TROUBLE

HEADLINE

マツコ『文春』稲垣共演NG報道に猛反論!『週女』に直電「都合よく書き換えられたのよ!」と釈明も・・・

7月22日、深夜11時過ぎ。ちょうど“月曜から夜ふかし”な時間帯に、東京都心にあるタワーマンションのエントランス前では、怒鳴り声が響いていた。

大きな体躯から発せられる独特な声としゃべり方。このタワマンの住人が通りかかった際、声の主はすぐに誰だかわかったという。マツコ・デラックスだ─。

「相手は若い女性で、事務所のスタッフなのか、仕事か何かの説教をしていました。女性はマツコさんに怒られているのに意に介している様子もなく、どこ吹く風といった感じ。

あれじゃマツコさんも怒って当然だと思いましたね。でも、私が1度、部屋に戻って40分ぐらいして再び外に出たら、まだ説教が続いていたのには驚きました(笑)」

タワマンの住人と目が合ったマツコは気まずいそぶりを見せると、「あとは電話するから……」と言って、エントランスの中へ消えたという。まさに“怒り新党”なマツコだったのだが、この“お説教”には後日談があった─。

「ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」

「その女性は『文春』の記者さんよ。“圧力”なんてナイと言ったのに、文春の上司が都合いいように書き換えたのよ。ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」

そう記者に明かすのは、マツコ・デラックス本人。冒頭の目撃談をマツコの事務所に確認したところ、本人から電話がかかってきた。

「文春の記者がいきなりやってきて『新しい地図』の話をして、アタシが吾郎ちゃんを追い出したなんて言う。

でも、ちゃんと答えたのよ。別に彼らが嫌いなわけじゃない。『Goro’s Bar』にも出ましたから。

でも、アタシが長らく彼らと一緒に仕事していなかったから、あんなこと書かれるのよね」


『Goro’s Bar』マツコ出演回

マツコが指摘するのは、8月1日に発売された『週刊文春』(8月8日号)の記事。《ジャニーズ幹部の稲垣「舞台潰し」とマツコ「共演拒否」》と題されたスクープだ。

7月に発覚した、公正取引委員会が注意をしていた『新しい地図』の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に対するジャニーズ事務所の“圧力”疑惑と、テレビ局の“忖度”問題。

この件で、文春の直撃を受けたマツコは、こう答えていた。

《だってテレビ局は使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか》

《三人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた》

《あの三人を使うんだったら、キンプリ(King & Prince)を使いたいんですよ。分かるでしょう。それがテレビ。なめるなって話です》

この発言の真意について、マツコはこう説明する。

「3人の人気がないって言ったわけじゃなく、ほかのベテランジャニーズだってそう、手垢まみれのアタシたちより、今の若いテレビマンが企画書ゼロの段階で誰を使うってなったら、キンプリを使うでしょって話よ。ギャラも安いし人気もあるしと、そういう話をしたんです」

「断ったのは吾郎ちゃんのマネージャーだからね」

さらに文春は、マツコが月曜コメンテーターを務める『5時に夢中!』(TOKYO MX)で稲垣を準レギュラーに起用する案があったが、マツコサイドが“拒否”したという極秘情報も報じた。

マツコは文春で《稲垣吾郎が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う?いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう》とも語っているのだが……。

「月曜は若林史江とずっとやっているわけだから。月曜に吾郎ちゃんが入るっていうのは考えられない。ほかの曜日で、誰か辞めるタイミングとか、ゲスト枠で入るとかは、テレビ局が決めればいいじゃない。

それに番組のクール途中で改編期でもないのに無理やりブチ込もうとしてきた。それでプロデューサーが考えた結果、あのときの、解散騒動後のSMAPを入れると本来の番組カラーじゃなくなっちゃう。

そうなるなら木村拓哉だろうが、誰だろうが『5時に夢中!』では使いませんよって話なの。

それでMXは1度断った後に、ちゃんと吾郎ちゃんのために番組を用意したのよ。冠番組よ! そのほうがよっぽどいいじゃない。アタシと下品な話するより。

でも、それを断ったのは吾郎ちゃんのマネージャーさんだからね。“マツコと一緒じゃないとイヤだ”って」

文春では、マツコが関ジャニ∞の村上信五と『月曜から夜ふかし』(日テレ系)で共演し始めたことをきっかけに、ジャニーズ事務所と懇意にしているとも報じている。

「食事なんて、いろんな人としてますよ。それも情報交換。別の芸能プロや自分のマネージャーとも食事してます。いろんな人から情報を聞きたいから」


村上&マツコ麻布十番で夜ふかし[2019/04]

「『夜ふかし』は、内容がよかったから」

マツコによれば、ジャニーズだから仕事を受けるとか、大手の芸能事務所に忖度するなどは決してないと言い切る。

「『夜ふかし』は、内容がよかったから引き受けたの。村上は、ほかのジャニーズができるかってぐらい自虐して、身を粉にしてやってるじゃない。

じゃあ、吾郎ちゃんが『5時に夢中!』で下品なキャラになれるかっていったら向かない。アタシだって、その人の個性を考えてやりますから」

『週刊女性』に電話をしてきたこの日、マツコは新CMの撮影中だったというが、言いたいことが止まらず、撮影の休憩時間を延長して話を続けたのだった。

『5時に夢中!』の出演をめぐる経緯について、『新しい地図』の所属事務所にも聞いてみると、

「弊社から『5時に夢中!』に稲垣吾郎の出演を提案させていただいた際、MXテレビからも快諾を受け、’17年10月24日(火曜日)に出演させていただいたと理解しております。

同時に、月に1回出演させていただきたいと提案し、11月7日(火曜日)と、12月5日(火曜日)の出演スケジュールをMXテレビからいただいておりました。

後日、同スケジュールの出演は断られ、その際に別の稲垣吾郎の番組のお話はいただきましたが、まったく具体的な企画ではなかったので、よい企画があれば、また連絡くださいとお断りさせていただきました。

なお、マツコ・デラックスさんとの共演を希望した事実はありません


『5時に夢中!』MX入りする稲垣吾郎

マツコからの直電は2時間近くになろうとしていた。

記者のケータイの充電が切れそうになったころ、声のトーンを落として、こうつぶやいた。

「吾郎ちゃんと、彼のファンを傷つけるのだけはやめてと、文春にはお願いしていたのよ。アタシは基本、誰も傷つけたくないからさ……」

[via:週刊女性2019年8月20・27日号]
https://www.jprime.jp/articles/-/15798

ジャニーズに取り込まれた!?

風向きが変わったのは、2017年に起こったSMAP解散騒動でした。

世間で木村はSMAP解散の“戦犯”扱いされイメージはガタ落ちになり、ジャニーズは木村イメージ挽回、さらにはバラエティ進出のためマツコにすり寄り、ついに同年の『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)で2人は初共演を果たしました。

そのとき、ジャニーズはマツコ人気に便乗するべく2人の新番組をスタートさせようと動いていましたが、そこは頭がいいマツコ。

“木村とベッタリ”というイメージがついてしまうことを恐れ、のらりくらりとその話はなしの方向に持っていったようです」

そんなマツコだが、なぜここにきて“ジャニーズ擁護”“「新しい地図」への圧力肯定”とも受け取れる発言をするに至ったのだろうか。

「マツコは各局に視聴率好調な冠番組を持ち、今やタレントとしては明石家さんまに次いで“テレビ界No.2”といわれるほどの“権力者”です。

ジャニーズとしては自社のタレントをマツコの番組にブッキングすべく、良好な関係を築くために幹部がマツコを“接待”するほどになっています。

さらに、マツコと複数のジャニーズJr.たちが食事をする“マツコ会”と称される会も定期的に開かれているといわれており、今ではマツコは完全にジャニーズに取り込まれています。

しかし、クレバーなマツコだけに、逆にジャニーズの力を利用してやろうというくらいの冷静な判断が働いてのことでしょう」(同)

また、別のテレビ局関係も語る。

「今のマツコの超売れっ子ぶりは、坂上忍並みです。坂上同様、キー局のプロデューサークラスでも、これまでマツコと接点のない人間が出演オファーしたくらいでは、マツコのスケジュールを押さえることはできません。

今年1月、大手広告代理店・電通が開催する毎年恒例の『年賀会』では、各界から多数の関係者が出席していましたが、マツコのもとにはテレビ局や広告代理店のお偉いさんが列をなして挨拶していたことが、業界では話題になっていました。

それだけ今のマツコは、テレビ界では権力の側の人だということです。なので、今回の“圧力発言”も別段に驚きませんし、香取ら3人は旬が過ぎたタレントだからテレビ局に起用されないというのは、その通りですからね。

今さら新しい地図の3人を起用したところで、視聴率は取れませんよ」

世間の人々がマツコに抱くイメージは、その実態からは大きくかけ離れているようだ。

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2019/08/post_112500.html

ネットの反応

・マツコヤバいと思って火消し?
・ビビって軌道修正か ダセえな
・え、書いてあったそのままじゃん
 >確かにこの記事読む限り文春は本当の事しか書いてないようだがw
・記事と釈明ほぼ一緒w
・相変わらず旬が過ぎてる連呼で草
・オワコン3人は使う価値がない、言ってることは同じ
・まあ3人はギャラ高いし人気ないって思ってんだろ
・ニュアンスが違うと弁解しただけで地図を貶めた発言をしたことは否定しないのねw
・実際に共演拒否したんじゃねーか
・ジャニーズの圧力を認めてるんだよねw あるいは忖度してると。そこにマツコ自身が介在してるのも伺わせてる
・文春だけで止めておいたほうが良かったな どんどん自爆している
・こいつも焼きまわったな
・文春は都合のいい切り取りばかりだからな
・文春は山口真帆の件があるから一切信用できない
・大御所タレント面ワロタwいや実際そうなんだろうけどなんか笑っちゃうわ
・取材受ける時はボイレコ必須だな
・いなぷぅ文春なんて信じる奴いないだろ
・新聞すら信用できないのに週刊誌なんてw
・ゆとり世代は文春を盲信するんだよなあ
・これ確実に録音してるよね
・文春「マツコさーん、テープ回してますよー」
・都合良く書き換えられていないという確証もない
・嘘つき呼ばわりされちゃぁ第二弾あるやろ
・文春はテープあるなら間違いなく公開するだろw
・録音されてるから否定できない
・本当に脚色されてたなら三人への侮辱部分を真っ先に否定するはずだが、そこは言い訳しない。稲垣吾郎についての案件のニュアンスを苦し紛れに変更しただけ
・これキッカケにズルズル行くかもな
・終わりの始まりか
・新しい地図の言い分に信憑性がある気がする。だとするとマツコは嘘つき。
 >カラーに合わないから番組からお断り、冠にしようとしたら具体的じゃないから稲垣サイドからお断り。別に辻褄合いそうだけど
・酷いな地図 5時月曜に稲垣ねじ込もうとして断られたらこの仕返しw
・そもそも元SMAPがMXテレビに出るなよ 落ちぶれた感がありあり
・3人がどうこうよりマツコがジャニーズに忖度したという話しじゃないの?
・マツコが時々食事するジャニーズの幹部さん ふたりとも似てるので気も合うのではw

・若い子らの接待を受けジャニ側に取り込まれた?
・マツコは異形のモノがありとあらゆるものに物申すってスタイルだったから無礼を許されてたんだよ
・冠番組持つようになると簡単に長いものに巻かれて既存芸能界のスピーカーになっちゃった
・最近のマツコはセクハラパワハラ酷くて潜在的に嫌われてきてた
・細木数子と同じように消えると思う
・都合よく言い訳してるのはマツコだな
・関係のない火曜日のキャスティングに口を挟むな
・昨日の5時夢じゃ完全無視だったし、5時夢だって自分に都合が悪いことは一切シャットダウンな
・マツコの言うことは筋通ってるけどな 文春とか創作しすぎなんだよ
・なんで文春に喋ったんだろうね 都合よく切り取るなんて知ってただろうに
・マツコ好きだったけど今回の件でただのおっさんに見えてきた。
・誰も傷つけたくないって今まで散々いろんなものディスってきたのに自分が傷つく番になった途端に弱腰のマッコちゃんなんか嫌だよ
・さっきN国立花がマツコと文春叩きの動画あげてたw

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/08/07 19:14

    てかもうおせーよ!
    いくら文春に反論しても、言い訳にしか聞こえないので。
    そういう時こそ、元SMAP2TOPが動いて中居が新しい地図側、キムタクがマツコ側に付くといいだろうがメリジュリ母娘に勝手な真似はさせないように!
    なにせバーニングプロ周防社長に癒着したジャニーズの裏切り者とすべての状況が証明しているしね。

  2. 2
    名無しさん 2019/08/06 20:17

    ジュニアの身体は美味しいのよ

  3. 1
    名無しさん 2019/08/06 17:53

    ジャニーズジュニアによる美少年肉弾接待漬

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事