TROUBLE

HEADLINE

和田アキ子、難病激白

歌手、和田アキ子(60)が26日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」の中で、涙や唾液が出にくくなる”難病”「シェーグレン症候群」の可能性があることを明かした。

関節や筋肉に痛みが出る膠原(こうげん)病の一種で、この2週間、筋肉痛がとれないというアッコは「もう、満身創痍」と胸中を語った。


和田アキ子
和田アキ子

昨年末、NHK紅白歌合戦のリハーサルに向かう途中に交通事故で頚椎(けいつい)ねんざに見舞われながらも熱唱した和田が、今度はナゾの病に襲われていた。

「実は、また首とか腰が調子悪くて…」

番組冒頭。花粉症の話題の後で突然、和田が体調不良を明かした。

毎週日曜日に生出演するTBS系「アッコにおまかせ!」(前11・45)の終了後、体力維持のためジム通いしているというが、「すぐ(翌日)に筋肉痛が出るんですけど、この2週間は痛みがとれない。座っていても股関節がピーッと来る」と症状を説明する。

アシスタントを務めるニッポン放送の垣花正アナウンサー(39)が痛みを心配する中、さらに「ちょっと手足の指先まで血液が行かなくなったようで、『シェーグレン症候群』っていう病気らしいの」と激白した。

シェーグレン症候群は涙腺と唾液腺を対象とした疾患だが、関節リウマチ、強皮症など全身性の臓器病変を伴う膠原(こうげん)病を併発することが多く、原因は特定されていない。

症状がひどいため都内の病院で診察してもらったが、病名の断定には至らなかったようで4月に再検査を受ける。「自分の感覚では指先がしわっしわで痛くてしようがない」と話しており、悪化すれば歌手活動に影響を与える恐れも出てくる。

和田は1973年と84年に声帯ポリープの除去手術、98年には持病の腰痛が悪化して椎間板(ついかんばん)ヘルニアの手術を受けるなど、けがや病気を複数回経験。それでもファンに歌声を届けるため、その都度、不死鳥のごとく復活してきた”実績”がある。

ひとしきり症状を話した和田は、「ふざけんな!ってぐらい痛いし、もう満身創痍(そうい)って言葉がピッタリ」と最後に豪快に笑い飛ばした。

[sanspo.com]

和田アキ子の極秘情報はコチラ!!⇒

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 27
    名無しさん 2011/03/07 15:40

    オベリスク

  2. 26
    名無しさん 2011/03/03 21:52

    アッコざまぁwww

  3. 25
    名無しさん 2011/03/02 21:31

    ヒビョウかと思った

  4. 24
    名無しさん 2011/03/02 19:56

    金福子

  5. 23
    名無しさん 2011/03/01 20:15

    本当に病気で苦しんでる人に対してこいつの発言は失礼。

  6. 22
    名無しさん 2011/03/01 9:40

    あの頃は・・・

  7. 21
    名無しさん 2011/03/01 9:12

    俺は100回 ヒーハー

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事