OTHER

HEADLINE

六本木クラブ撲殺事件 人違い殺人か?

六本木のクラブ「フラワー」で起こった”集団襲撃事件”で、飲食店経営の男性が撲殺されたが、親しい警視庁の捜査関係者からは「あれは人違い殺人だ」という情報を入手した。

六本木のクラブ 集団襲撃事件
六本木のクラブ 集団襲撃事件

9月2日未明に、六本木のクラブ「フラワー」に目出し帽を被った約10人の男たちが、金属バットや鉄パイプのような凶器を持って突入。VIP席にまっしぐらに向かい、そこにいた一人の男性客をめった打ちにして、一瞬にして逃走。ヤクザ映画の一場面のような惨劇は、六本木の街を震撼させた。

藤本亮介
襲われて死亡した男性は、渋谷区や杉並区内で焼肉店やキャバクラを十数店舗経営する藤本亮介さん(31)。

すでに犯人グループの何人かの画像を警視庁が公開。一昨年、歌舞伎役者・市川海老蔵の”殴打事件”で世間に名を知られた関東連合のOBらが含まれる、暴力団関係者ではないかとみられた。殺された藤本さんは関東連合と親しかったものの、仲間割れした挙げ句のトラブルだの、ドラッグの売買によるトラブルだのといったウワサや臆測が流れていた。

ところが、捜査が進むうちに、犯人グループが狙っていたのは藤本さんではなく、山口組系の極心連合会の組員だったことが判明。先の捜査関係者は「去年の暮れに起こった”六本木襲撃事件”に似ている」と言う。

昨年12月14日未明に六本木のキャバクラで、元極心連合会の組員と山口組系の組員3人が、関東連合と中国残留孤児で構成されているチーム「怒羅権」とみられる男たちに襲撃されて瀕死の重傷を負うという事件があった。

襲った犯人グループの中に住吉会系の暴力団関係者がいたことから、あわや山口組と住吉会の抗争に発展するのではと危惧されたが、トップ同士の手打ちで収まった。しかし、事件はいまだ未解決。今回も犯人グループが襲おうとしたのは極心連合会の組員だという。

ところが、間違って藤本さんを撲殺してしまった。なぜ間違って殺してしまったのか?藤本さんは7月頃に足に大けがをして、事件当時も足を引きずって歩いていたというが、くだんの組員も同じように足を引きずって歩いているという。しかも、2人の風貌はそっくりだというのだ。

犯人たちが一般人である藤本さんを誤って撲殺してしまったとしたら、その罪の意識は重いはず。1日も早く自首をすべきだろう。また、警視庁はこれ以上、世間を怯えさせないためにも、関東連合関連組織の壊滅に本腰を入れてもらいたい。

[cyzo]
http://www.cyzo.com/2012/09/post_11405.html

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 23
    名無しさん 2012/09/17 11:40

    11韓国人ぽいってこのおじさん在日だから

  2. 22
    名無しさん 2012/09/17 11:38

    この被害者のおじさん悪いことしたの?

  3. 21
    名無しさん 2012/09/17 2:43

    え?九州のどうじんかいと揉めたからでしょ?兄ちゃんがテレビ見ながら(ああやっぱやられてるw)って言ってたの見て怖かった

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事