TROUBLE

HEADLINE

木下優樹菜&フジモン駆け込み離婚の理由 原因は子育て!?決定打となった大喧嘩DV騒動

芸能界には、年末年始に結婚や離婚のニュースが集中する“トレンド”がある。ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。

今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した木下優樹菜(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。

「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者)

ふたりは2010年8月に結婚。おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。

誰もが羨む理想の“フジモンファミリー”に、近年はほころびが見えていたという。

「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。

お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。

これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。

けんかが増え、時には罵声が飛び交うようになると、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じるようになっていったといいます。

決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人)

だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。

「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人)

これは、2019年10月、タピオカドリンク店の店長のA子さんと、そこで勤務していた木下の姉との間で起きた、給料の支払いなどを巡るトラブルを発端とした騒動だ。

木下が姉に代わって「ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「事務所総出でやりますね」などとダイレクトメッセージを送信したところ、この文面をA子さん側がSNSで公表。攻撃的な文面が明らかになったことでインターネット上で大炎上したのだ。

木下としては姉を援護したつもりだろうが、バッシングは止まず。その後、木下は芸能活動を休止。夫の藤本の仕事にも影響が出たとされた。

夫婦の関係者は「タピオカ騒動は離婚と関係ない」と断言する。確かに騒動前から離婚については話し合われていたようだ。

「ただ、タピオカの時に藤本さんは優樹菜さんの味方にはならなかった。彼にも冷ややかな目が向き始め、テレビ局が藤本さんを使いにくくなっていたこともあったと思います。日に日に憔悴していく彼を見かね、中には離婚を勧める芸人仲間もいたようです」(テレビ局関係者)

この頃には、夫婦関係は修復不可能になっていたという。

「子供たちも夫婦げんかがわかる年頃です。優樹菜さんはそれならばスッキリ離婚して距離を置いた方がいいと決断した。

モラハラやDV騒動もお互いに悪いところがあるからと、今は一切口にしないようですね。問題は決断のタイミングだけでした」(藤本の知人)

10月末まで、ふたりで出演していたCM契約があったこと。さらにタピオカ騒動は今後、法廷闘争に入るという報道もあった。

離婚と騒動をリンクされることを避けるため、大晦日というほかのニュースで“埋もれる”タイミングを選んだと指摘する声もある。

いずれにせよ、結果的に“円満離婚”とはいえるようだ。

「離婚協議は、お互いに弁護士を立てて納得のいく形で成立しています。親権は優樹菜さんですが、子育ては今まで通りふたりで協力し合っていくことになっています」(前出・藤本の知人)

元日の生放送に出演した藤本は、早速、離婚をネタに笑いを取っていた。妻と別れ、彼にとって「タピオカ」は、過去のものになったようだ。

[via:女性セブン]
https://www.news-postseven.com/archives/20200105_1521401.html

ネットの反応

・急にフジモンを貶める話題が増えたよなw
・フジモンのネガキャン
 >事務所総出してきたw
・離婚の理由なんて本人たちにしかわからない。大きなお世話である。
・泥仕合か
・タピオカまでは笑い話のネタだったのにね
・仮面夫婦だったわけか
・フジモンにユッキーナをDV出来るメンタルの強さなんてある訳ないだろ
・木下優樹菜のほうがどうみてもモラハラしてた印象しかないがw
・互いに手出てるのにDVなの?ただの喧嘩だろ
・子供の前で父親をけなすことはあってはいけないこと。
・木下優樹菜のDVとかすげぇ酷そうだもんな 元ヤンだし
・ここの家庭内のギスギスと不快を世間にバラ蒔かないで欲しい。
・結局は木下の「イヤイヤ婚」だったのだと思う。
・ユッキーナが悲劇の被害者とする記事が爆増中
・フジモンも事務所総出でやりますよ言われたんだな
・そんな事より子供の顔w
・顔でかいからや

驚きの家庭内ルール

放送作家でコラムニストの山田美保子さん(62)は「皆さん、タピオカ騒動が離婚の原因と思われてると思うんですけど、そうではないようなんですよね」と説明。

続けて「少なくとも2年前までは自宅取材がOKで、フジモンも出てくれたし、お子さんも出てくださってた」とした上で「広いお部屋の中で、フジモンが所在無さげだったのは事実です」とした。

また結婚前からの家庭ルールとして「汚い顔の人が、汚い場所を掃除するというルールがあったそうなんですよね。ですから、フジモンさんはお風呂の排水溝の掃除を何百回もさせられてたと。あげくのは果てにユッキーナが『ブス』って言ったり、ちょっとピリピリする関係だったことは確かなんですね」と明かした。

一方、2人の娘について「お受験問題で、ご夫婦の意見が合わないというのは優樹菜ちゃんがおっしゃっていた」とし「さらにワンオペ育児に優樹菜ちゃんが不満を持っていたことはご自身が話していましたね」とした。

[via:スポーツ報知]
https://news.livedoor.com/article/detail/17625479/

フジモン離婚ネタ解禁も

1日放送のフジテレビ系バラエティー番組『第53回新春!爆笑ヒットパレード2020』に出演した藤本は、木下の「チョリース!」ポーズを決めるなど、完全に離婚をネタにしていた。《中略》

だが、藤本は当初、タピオカ恫喝騒動について一切発言することはなかった。

「それは木下サイドが、この件について一切触れないように、テレビなどマスコミ各社に“圧力”をかけたことが原因」(芸能プロ関係者)

だが、こんな木下サイドの方針が、藤本にはマイナスに働いた。

「夫なのだから『まず藤本が謝罪すべき』という批判も多かった。当時は離婚するなんて思われてなかったからね。でも藤本さんは、木下サイドから『一切、騒動に触れるな』と言われていたわけだから、批判されるのはかわいそうだった」(前同)

それがここに来てようやく、“解禁”ということになり、藤本もネタにしだしたわけだが…。

「でもユッキーナネタは続けられないのでは。離婚した妻で笑いを取るわけにはいかないからね。ヘタなことを言うと、『お前も謝れ!』なんて言われかねない」(お笑い関係者)

いつまでも離婚ネタを引っ張るわけにはいかないだけに、今後は難しい対応を迫られそうだ。

[via:東スポ]
https://news.livedoor.com/article/detail/17625479/

ネットの反応

・これは酷い
・ほんとの話なら邪悪
・騒動から離婚の話に持っていこうとしてるw
・タピオカ騒動から目を逸らす為に新しい話題かよ
・稼ぎが激減したから可哀想藤本作戦、アザトイぞ吉本
・よくもまあそんな汚いモンとセックスして子供まで作ったよなあw
・フジモンで排水溝ならわしはドブでもさらえばええんか
・排水溝の話は前に木下優樹菜がノロケみたいに話してたわ
 >フジモンも言ってた「排水溝の掃除とか、ずっと俺がやるから結婚して!」って言ったらほんとにずっとやらされてる、みたいなネタ話として
・じゃあ娘が掃除するべきじゃん
・お互いにどっちかを悪者にして生き残ろうとしているのかね?
・2人ともディズニーには二度と行かないで欲しい。夢の国が汚れる
・事務所総出で掃除しろよ
・子供が藤本に似てない件を突っ込む度胸は今のワイドショーには無い
 >ワイドショーでやってないでしょこの話題
・フジモン解放されてよかったな
・でも最期に子供のDNA鑑定だけはしとけよ

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2020/01/07 15:03

    違うだろ、ちがうだろー、タピオカ事件が原因だよ!!!!

  2. 4
    名無しさん 2020/01/07 10:07

    不細工がお好きなんですね。

  3. 3
    名無しさん 2020/01/07 7:40

    託卵怖い

  4. 2
    名無しさん 2020/01/07 0:07

    スタイリストに似すぎてて怖いな・・・。

  5. 1
    名無しさん 2020/01/06 23:13

    普通、子供の顔ってどっちかの親の顔の面影あるけど
    夫婦共に全く似てないもんな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事