TALENT

HEADLINE

朝ドラヒロイン吉高由里子は相当エロ・ポテンシャルが高い!?ツイッターは”びしょ濡れ”

NHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインを務める吉高由里子(25)。『あまちゃん』『ごちそうさん』と、朝ドラはここのところ好調続きとあって、喜高にも、大きな期待がかかっている。

吉高由里子
吉高由里子

吉高由里子 蛇にピアス ヌード

「2008年の映画『蛇にピアス』で、大胆で過激なベッドシーンを見せつけ、一気に人気女優の仲間入りを果たした彼女は、その後、ヌードこそ封印していますが、いつもちょっぴりエッチで奔放な言動で我々を楽しませてくれていますからね。是非とも、NHKの常識をくつがえす、型破りなヒロインを見せてもらいたいものです」(テレビ雑誌記者)

吉高なら、この期待に十分、応えてくれるに違いない。彼女の、こんなエピソードをご存知だろうか。出世作となった『蛇にピアス』のオーディションでの一幕である。

蜷川幸雄

「過激なヌードが条件の主演オーディションで、吉高は、『胸、そんなに大きくないけど、見ますか?』と、監督の蜷川幸雄を物陰に誘い、大胆にもナマ乳を見せたといいます。
吉高は『(絡みのシーンで)本当に本番をさせられると思っていた』と語っていますから、大胆にもほどがあるというもの。厳しい指導で知られる”世界の蜷川”も、一発ですっかり吉高に惚れ込んでしまったといいます」(映画関係者)

そして周囲の期待以上の演技を、吉高は見せてくれたのだ。 「同作は、123分の約半分が吉高のハダカで、スレンダーボディのすべてを、存分に楽しませてくれました」(前同)

当時の吉高はまだ19歳だったというから驚くしかないのだが、スクリーンで見せたバストは推定B~Cカップという控えめなサイズ。それでもハードなシーンの連続で、縛りにも挑戦。これぞ体当たりという演技で見る者の度肝を抜き、第32回日本アカデミー賞新人賞をはじめとする、映画賞を総ナメにしている。

しかし、吉高はこの全裸シーンでできた世の男性からの信頼という”貯金”を食いつぶすだけの女優ではなく、その後も常に新たな魅力で我々を刺激し続けてくれているからエラいのだ。

「自分がなにを期待されているかということを、彼女は本当によく理解しています。なんでもないエピソードトークの中にも、常にほんのりとエッチなニュアンスやキーワードをしのばせて、世の男性の心をコチョコチョとくすぐってくるんです」(芸能記者)

例えば2011年、JRAのCMに出演したときのことである。JRAナビゲーター発表記者会見でこんな姿を見せているのだ。

吉高由里子 ムチ

「競馬のジョッキーがレースで使うムチを手にするや、まずは自分の腕をピシピシと叩いて、『吉高といえばムチですからね』とニヤリ。すると、隣にいた共演者の桐谷健太の腕を叩いて悲鳴を上げさせ大喜びしていたんです。翌日のワイドショーは、このちょっとエッチな爆笑シーンをこぞって流していました」(スポーツ紙記者)

放送されていたCMも、そんな吉高の”らしさ”が楽しめる一本となっていた。

「競馬場に出かける前に、『あ、なんかドキドキしてきた』と手を胸に当てて緊張とコーフンに身をよじらせる、なんとも悩ましい姿を見せる吉高が、桐谷と佐藤健に『触ってみる?』と、胸をプルンと突き出して挑発して思わせぶりな笑顔を見せるという、吉高の”小悪魔フェロモン”溢れるCMでした」(前同)

また、5人の男性を翻弄する女性を演じた、2012年公開の映画『婚前特急』の完成披露記者会見でも、こんなエロ発言をぶちかましているのだ。

「5人とのキスシーンを振り返り、『人間の唇はいろんな種類があるなって。いろんな年齢の、いろんな恋愛を重ねた方々の唇を総ナメさせていただき、ありがたい』と言い放ち、共演の5人の俳優陣を、逆に赤面させていましたから大したものですよ」(映画評論家)

吉高由里子 生田斗真とのキスシーン

さらに、12年公開の映画『僕等がいた』では、相手役の生田斗真とのキスシーンを振り返り、「鼻が大きくて、よけるのが大変でした~」と言っている。

「言うまでもなく、鼻の大きさは男のイチモツの大きさを連想させますからね」(前同)
そんなエピソードをどこか嬉しそうに話すから、”私で妄想してね”と言っているような気がするのだろう。

吉高由里子は人気女優にしては珍しくツイッターをマメに更新し、ファンに肉声を届けているのだが、その内容もほんのりとエッチなニュアンスをともなったものが多く、ファンを喜ばせているのだ。

昨年、サッカーの日本代表の試合があった日には、

〈みんなの熱くなった身体からでるあれで怪我にご注意。やりすぎはダメよ〉

と、意味深なツイートを投下し、柴咲コウに替わってヒロインを務めた、ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の最終回の直前には、

〈欲しがり吉高にあなたの90分ください〉

と、ファンにおねだり。他にも、

〈スクール水着はなかなかの勇気よ笑。私、童顔って言われるから余計に危ない〉
〈口の中いっぱいに自分のつゆがでてきて……〉
〈さっきから指先ばかり舐めてる〉
〈1人でしかできない気持ちいい部分今日も見つけちゃった〉

などなど、彼女のツイッターは”びしょ濡れ”となっているのだ。
最近も、

〈貴方の中でもうどうにでもしてくれてもいいけど〉

と、メタメタにされたい願望を吐露しているのだ。

壇蜜

「このサービス精神と、人をムズムズさせるエッチなセンスは、あの壇蜜に匹敵するレベルといえるでしょうね」(前出・芸能記者)

だが、これがファンを喜ばせるための”ビジネスエロ”かといえば、そうではないだろう。

「壇蜜同様、本人の中に相当のエロ・ポテンシャルがないと、こうは続くものではありませんからね」(前同)

寺脇康文

2010年の吉高主演ドラマ『美丘~君がいた日々~』(日本テレビ系)で、吉高の父親役を演じた寺脇康文が、撮影中のエピソードとしてこんな話をしたことがあるのだ。

「撮影中に吉高は、寺脇の耳に息を吹きかけたり、乳首を触っては『女子より敏感~』と冷やかすエッチなイタズラばかりしていたとのこと。寺脇は、たまらず『オトナをからかうのやよしなさい!』と注意したそうですが、吉高は『へへへ』と笑うばかりだったそうです」(ドラマ関係者)

福山雅治
『ガリレオ』の撮影中には、実はスケベで有名な福山雅治をして、「シモネタをフルスイングできた」と言わしめ、カメラが回っていないところでもエッチ発言が止まらなかったことが分かっている。

だが、その男性遍歴を振り返れば、彼女のエロ・ポテンシャルの高さは明らかだ。吉高はこの5~6年、男を切らしたことが一度もない”肉食系女子”なのである。

「玉木宏とは焼肉デートや東北旅行が報じられたことがあるし、生田斗真とは手つなぎデートがキャッチされています。また、松山ケンイチや嵐の二宮和也とも噂になったことがあります」(女性誌記者)

ここ最近のお相手は、バンドマンがお気に入りのようで、

野田洋次郎

「約2年前には、人気バンド”flumpool”のベース担当、尼川元気と交際していましたが、昨年は実力派ロックバンド”REDWIMPS”のボーカル・ギターを担当する、野田洋次郎と熱愛関係が報じられました」(前同)

その記事によると、タイ料理を食べたあと吉高は野田のマンションに3連泊。その間、2人は一歩も外に出て来なかったという。その間に何度、愛をぶつけ合ったのか。まったく、二人の関係性には羨ましい限りだ。

心配なのは、そんな彼女が約10ヵ月もの間、お堅いNHKの管理下に置かれて、ストレスが大爆発してしまわないかということ。

「撮影のほとんどは、山梨の甲府で行われており、吉高は収録現場と滞在ホテルの往復という生活を余儀なくされています。飲み歩くか彼氏とラブラブしているかのどちらかだったという、都内の日常からするとまさに禁欲生活ですから、相当溜まっていると思いますよ」(前同)

実際に先日は〈うぅ、そろそろタイ料理食べたい〉とツイートしている。

「まさに、彼氏の野田との熱愛がスクープされたときに食べていたのが、タイ料理。しかもその後ラブラブな3連泊をしているわけだから、吉高の脳内では〈タイ料理=男性的満足〉という方程式ができあがっているんでしょう。つまり、いまの彼女はしたくてたまらない状態ということです」(前同)

このまま欲求不満が続けば、撮影現場から、野田の元への逃走事件でも起こしかねない。

黒木華

「妹役を演じる黒木華(24)が、2月に映画『小さいおうち』でベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞して注目度が急上昇していることで、当初の予定よりも、黒木の出演シーンが増えたこと。さらには、もう一人のヒロインとして仲間由紀恵が出演することも、吉高のストレスの原因になっているともいわれていますね」(テレビ雑誌ドラマ担当記者)

「主役は私よ!」という、吉高の心の叫びが聞こえてきそうだが、

「国内ではほとんど実績がない黒木と、『ごくせん』や『TRICK』以降はこれといったヒット作品がない仲間など、敵ではないでしょう。たとえ、スキャンダルが勃発しようとも、飾らずに等身大の生き様を見せてくれている吉高への世間の評価は変わらないはず。吉高が吉高らしくヒロインを演じてくれさえすれば、まだ若く色気に欠けた『あまちゃん』の能年玲奈や、モデル体型でやはり色気を感じさせない『ごちそうさん』の杏よりも、広く厚い支持を集めるのではないでしょうか」(前同)

吉高はこれからもずっと視聴者を裏切らず、エッチなフェロモンをキープし続けてくれるはず。ボクらは、これからもずっと、そんな彼女の味方です。[ブッチニュース]
http://bucchinews.com/geinou/4350.html

【関連画像】
吉高由里子
微エロな制服姿お宝画像コチラ

映画『蛇にピアス』過激セックスシーン

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 9
    名無しさん 2014/05/23 20:38

    吉高の乳首が茶色すぎる肛門をクンカクンカしたい

  2. 8
    名無しさん 2014/05/23 2:42

    RADWIMPSだもん…

  3. 7
    名無しさん 2014/05/22 21:00

    たまに挨拶とかでウザイときもあるけどまぁまぁ好き。
    織田裕二が先生役のドラマの時、確か生徒役だったよね。あの時めちゃくちゃかわいいと思った

  4. 6
    名無しさん 2014/05/22 16:22

    ショボ乳でじじぃを魅了。一般人感覚では、
    テレビ露出のある弱AV女優。

  5. 5
    名無しさん 2014/05/22 0:04

    吉高頑張れ

  6. 4
    名無しさん 2014/05/21 18:18

    「喜高」とか「REDWINPS」とか何なの?

  7. 3
    名無しさん 2014/05/21 18:02

    不思議ちゃんの代表って感じ

  8. 2
    名無しさん 2014/05/21 17:55

    吉高は意外とイケるかも。

  9. 1
    名無しさん 2014/05/21 17:54

    吉高はヒットしたドラマがないから色々必死だな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事