SPORTS

HEADLINE

香川真司 栄光の背番号「7」を蹴ったワケ

イングランド・プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したサッカー日本代表MF香川真司(23)の背番号は、本人の希望で「26」に決まった。
香川真司

実は、デービッド・ベッカム(米・ギャラクシー)や、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)がつけたクラブ栄光の「7」が決定的だったのだが、土壇場で消滅してしまった。

サッカーでエースナンバーといえば「10」が万国共通。しかしマンUの場合は「7」なのだ。チーム側は入団交渉の段階から「7」を提示、指揮官でありチームの最高権力者でもあるファーガソン監督(70)も香川は「7番に値する選手」と認めていた。

偉大なる背番号7
偉大なる背番号7

しかし、香川は断った。「自分は入ったばかり。スタートラインに立っただけで何も結果を残していないから」というのがその理由だ。実は、断ったのには”もう1つ”のワケがある。

ベッカムは1996年から6年もエース番号を守ったが、2003年にファーガソン監督との確執から退団。その後を受け継いだC・ロナウドは、移籍の際に「28」を希望したが、同監督の指示で「7」をつけ、結局09年限りで自ら退団を申し出ている。

そして、昨季までこの番号を背負った元イングランド代表のオーウェンも、チームを去った。マンU伝統のエース番号でありながら、最近はチームを離れる”裏切り者”の番号ともいえるのだ。ある関係者も、そんなイメージから「香川が嫌ったのでは」と証言する。

香川が自ら選んだ「26」はC大阪がJ2に降格していた07、08年につけた番号で、思い入れはある。あえて「7」を選ばなかったのは、偉大な先人とは違い名門クラブに”忠誠”を誓ったことの証しだろうか。今や、現地での”香川株”は連日高騰中という。

[zakzak]
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20120705/soc1207051539001-n1.htm

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 12
    名無しさん 2012/07/10 22:40

    バレンシアいいと思うけどなー

  2. 11
    名無しさん 2012/07/08 12:11

    バレンシアが7番張れるとは思えないから今後バレンシアが落ちて香川が活躍出来たら変えるんだろうな。
    出来なかったらそのままだろうけど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事