SPORTS

HEADLINE

【観覧注意】凄惨ケンカマッチで美女レスラーの顔面崩壊!に全女の亡霊を見た!?

女子プロレスが世間を騒がせている。22日、後楽園ホールでの女子プロレス団体スターダム主催興業のメーンイベントで、王者の世IV虎(よしこ)が挑戦者の安川惡斗(あくと)の顔を変形させるほど殴り続け、病院送りにしたからだ。


世IV虎 vs 安川惡斗


『1964年のジャイアント馬場』や『1993年の女子プロレス』などの著作がある作家の柳澤健さんは、この試合のニュースに接し「全女(=全日本女子プロレス)という亡霊がまだ生きていたのかと衝撃を受けました」という。

「リング上でプロレスラーが見せているものは、演技であると同時に自分自身でもあります。なかでも女子レスラーは良くも悪くも、仕事と割り切れないところがある。プロレスラーとして演じるキャラクターにのめり込み、リアルな感情と一体になりやすいんです。

一体化するほど魅力的なレスラーになりますが、同時に本来の自分を見失い、リング上のキャラクターから戻れなくなる怖い面も持っています。

かつて全女はレスラーの感情のもつれ、嫉妬や憎しみを積極的に試合に反映させていました。女の子の感情を動かすことによって客を動かすという発想だったんです。


世IV虎 vs 安川惡斗
世IV虎 vs 安川惡斗
世IV虎 vs 安川惡斗

たとえば、売り出し中の若手に嫉妬したベテランが制裁を加え大ケガをさせたことは何度かありました。それを見て、お客さんは人間関係を想像した。でも、2005年に団体が消滅すると危険すぎる試合はなくなっていたんです」

ところが、まるで全女の亡霊がよみがえったかのような試合が行われてしまった。こぶしで顔面を殴り続け、セコンドがタオルを投入れようやく試合が止まった。なぜ、それほど感情をたかぶらせてしまったのか。

安川結花
安川惡斗は安川結花の名で女優活動もする女子プロレスラーだ。ヒール(悪役)だが美女レスラーとして知られ、病気やケガによる欠場も多いがタイトル戦など華やかな場所に立つことが多い。

一方の世IV虎は元ヤンキーでニックネームは女番長。運動能力が高く、女子プロレスの将来を担うと期待されている。

3月28日に公開されるドキュメンタリー映画『がむしゃら』のなかで、映画の主人公である安川について問われた世IV虎はカメラに向かって乗り出すように「キライです」と宣言し敵意を隠さない。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9814796/]

□ 世IV虎には処分

安川惡斗 顔面崩壊
試合後、世IV虎はノーコメントで会場を後にし、安川は病院へと搬送された。

スター選手である宝城カイリはイベント後、自身のツイッターで「意識もあり、会話もできます。ですが現在は目が開かない」と安川の容態を伝えると、ブログのほうではファンに謝罪を繰り返した。

また、元人気レスラーで同団体のゼネラルマネージャーを務める風香も「不快な思いをされたお客様に深くお詫び申し上げます」と宝城同様ファンに謝罪すると、「これだけの遺恨や実力差を知りながらメインでぶつけた団体の責任も大きい」と自らの責任も口にした。

世IV虎の処分については追って発表されるという。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9814796/]

□ 世IV虎は無期限出場停止 会見で謝罪
世IV虎 会見で謝罪
スターダムのロッシー小川代表(57)は25日、都内で会見し、22日・後楽園ホール大会での安川悪斗戦で鉄拳、掌底で顔面を攻め、骨折させた世IV虎=よしこ=(21)に対し、無期限出場停止処分を課したと発表した。

世IV虎が保持していたワールド・オブ・スターダム王座もはく奪する。また、世IV虎のTKO勝ちとなっていた試合は無効試合に変更される。

安川の診断結果は頬骨、鼻骨、左眼窩(か)底骨折で、両目の網膜しんとう症と発表された。

過剰な攻撃で安川を病院送りにした世IV虎も黒いスーツで会見に同席し、冒頭で小川代表、風香GM、高橋奈苗、木村響子とともに一礼。「このたびはけがを負わせてしまった安川悪斗選手、選手の皆さん、プロレス界の皆さん、本当に申し訳ありませんでした」と沈痛な面持ちで謝罪した。

風香GMは2人の人間関係が悪化していたことを明かしたが、現在も安川は世IV虎を非難するのでなく、かばっているとした。小川代表は、24日に世IV虎と入院先を見舞い、2人は握手して、世IV虎が安川に謝罪したと明かした。互いに涙を見せていたという。

席上、風香GMは23日の緊急会議で決定した改善点として、(1)顔面への拳による攻撃は禁止し、1度でもやれば反則負けで試合ストップ(2)本部席にリングドクターを置く(3)人間関係のひずみを大きくする前に宝城カイリを選手会長とし、定期的に選手会を開催して意見交換する、の3点を決めた。また、小川代表、風香GM、最年長の高橋奈苗は3カ月間、30%の減給処分となった。

[引用/参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000058-dal-fight]

【関連動画】


【女子プロレス凄惨試合】 世IV虎(よしこ) vs. 安川惡斗(悪斗) 試合動画ダイジェスト

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 7
    名無しさん 2015/02/26 19:52

    ここまでさせる、プロレス業界が、おかしい。
    トップを外部から呼んで、インテリで固めないと。バカばかりで、閉鎖的。相撲協会と同じ。
    しっかりしろよ。

  2. 6
    名無しさん 2015/02/26 11:53

    負けるのが悪い

  3. 5
    名無しさん 2015/02/26 9:28

    ブーちゃんやり過ぎ!
    でも先に顔面狙っていきなりフックしかけたのはやられた方。

  4. 4
    名無しさん 2015/02/26 1:57

    ブスで性格も悪いんじゃ救いようがないなvv

  5. 3
    名無しさん 2015/02/25 23:32

    これは酷い…最後の笑み…

  6. 2
    名無しさん 2015/02/25 22:12

    さすがに被害届出したらとかのレベルじゃないだろ。
    骨ズレてるのはっきり分かるわ。
    しかもほぼ失明状態なんだってな。
    警察動けよ。

  7. 1
    名無しさん 2015/02/25 19:15

    笑えない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事