TROUBLE

HEADLINE

槇原敬之『世界に一つだけの花』制作時も覚醒剤 16年前から捜査!?府警が流出させた極秘資料に・・・


20年ほど一緒に暮らしていた元社長と槇原容疑者[2010年]

本当に“作品に罪はない”と言い切れるのだろうか――。

2月13日に2年前の“薬物所持”で覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された日本を代表するアーティスト槇原敬之容疑者。

1度目の逮捕は‘99年。後に所属事務所の代表を務めることになる、同居パートナーのA氏と共に覚醒剤で捕まった。A氏をよく知る人物X氏に話を聞いた。

「2人の出会いは‘99年に逮捕される1~2年前と聞いています。伝言ダイヤルで知り合って意気投合し、自宅も近いということで会うことになった。もちろんその頃には槇原は有名人。出会う前のやりとりの中で槇原は素性を明かした上でA氏と会ったようです」

そして2人は親密になりしばらくして逮捕される。そのきっかけとなった薬物使用はどちらが原因をつくったのか。

「普段から2人で使用する薬物を調達していたのはA氏です。しかしA氏だけでなく、槇原容疑者もA氏と出会う以前から薬物を使っていたと言っていたそうです。A氏がきっかけで薬物に手を出したわけではないんですよ」(同・X氏)

そして‘99年、有罪判決が出たあと、半年が経たないうちに槇原容疑者はA氏の近況を心配するような電話をかけたという。

「裁判の中でA氏は槇原被告とはもう会わないと約束したが、またパートナーに戻ることになった。さらにその半年後にはA氏は自宅を引き払い槇原容疑者の自宅に転がり込んだ。

後に事務所の代表も務めることとなり、公私共に四六時中一緒にいることとなりました。そうなると当然のように再び薬物を使う関係になったみたいですね。2週間に1度のこともあれば、1カ月に1度薬物を使うことも。2人で定期的に薬物を摂取していたようですね」(同・X氏)

槇原容疑者といえば、‘03年にSMAPに提供した『世界に一つだけの花』が300万枚を突破する大ヒット。薬物依存から脱却した象徴のようにこの曲が槇原容疑者を“返り咲かせた”のだ。

“ナンバーワンにならなくてもいい”という考え方が教育にハマったのか、同曲は教科書にも掲載されている。槇原容疑者はそれまで曲提供はほとんどしなかったが、この曲のヒットを契機に多くのアーティストや番組などから曲のオファーが来るようになったという。

しかし驚くことに日本中に旋風を巻き起こしたSMAPの大ヒットの裏で、A氏と槇原容疑者は共に薬物を使用し続けていたという。

「A氏はこれだけ大ヒットしている中で、自分はまだしも、槇原がまた逮捕されたらとんでもないことになると常に不安を感じていたみたいです。

しかし薬物の前では2人は無力だった。ファンに申し訳ないと思いながらもA氏が持ってくる覚せい剤を槇原容疑者は断ることはできなかったようです」(X氏)

「女性自身」は大阪府警から流出した覚せい剤取締法違反に関する捜査資料を公開。そこには、槇原容疑者の本名とともに、‘03年12月5日という日付も書かれている。つまり、警察も彼の薬物使用を疑い、捜査していたのだ。


大阪府警が流出させた極秘資料[女性自身]

槇原容疑者これまでのインタビューで何度も『世界に一つだけの花の』について、

「SMAPサイドから楽曲の依頼があり、制作期間はたったの2週間だった。しかし1週間で1曲完成させ持っていくとイメージに合わなかったようでボツとなった。ダメだったかと楽曲提供を諦めようとしたがSMAPサイドからさらに要請があり、残りの1週間で完成させたのが『世界に一つだけの花』だった」

と制作秘話を明かしている。2年前に槇原容疑者に別れを言い渡されたA氏だが、いまだに槇原容疑者の才能については認めているという。だが、楽曲制作のプレッシャーが槇原容疑者をクスリに走らせた原因のひとつである可能性は十分に考えられる。

どういう経緯で制作されたのかは別として『世界に一つだけの花』は日本人に愛された名曲であることに間違いはない。だが、曲を聴くと槇原容疑者の顔が脳裏によぎることも確かだ。

この名曲に、作者である槇原容疑者自身が“傷”をつけてしまったのは、間違いないだろう。

[via:FRIDAY]
https://friday.kodansha.co.jp/article/98267

槇原敬之16年前から捜査

「彼にはかなり前から『またクスリをやっている』という噂が出ていました。昨年12月ごろからは特に、警察が彼の周辺を熱心に聞きまわるようになっていました」(捜査関係者)

2月13日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された槇原敬之容疑者(50)。その発端は’18年3月、元事務所社長で長年にわたり同居していた男性・A氏が逮捕されたことだった。

当時、2人の住んでいたマンションの一室から覚せい剤と危険ドラッグが発見された。それらについて、A氏は「マッキーのものです」と供述していたという。ただ、すでに2年近く前の話。なぜ今になって逮捕されたのかと疑問の声も上がっている。

しかし実は、警察は16年も前から槇原容疑者の2回目の逮捕に向けて動いていたのだ。

大阪府警流出させた極秘資料

本誌は’03年12月、ある極秘資料を入手していた。大阪府警から流出した、覚せい剤取締法違反容疑にまつわる捜査資料。容疑者について、記事では“人気歌手”と名前を伏せていた。その人物こそ、槇原容疑者だった。

当時、本誌はこの重要な捜査資料を紛失した府警の失態について報じていた。A4判で15ページに及ぶ膨大な資料の内容は、次のようになっている。

「東京捜査」とタイトルのある表紙。ここには捜査場所として、槇原容疑者とA氏の住所が記載されている。さらには、捜査にあたる警察官4人の氏名も記されていた。

次に、過去3年間にわたる槇原容疑者の交通違反記録が1枚。彼の家族構成を記す戸籍のコピーが1枚。

続けて「覚せい剤取締法違反容疑者槇原敬之こと槇原範之に対する捜査計画」と記載された書類が4枚。彼の歌手としての経歴や、捜査の経過や今後の計画についてが詳細に書かれている。

そして、「府外捜査計画書」という書類が1枚。東京での捜査目的について記したもので、要件は槇原容疑者の「覚せい剤取締法違反被疑事件」。内容は「裏付け」とあり、捜査の日時や場所などが記されていた。

さらには槇原容疑者の自宅と所属事務所、A氏の住居付近の地図が6枚。槇原容疑者の自宅と所属事務所の写真を貼付した書類も1枚あった。

資料には“槇原容疑者が大阪で覚醒剤を仕入れ、使用していた疑いがある”との内容が書かれていた。その裏付けのため、大阪府警が東京で捜査を進めようとしていたのだ。

府警が槇原容疑者の逮捕に向けて執念を燃やしていたことがうかがえる内容だ。しかし、当時は逮捕に至らなかった。

そんななか、’18年にA氏が逮捕された。このときも槇原容疑者逮捕の決め手には欠けたが、今度は立ち消えにはならなかった。再び有力情報が入ったため、警視庁が動きだしたという。

「警視庁は昨年、違法薬物の大物売人を関西で逮捕しました。その売人が太い顧客として挙げた名前に入っていたのが、槇原容疑者だったのです。そこから捜査当局は緻密に彼の内偵を進め、2月にようやく逮捕となりました。

容疑は2年も前に違法薬物を所有していたというもので、通常なら逮捕するには厳しい内容。それでも踏み切った理由は、売人の証言という強い証拠を握ったからでした」(前出・捜査関係者)

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1832029/

ネットの反応

・(゚〇゚;)マ、マジ…
・あーあ
・歌詞の意味も変わってくるな
・最悪や…いい歌なのに
・薬物でできた名曲
・この歌詞はクサ過ぎて無理。
・ラリってないと恥ずかしくてあんな歌詞書けない
・ヘロインだったら「世界に一つだけのケシの花」になるのに残念だ
・この歌は、ずっと寝かせてたんだよね?何かあったときのために。この記事、大嘘つきだろ。
・振られた腹いせにたれ込んだって話とどっちが正解なんだよw
・製作過程で薬物使用してたらなんなんだろ?
・別にそこはいいんじゃないかね スティーブンキングも初期は薬とアルコールで書いてた
・昭和初期の文豪とかもダメな人がいそう
・この歌が存在すると困る世の中になっていくんやろな
・ただの流行歌。ただの歌謡曲。特別扱いする必要もないし『特別』でもない
・酒はヘロインと同等の薬物なんだけど合法だから飲んだくれて作品作っても何も問題にされない
・覚醒剤は名前のとおりに人間の才能を覚醒させる夢の薬だった?
・前科者を対象に、薬をやってる時期とやってない時期とで作品のクオリティに差があるのか比較して欲しい
 >スティーブ・ジョブズやウォルト・ディズニーはドラッグが創作活動の役に立ったと公言してる
・ビートルズだってみんなドラッグの常習者。LSDで曲作ってたのは有名じゃないか。
・ヒップホップやレゲエなんかは、もはや当たり前だし日本も見直す時期に入ったのかもしれない
・覚せい剤は限られた時間でいい作品を書かなきゃいけないから使ったんだろうな 集中力は高まるし、自信がわくから芸術系の人間はよく使うよな
・多幸感や万能感に満たされて作った曲だったんだね
・20分で出来たと言ってたからなぁ勝手に曲が降りてきたとか薬キメてたならそういうことも有りそうだね
・印税を支援団体に寄付するシステムで解決

関連商品

コメント

  1. 2
    2020/02/28 12:20

    SMAPサイドがボツにした曲の方が好きなんだよな。
    SMAPは両方とも歌えば良かったと思う。
    WOWは名曲だけど子供(犬)のことを歌った歌だからSMAPのイメージとしては違うという判断に至ったと思う。

  2. 1
    名無しさん 2020/02/27 11:33

    警察お得意の印象操作だろ

    >大阪府警から流出した覚せい剤取締法違反に関する捜査資料

    ナニコレ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事