TROUBLE

HEADLINE

楽天PCR検査キットがニセ医者疑惑で販売中止!開発会社代表のカリスマ女医が経歴詐称疑惑で交代w


楽天の新型コロナウイルスの検査キット

楽天は30日、今月20日に法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットについて、「一時的に販売代理を見合わせる」と発表した。

楽天のPCR検査キットをめぐっては、正しく診断できずに感染を拡大させる危険性があることなどから、医療関係者の団体や専門家から懸念の声が相次いでいた。

楽天は「このたびは、急な変更により、関係各所に多大なご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません」とのコメントを出した。

販売見合わせについて、楽天は販売を担っていたジェネシスヘルスケア(東京)の取締役会が28日に行われ、経営体制の変更が決議されたためとしているが、詳細な理由は不明。

販売の再開については新体制のコンプライアンス体制などを再度、精査確認した上で公表するという。


ジェネシスヘルスケアの商品

楽天が販売していたPCR検査キットは、企業が社員に使うことなどを想定。検査キットを使って採取した検体を、社内に置かれた回収箱に入れておけば、ジェネシスの担当者が回収して検査、数日後に結果が届くという仕組み。

ただ、医療行為ではないため、感染の有無を確定させる診断には使えず、検査結果を受けて、医療機関に問い合わせが相次ぐ懸念が指摘されていた。

また、自分で鼻の奥に綿棒を入れて検体を取ることは難しく、粘膜を傷つけてしまう恐れがあるほか、検体が正しく採取されないことで誤った診断が行われる可能性もある。

このため、本当は感染しているのに、検査の結果を信じて出歩くことで感染を広げてしまうリスクもあると指摘されていた。

検査キットは1セット1万4900円。当初は関東の企業を中心に販売し、医療態勢への影響などを踏まえながら5月以降に提供地域を順次拡大する方針だった。

[via:ITmedia]
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2004/30/news057.html


佐藤バラン伊里 代表

開発会社代表に経歴詐称疑惑

医師会などから反発の声が上がっているが、検査キットを開発・製造する「ジェネシスヘルスケア」の佐藤バラン伊里・代表に、過去に経歴を詐称していた疑惑が浮上し、楽天が退任させる方向で調整していることが、「週刊文春」の取材で分かった。

佐藤氏は夫とともに、2004年、G社の前身となる「日本ウェイトマネージメント」を創業。佐藤氏は「佐藤芹香」という名前でメディアで活動し、2004年に提唱した「遺伝子型ダイエット」がブームとなった。

そして、さまざまな女性誌に頻繁に登場し、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも出演するなど、時の人となった。

当時、「米国の心臓外科医」、「21歳で米コーネル大学の医学部と政治学部を卒業した」と自らの経歴について語っていた佐藤氏。

そこで、「週刊文春」はその経歴について取材し、2006年11月9日号で「遺伝子ダイエット カリスマ女医『ニセ医者疑惑』」と題する記事を掲載していた。

小誌がコーネル大学に佐藤氏の旧姓など考えられうるすべてを照会したところ、「在校生でも卒業生でもない。医師免許も保有していない」との回答だった。また、当時の同大学医学部心臓外科部長は「名前を聞いたこともないし、いたこともない」と話した。


著書『遺伝子型ダイエット』には、「心臓外科医」と明記されている

当時、「週刊文春」記者として取材したジャーナリストの中村竜太郎氏が振り返る。

「佐藤氏には2度対面取材をし、彼女は饒舌に日本語で話した。なぜ医師リストに名前がないのかを聞くと、彼女は姓名やスペルが間違っているとか、『アメリカでは本名が一番大事な個人情報』と主張したのです。挙句の果てに『アメリカは医学部を卒業したら医者になれる』と言う始末。当然そんなことはありません」

佐藤氏は2007年にG社の代表を辞任したが、14年に再び就任。同社は楽天と密接な関係で、楽天は2017年に出資し、三木谷浩史会長兼社長が社外取締役に就任した。

当事者たちはどう答えるのか。

楽天広報部は、佐藤氏の経歴についてこう回答した。

「これほどまでに疑義があることの報告をG社から受けておらず、早急に事実確認を進めてまいります。貴重な情報をお寄せいただき、感謝しております」

一方、G社に佐藤氏の経歴詐称疑惑について確認すると、

「佐藤は英語圏で育った期間が長いことから、『せりか』は海外でも発音がしやすいよう名付けられた非公式の英語名です。貴誌報道を受け、誤解を招くことのないよう本名を用いるようにいたしました。

出生地は日本ですが、幼少期に渡米し長く米国で生活しておりましたので、母国語は英語です。日本語が母国語でない事から、事実確認が不十分であったことにより過去において誤解を与えてしまったことは申し訳なく思っております」

経歴詐称疑惑が浮上した佐藤代表について、楽天関係者は次のように話す。

「命に関わる医療でウソはあってはならない。現在、佐藤氏を退任させる方向で調整しています」

4月30日(木)発売号の「週刊文春」では、佐藤代表の経歴詐称疑惑のほか、アベノマスクはなぜ迷走したのか、受注企業4社目の実態など、38ページにわたって「コロナ列島総力取材」の結果を報じる。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/37505


【関連リンク】
ジェネシスヘルスケア – Wikipedia
遺伝子ダイエット カリスマ女医『ニセ医者疑惑』|文春オンライン

ネットの反応

・アホすぎやろwww
・当然ですわ
・医師免許詐称とかヤバすぎ
・さすが三木谷
・孫正義が引っ込めたの見てただろうに
・思いっきり胡散臭い
・もしやこれ韓国製じゃね?
・有力者に口利きして在庫を日本にねじ込んだって奴の正体がコレくさいな。
・ジョークグッズ?
・詐称どころか詐欺では
・胡散臭いPCR検査キットなんて誰も望んでねーから
・結局社会を混乱させただけだった
・これを素人にしろってのは無理

 >えー!そんな奥まで入ってたんか!
 >絶対無理だな。セルフはもちろん、嫁や子供にしてやるのも無理!
・楽天クオリティ。素早く見えるけど中身が無い。
・日本は島津製作所の検査キットだけで良いわ。
・中国製のゴミ売ろうとしたからだ 楽天本体も調べた方がいいだろこの案件
・楽天は表面化された肩書みたいなのに弱いなブランド主義か?
・SBもだけどさ、こういうの振り回されるってのは本業に余裕がないからだよ
・韓国の検査キット8割ということで、その不良品が、諸外国から返品されているらしいが
・何妨害しているんだよ、無症状感染者を洗い出せることに何も否定する要素はないだろ
 >洗い出せないのに、洗い出せるように思えるから問題なんだろう。
・遺伝子情報を売り渡す組織じゃんねえ みんなもっとここ理解しとくべき
・楽天が政府の命令で撤回させられたと騒いでるのがおる
・普及する前に止められて良かったと胸をなで下ろすレベルのお粗末さ。
・このキット、医学的にも社会的にもまったく意味がない、むしろ害悪。医療機関を余計に混乱させるだけ。火事場泥棒とか転売よりも悪質なビジネスだと思う。
・なんで楽天がおもちゃと同レベルの「PCRもどき」や「亡国計画」ともいえる「全数調査」を急にぶち上げてきたのか謎だったが、こういう出鱈目な人がトップに立っていたなら納得のいく話だ。こんな時だからこそ冷静になるべきだ。
・経歴詐称は自己陶酔。嘘が自分の中で真実に変化する。
・久々にホラッチョ

関連商品

コメント

  1. 2
    よのすけ 2020/05/02 0:08

    胡散臭い現物と人物なんて、今の楽天にはお似合いだ(笑)今さらながら三木谷氏の人を見る目の無さに呆れるばかり…まんまと詐欺師の片棒担ぐとこだった(笑)

  2. 1
    名無しさん 2020/05/01 14:42

    米国で「心臓外科医」を名のれるには200例以上の手術実績が必要じゃなかったっけ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事