん、R.I.P.」

高橋幸宏
「えーーーーーーー!川勝君!?そんなのって,,,」

小山田圭吾
「川勝さん….本当にいろいろお世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。」

松尾スズキ
「川勝さんは、まだ無名だった俺たちを世間にたくさん紹介してくれました。まだ御恩返しができてる気がしないよ。ショックです。」

佐野史郎
「川勝正幸さんが亡くなられた・・・。自宅のマンション、失火が原因だそうだ。55歳・・・やりきれない。「はっぴいえんどBOX」の選曲、解説の際には特にお世話になった。最後にお会いしたのは1月13日、遠藤賢司さんのLIVEで。ご冥福をお祈りいたします。」

杉作J太郎
「稲村ヶ崎ロケに向かう途中、戸塚のかっぱ寿司で遅い朝食になった。「ぼくは食べてきた」と言ってた川勝さんだったが初体験のかっぱ寿司に興奮。お茶をひっくり返しながら五皿ぐらい食べられただろうか。全ての記憶が柔らかく暖かい。川勝さん。本当はいままだ言葉になりません。ご冥福をお祈りします。」

川勝正幸
川勝正幸
「人間の死は2回ある。一つは、肉体的な死。もう一つは、人々の記憶から消えたとき。確か、メキシコの古い言い伝えに、そういう意味の言葉があったと記憶します。江戸アケミさん、ギムラくん、青木達之くん……そして自分の父。僕は彼らが天国へ行ってから、彼らから多くの事を学んだ。」

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 9
    名無しさん 2012/02/04 8:52

    昨日DIGで特集やってたな
    まあ最近の若いのは知らなくても無理はない
    俺も知らないのだから…

    244

  2. 8
    名無しさん 2012/02/02 15:22

    最後の死は2つあるってやつに悲しみを感じた

    何か深い言葉や文化を伝える人が亡くなるのは悲しいな

    お悔やみ申し上げます

  3. 7
    名無しさん 2012/02/02 9:20

    名前欄にかいてもた

  4. 6
    名無しさん 2012/02/02 6:16

    そういや最近川藤幸三見かけなくなったな〜と思ったら…

    と思ってしまった

  5. 5
    名無しさん 2012/02/02 6:10

    誰だよ

  6. 4
    名無しさん 2012/02/02 3:25

    ご冥福をお祈りいたします

  7. 3
    名無しさん 2012/02/02 3:25

    ご冥福をお祈りいたします

  8. 2
    名無しさん 2012/02/02 3:22

    コメント少ないの寂しいね

  9. 1
    名無しさん 2012/02/01 22:39

    野球の川藤かと思ったら、え?誰だよって感じ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事