TROUBLE

HEADLINE

芸人仲間から反感を買った宮迫博之 謝罪会見しないのはボロが出たら完全アウト 芸能界引退が現実味

「宮迫は問題発覚当初、関係者や芸人仲間に『詐欺グループから金はもらっていない』と言い訳をしていました。だから、最初は芸人仲間も彼を庇っていたのですが……」(宮迫の知人)

6月24日発表の謝罪コメントでは一転、〈間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております〉と認めた。

その後7月13日に吉本興業は、ギャラとして宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が50万円、レイザーラモンHGら他の11人は3万円から10万円を受け取っていたことを公表。

突き放した松本人志

この弁明に、30日の「ワイドナショー」(フジ系)では、兄貴分の松本人志(55)が厳しく反応。当初から正直に話すよう促していたが「どこか芯では分かっていなかったのかな」とし、

「不倫のときに中途半端にごまかすことができたのがよくなかったのよ」

と、一昨年「週刊文春」が報じた“オフホワイト不倫”を引き合いに出しコメント。

「東京に出てきてもなかなか売れなかった宮迫がブレイクしたのは、ダウンタウンとの共演がきっかけ。恩人である松本さんにまで虚偽の説明をしていたことが、芸人仲間からここまでの反感を買う要因となった。吉本芸人のトップである松本さんが突き放した影響は大きい」(吉本関係者)

しかし、宮迫の言い訳はこれだけに終わらず、謹慎処分の発表後も続いていたという。前出の知人が明かす。

「宮迫さんは関係者らに『本当はお金をもらっていないけど、事を収めるためにもらったことにした』と言っていました。これには周囲も『そんなわけないだろ』と呆れていました」

人望の厚かった宮迫、変貌を指摘する声も……

雌伏の時を経てダウンタウンらの引き立てで露出を増やし、今や「アメトーーク!」(テレ朝系)など多数のレギュラーを抱えるに至った宮迫。折に触れ披露する恐妻家キャラや、玄人はだしの歌唱力でも知られる。

苦労人ゆえか、芸人間の人望は本来厚かったという。

「先輩には礼儀正しいし、売れていない後輩に仕事を紹介したり、食事をおごるなど面倒見がいい。飲みに行くと得意のカラオケを何曲も歌って場を盛り上げたり、ファンに求められると両手で握手するなど、対応も丁寧」(同前)

その一方で、変貌を指摘する声も。

「昔はスタッフと一緒に頑張りましょう! 的な感じでしたが、CMに起用され始め、金銭的に潤った頃から驕りが出たといいますか。スタッフへの態度が横柄になったり、お金への価値観も変わっていった気がします」(日テレ関係者)

現在は落ち込んで、自宅に引きこもっているという宮迫は、知人らに、「頑張ります」と上ずった声で話しているという。その“決死”の覚悟の表明は、どこまで本物なのか――。

[via:文春デジタル]
https://bunshun.jp/articles/-/12817

宮迫、亮はこのまま引退!?

反社会的勢力の会合に複数の芸人たちが闇営業で出席していた問題で、ついに吉本興業が動いた。『雨上がり決死隊』宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮を除く若手芸人の早期復帰を決めたのだ。

だが、これによって難しくなったのは、宮迫と田村の復帰時期だ。世間の怒りは収まらず、事実上の引退に追い込まれる公算が高くなってしまった。

同じ会合に出席していた『ザブングル』に関しては、所属のワタナベエンターテインメントが早々に2人がもらったギャラの金額を明かした上で修正申告。さらにボランティア活動をして、8月末で謹慎期間を終えると発表した。

これに対し、吉本の動きは何とも鈍かった。暴力団幹部の会合に出席し、「無期限謹慎」となった『スリムクラブ』『2700』の4人はともかく、「当面の間、謹慎処分」の宮迫、田村以下の処遇を決めかねていたからだ。

この動きの鈍さには吉本内でも反発が高まっていた。そこでザブングルに倣って、ギャラを公表、修正申告、NPO法人に寄付したことを発表した。

さらに宮迫、田村らの願いということで、もらったギャラの金額が低かった若手7人の来月中の復帰の検討に入った。

「蓄えがある宮迫、田村と違って若手は謹慎=生活ができなくなる。またギャラが100万円の宮迫、50万円の田村と、3万円の若手では責任の重さが違うということで、吉本内部の大御所たちも働きかけ、若手たちはザブングルとほぼ同じ時期に復帰できることになった」(お笑い関係者)

しかし、この対応は“諸刃の刀”となりかねない。宮迫、田村の謹慎処分を解く機会を逃してしまったからだ。

「宮迫と田村はテレビでレギュラー番組を持っているが、テレビ局、そして何よりCMスポンサーが2人の復帰を全く望んでおらず、謹慎を解いたところで戻れない。仮に復帰したところで、仕事はゼロだ」(テレビ局関係者)

宮迫、田村の2人が崖っぷちから一発逆転するには、やはり会見なりを開いて、世間を味方に付けるしかないのだが、「ギャラはなかったとウソをつくことを主導して、世間の反発を一身に買った宮迫は、半分ウツ状態になっており、とてもまともな状態で会見を開けない。同じく言い訳や演技がうまくない田村も、会見でボロを出すことは確実で、とてもプラスに働くとは思えない」(同・関係者)

宮迫、田村の2人は完全に袋小路に入ってしまった。

[via:週刊実話]
https://wjn.jp/article/detail/5945435/

謝罪会見できない理由

今回の不祥事が明るみになったとき、同じく「よしもと」の千原ジュニアは、「先輩である2人(宮迫と田村亮)が矢面に立って、質疑応答込みの記者会見を開くべきだったんじゃないかと思う」と主張。

ツイッターやラジオで一方的に釈明していたことを責め、「記者会見して質疑応答してすべてさらけ出した方が、今後、復帰するためにも良かったんじゃないかと思う」と続けた。

さらに7月15日放送のMBS『ミント!』でも、たむらけんじが「宮迫さんに記者会見をしてほしい。記者会見をして宮迫さんの口から話してほしいし、被害者の方に対する謝罪も聞きたい。僕は早く記者会見を開くべきだと思っています」とアドバイス。

月亭方正も「会見をしないと世間が納得しない」「宮迫、亮だけではなく、みんなで」と話していた。

二度とウソはつけない

このように、同僚たちが口を合わせて会見を推すが、今のところ謝罪会見の予定は一切ない。しないのではなく〝できない〟事情があるというのだ。

「今回の不祥事で一番問題になっているのは、〝闇営業〟などではなく、〝ウソ〟をついたこと。もし、謝罪会見でも〝ウソ〟をつけば、復帰は永久にできなくなります。

しかし、会見では『この件以外もグレーな闇営業をした経験は?』など、聞かれることは確実。

十中八九、宮迫たちが〝闇営業〟をしたのはこれが初めてじゃないので、そこらへんをすべて明かさなければならなくなるのです。そして内容によっては、二度と復帰ができなくなるでしょうね」(芸能記者)

ネット上でも、

《突っ込まれてボロが出るからダメだな》

《「今まで何回くらい闇営業やりましたか?」「そのお金は申告しましたか?」「これから修正申告しないんですか?」 の質問で本当のこと言ったら、追徴金で破産》

《正直に言う→アウト。嘘をつく→証拠が出てきてアウト。会見は絶対にできないよね》

《謝罪会見でなく、引退会見しかできないよ》

などと揶揄されている。

とはいえ、グレーなままの復帰がかなうはずもない。宮迫の仕事復帰は、想像以上に難しそうだ。

[via:まいじつ]
https://myjitsu.jp/archives/89218

ネットの反応

・引退覚悟で記者会見するぐらいの根性見せろや!
・吉本としては会見なんかさせるわけない
・存在感もクセもない嘘つきクズのテレビ復帰は難しいでしょ
・隠してることがあるだろうから会見したら終わるわな
・会見でしくじったら完全終了だからな、いっそ引退してしまう方が楽かもよ。
・おまえらの代わりはいっぱいおるで。
・弱小呼ばわりしたマセキの方がちゃんとしてたな
・入江も出てこいよ クビで終わりじゃねえぞ
・もう遅すぎる てか大嘘ついて視聴者を騙して切り抜けようとした時点で終わった
・もし復帰なんてするならスポンサー不買し続けるわ
・別に会見もいらんし謝罪も必要ない むしろなんか形だけやられて禊は終えたみたいな風潮で復帰される方がウザい
・残念だけど双方需要無いからな 今もテレビは普通に番組流れてるよ
・嘘さえなければ重症で済んだのにな
・宮迫と入江のために後輩は利用されたんだよ
・もう充分稼いだろ。
・芸能界引退してもいくらでも生きる道はあるよ!
・今はユーチューバーという逃げ道があるじゃないか。
・せめて宮迫が「俺の取り分お前らで分けとけ」とでも言っておけば多少は印象よかったのにガッツリもらってる辺りが常習性を感じさせる
・亮はまだ挽回の余地はある 宮迫はこれまでの世間をなめくさった会見や謝罪で無理
・亮は会見を開いて馬鹿キャラなりに誠心誠意謝れば許される可能性はある
・亮が汗だくなって会見しているイメージが浮かぶわ
・意味わからん 単に地上波テレビに復帰したいから謹慎してるだけでしょ 別につかまったわけでもないし
・マスコミ的には飯の種だからやってほしいだろうけど会見なんてやるには遅すぎるわな
・頑なに芸人と契約結ばない吉本もそうとうヤバイ

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/07/31 13:42

    吉本が止めていたからでした
    ざんねーん、な記事

  2. 2
    名無しさん 2019/07/18 21:30

    初期段階での宮迫のリアクションがいきなり「ギャラもらってません」だったから恐らく反社がどうとかより単に吉本にビビって口をついて出たウソだったんだろうと思ってる。

  3. 1
    名無しさん 2019/07/18 15:37

    問題の本質は反社会的勢力と知っていたかどうか。
    そこの証拠が出てこない現段階では世間が騒ぎ過ぎ。
    詐欺グループから金を貰った事を問題視してるが、例えばこのパーティー会場だって無料で貸し出されてる訳では無い。
    詐欺グループから料金を貰って会場代や飲食代を貰い、そして事業者は収入を得て、従業員は給料になっているのだから、詐欺グループから金を貰ってるという事になる。
    でもそんなのは当たり前であって何ら批判される事では無い。
    ただし反社会的勢力だと店側が知っていながらとなれば話は別。
    芸能人も同じ事。
    収入を申告しないのは悪い事だが、例えば大手企業だってたまに申告漏れを指摘されて追徴課税されていたりする。
    でもその事で営業自粛を強要されるほど世間から叩かれたりはしない。
    結局はアンチ宮迫博之とかアンチ芸能人とかアンチテレビ業界みたいなルサンチマンな勢力が嬉々として大騒ぎしてるだけ。
    冷静に考えれば大して悪い事をしてる訳では無い。
    アンチ勢力だから問題を最大化してわざとらしく正義を振りかざしてるだけ。
    そんな恣意的な批判の声に萎縮して過剰に社会が影響される世の中になるのは愚かしい。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事