TROUBLE

HEADLINE

ビートたけし「許さねえ」法的措置へ 週刊新潮「愛人が汚す晩節、絵画売却話とギャラ1.5倍要求」

タレントのビートたけし(72)が所属する芸能事務所「T.Nゴン」が20日、報道各社にファクスを送信し、同日発売の週刊誌「週刊新潮」の掲載内容について「このような当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております」とコメントを発表した。

コメント全文は以下の通り。

報道関係各位

本日発売の「週刊新潮」に掲載の、当社所属タレント ビートたけしに関する記事において、ビートたけし及び当社役員らが、長年良好な関係にあった関係者を困惑させるような無理な要求をしたり、理不尽な理由でお付き合いを終了したり、テレビ局に対して出演料を1・5倍にするよう要求したなどの内容が報じられておりますが、いずれも事実に反する内容であり、なぜこのような報道になるのか驚いております。

当該記事において当社が関係を終了するなどとしたとされているヘアメイク、整体師及び喫茶店経営者らは、いずれも現在も良好な関係にある方々であり、この度各人に確認したところ、「週刊新潮」からは取材も受けていない、又は取材を受けた際に良好な関係を説明したにもかかわらず説明と全く異なる内容が書かれた、などの証言を得ております。

また、当社がテレビ局に対して、出演料を1・5倍にするよう要求したとの事実も一切ありませんし、そもそもテレビ局に対してそのような要求することはあり得ないことだと考えております。

さらに、本件記事中において、ビートたけしと親しい関係にあるというテレビ朝日元プロデューサー皇氏のコメントが掲載されていますが、同氏とお仕事上のお付き合いがあったのは30年以上前のことで、その後はサウナで数回偶然にお会いした程度でした。

昨年楽屋でお会いした際には、週刊新潮の取材に対し勝手なコメントをしてしまったとのお詫びの言葉を頂いたのであり、記事に記載の会話は全くございません。

当社としては、このような当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております。

令和元年6月20日

株式会社 T.Nゴン

[via:スポニチアネックス]
https://news.livedoor.com/article/detail/16648457/

指摘された週刊新潮の記事

愛人が汚す「ビートたけし」の晩節 周囲を困惑させる絵画売却話と“1・5倍ギャラ要求”

このたび、夫人との離婚成立が明るみに出たビートたけし(72)。かねてより存在が報じられていた18歳年下の愛人との「老いらくの恋」に、周囲は困惑を隠せない。国民的スターのカネをめぐり、こんな“実害”も生じているのだ。

東京・銀座の、とある喫茶店。店を取り仕切る老婦人とたけしは長年の付き合いがあり、店内にはたけし直筆の絵が何枚も飾られている。ところが最近になり、たけしの所属事務所「T.Nゴン」から、絵を引き揚げると告げられたという。

「たけしさん自身に思うところはないんですが……。勘弁してください」

老婦人はこう語るのみだが、たけしを知る芸能関係者は “愛人が、絵を売って金にしようとしているんです” と解説する。

「3年前、銀座の老舗デパート『松屋』でたけしさんの個展が開かれ、絵の価値が上がったから、売り時と考えているんだそうです。たけしさんもその気になって、『描いた絵を全部売れば数十億円になる』と豪語しているとか」

さらに、テレビ出演のギャラをめぐっても、愛人の影が垣間見える。現在、1本300万円程度が相場とされるたけしのギャラだが、

「昨年の独立後、それを1・5倍にするよう要求してきた。愛人の意向としか思えないが、『テレビ不況』が長引いているなか、到底飲むことはできない。『これまでうちの番組ではこの額でやってきていただいていますし……』と言って、何とか要求をはぐらかしています」(民放キー局の社員)

背景には、100億円とも200億円とも言われるたけしの財産を、離婚協議で夫人が勝ち取ったことがあるという。

「今後たけしに稼いでもらわないと愛人にとっての旨みはなくなってしまう。だから、ギャラの引き上げや、絵の売却を進めているんでしょう。

周囲の人は皆、彼女に振り回されるたけしを心配しつつも、聞く耳を持たない彼に誰も直言できず困っているようです」(芸能記者)

たけし側は、週刊新潮の指摘を〈事実に反する内容〉と否定するが……。

ヘアメイクやスタイリストなど、長年連れ添ってきたスタッフたちが、次々とたけしの元を去って行っているとの証言もある。国民的スターが汚す晩節。6月20日発売の週刊新潮で事態を詳しく報じる。

[via:「週刊新潮」2019年6月27日号]
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06191700/


幹子さん[1987年9月]

前妻200億財産分与を否定

タレントで映画監督のビートたけし(北野武)さんの元妻、幹子さんは18日、「武氏の資産が100億円ないし数百億円もあり、それらの(ほぼ)全てが幹子氏に分与された」とする一部報道に対し、「事業経費の支出や税金の負担、生活費の支出などもございますので、(一部で報じられた)規模の財産が現存するという事実はありませんし、それらの『(ほぼ)全て』が幹子氏に『分与』されたという事実もございません」と、顧問弁護士を通じて反論した。

たけしさんは15日、自身が出演する生放送の番組「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。幹子さんとの離婚について、「お金を取られた~」「(離婚後に残った)財産は家だけ」などと発言していた。

これらの発言に対し、幹子さん側は「これらの発言内容は、当方の認識と全く異なります」と主張。

そのうえで、「確たる根拠に基づかない憶測での報道や、武氏のジョーク・誇張表現を真に受けたような一方的な報道はお控えいただきますようお願い申し上げます」と報道各社に要望した。

[via:THE SANKEI NEWS]
https://www.sankei.com/entertainments/news/190618/ent1906180012-n1.html

ネットの反応

・そこは殴り込みだろw
 >軍団のいない現在では無理
 >むしろ覚悟決めたたけし一人が来る方が怖い
・ここは形だけでも襲撃をとるべきだろ、軍団従えて
・襲撃事件をネタにして笑いで返せばいいのに
・たけしと新潮社は仲良かったはず。
・先週の情報7daysで連載していた同じ会社が俺の悪口書きやがってと言っていた
・俺の本で相当儲けたのに嘘しな書かない出版社があるって言ってたけどここか
・そうそう、俺に印税払いながら俺の悪口書いてやがるとか言ってた 冗談じゃなかったんだな
・テレビがたけしが激おこしてたからこれはガチで裁判しそう。普通ならスルーそうだけどやるって言うんだからやるんだろ。
・あちゃー これやっちゃうとたけしが一気にカッコ悪くなるのに
・東スポやらで芸能や政治のこと好き勝手言ってるくせに、いざ自分のこと書かれたら法的措置ですか…
・そういうの好きに書かせとくのがたけしだったんじゃないの?
・法的措置取ってから発表しろw
・法的措置をとるといって とったことがない
・警告みたいなもんかな
・本当に訴えてしまうと事実が法廷で暴かれてしまうから
・出版社なんて裁判負けても巻末に小さくお詫びすればいいだけだからあまり痛くないと元文春の人が言ってた
・松本人志も訴えてほとんど勝ってるけど50万円くらいと少し謝罪文書いて終わりだから 裁判費用とかその他の面倒を考えるとスルーした方がいい
・それでも記事だしたってことは埋めの飛ばし記事じゃなくて自信あるんだろうな
・週刊新潮、どこぞの資金入れて侵食されて、ズブズブで…。もう駄目だね。
・たけしといい太田といい、毒舌売りにするやつに限って器が小さいよな
・かつて天下を取った男がこうなるのか…… なんか晩年の秀吉という感じが
・人の悪口誹謗中傷して金を貰ってるテレビ芸人が自分が誹謗中傷されたら訴えてやるってか?
・自分への中傷ってよりは愛人や銀座の喫茶店とか知人のためなんじゃないかな
・愛人は俺が守るみたいな感じかな いいとこ見せたいんだよ
・吉田豪の件もだけど自分の悪口には敏感だなw
・根も葉もない事書かれて泣き寝入りしなきゃダメなのかよ
・これが普通だよな 闇迫はなんで訴えないんだろう
・むしろあのflash放置する吉本のヤバさということになるよな
・名誉毀損で200億円取り返す!
・これも愛人が指示してんの?
 >家族の次は友人か 典型だな
 >実際、今のたけしって愛人通さないと仕事依頼できないって言ってたぞ
  >誰が言ってたの?そしてどうしてそれを信じてるの?
 >そういうのを簡単に鵜呑みにしてしまう人がいるから訴えてるんだと思う
・ここまでやったらもう、芸人じゃねえな…
・「うちのねえちゃんががめつくて、馬車馬のように働かされてんだよw」なんて愚痴る関係性だったらいいがゴンちゃんについて一切触れないのは薄気味悪すぎる
・なんだか、今の女性とつきあったから銭ゲバ調の話ばっかりの印象
・ゴンで仕事する様になったら途端に小者・安っぽくなっちゃった。ひょうきん族から見てる中年にはちょっと残念。
・今回の愛人に関しては極端にナーバスになってるよな(笑)
・正直BIG3はもう隠居してもいいかな
・たかじんみたいな最後を迎える予感しかしないw
・えみごんと呼ばれていて妾の子なんだがその母親が中学時代に男を作って蒸発。中卒でホステス稼業。
ホステスと愛人業を繰り返しラブホテル王の愛人に。ラブホテル王が普通のホテルを神戸にオープンしてそこで働く。
たけしはそこを関西で常宿にしていたことから親しくなってラブホ王からたけしに乗り変えた。言いかえればたけしがタニマチのお古を貰った形。なぜか松尾の紹介ということにされているが。
知り合った時はキャリアウーマンのフリをしてお嬢様と偽ったけど後に元ホステスとバレてたけしと喧嘩はしたらしいが以降はたけしは言いなり。

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2019/06/23 0:07

    どーでもいい。

  2. 3
    名無しさん 2019/06/21 18:22

    テレビ朝日元プロデューサー

  3. 2
    名無しさん 2019/06/20 23:23

    番組スタッフ「たけしさん離婚されたんですね」

    たけし「そうなんだよ、慰謝料たくさん取られてまいったよ」

    番組スタッフ「大変ですね」

    たけし「そう思うなら少しギャラ上げてよ(笑)5割増しくらいでさ(笑)」

    番組スタッフ「ハハハ…(笑)」

    新潮「たけしがギャラ上げ要求!(`•ω•´)キリッ!」

    週刊誌の記事なんてこういう手法で一部の事実だけで作り上げる。

  4. 1
    名無しさん 2019/06/20 21:09

    乗り込んでほしかったんだろうけど、さすがにもう若くないしな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事