OTHER

HEADLINE

脊山麻理子に積極的な「グラビア&女優活動」のきっかけを与えた二人の男

7月31日に放送されたバラエティ番組『WADAIの王国』(TBS系)に、フリーアナウンサーの脊山麻理子(34)が出演した。

脊山麻理子
脊山麻理子


笹川友里

この日はADから転身したばかりの笹川友里アナウンサー(23)、そしてフジテレビ・松村未央アナ(28)と交際中と噂されるお笑いタレント・陣内智則(40)も出演しており、そのキャスティングからしてキナ臭さは十分。

そんな番組の後半では、収録前に行われた脊山アナとの打ち合わせ映像が公開されている。この時、スタッフは”新人アナウンサー”笹川アナへのアドバイスを求めており、先輩アナウンサーとしては愛ある提言を返すべき場面。ここで脊山アナは持論を展開した。

まず笹川アナの容姿に関して「見た目はすごく可愛い」と高評価を下すも、

「ツルッとした完璧なものって面白くない」
「ザラザラした引っかかりがある方が見ちゃう」

と発言。ザラザラした引っかかり……?その好例として挙げたのは、自身のグラビア活動である。

「アナウンサーをやってきた人がグラビアやるっている面白さ。ギャップがあればあるほど面白い」

脊山麻理子/34 ~永遠の天然少女~

いや、説得力がある。というのも脊山アナ、オリコンの週間DVDランキングのアイドル部門で1位を獲得した実績の持ち主でもあるのだ。ザラつき、ギャップが受けたからこその栄誉だろうか。

しかしこの感性、一体どのように育まれたのだろう?

脊山麻理子/34 ~永遠の天然少女~

「矢沢永吉さんが、『大事なのは裏切り』と言ってたんです。売れるには”裏切り期”が必要だって」

矢沢からインスパイアを受けたからこその、グラビア活動だったなんて!「女子アナ」というイメージを裏切った昨今のグラビア活動には、永ちゃんの思想が息づいていたのだ。

そしてこのまま、グラビアへの思い入れを語り倒す脊山アナ。高校時代は雛形あきこ、奥菜恵といった面々のグラビアを愛好していたらしく「”アイドルすぎる”と呼ばれているのは、その頃に見ていたイメージがあるから」「昭和の香りがするグラビアが好き」と、にわかではない自分をアピール。確かに、筋金入りである。

橋本マナミ

ちなみに現在意識しているグラドルは橋本マナミと倉持由香、そして岸明日香だそう。「(岸は)私が写真集を出した時と同じ時期に出しているので……」。

倉持由香|岸明日香
倉持由香|岸明日香

もはや、がっつりグラビアに取り組んできた人のような入れ込みようじゃないですか。これは”裏切り”どころか、もはや転職?

そんな脊山アナにヌードグラビアの可能性を尋ねるも、「ないです、ないです」とけんもほろろ。

しかし”裏切り”を信条とする彼女だけに、気が抜けない。きっと、矢沢もビックリのビッグサプライズがあるはずだ。期待したい。[日刊大衆]
http://taishu.jp/10156.php

■脊山麻理子 “出しゃばり批判”に持論を語る

生粋のお嬢さまだ。父は医師で東大名誉教授、母は通訳というインテリ一家に育ち、幼稚園から高校までお茶の水一筋。それが慶応大卒業後に入社した日本テレビを10年に退社し、フリーに転身すると、隠されていた”個性”が爆発する。今年5月に34歳で水着グラビア写真集を発売。バラエティー番組で泥酔しながらカラオケに興じる姿も話題になった。

女優本格デビューを果たしたドラマ「匿名探偵」(テレビ朝日系、金曜深夜)では、仕事をもらうためにディレクターのふりをした探偵(高橋克典)に水着で色仕掛けをする女子アナを熱演。作中ではドラマ用の写真集も登場、脊山自身の現状とシンクロした内容になっている。

ドラマ「匿名探偵」
ドラマ「匿名探偵」

強烈なインパクトを残す脊山の活動に「イタイ」「ウザイ」「出しゃばり」という批判的な声も少なくない。しかし、本人はあくまで冷静だ。

福沢朗

「否定的な声は承知の上。『私なんて映らなくていい』というスタンスなら出なくていいし、やめた方がいい。出たがりだから出ているのです。そんな基本を教えてもらったのが(元日テレアナウンサーの)福沢朗さん。

もともと人見知りで人前に出るのが恥ずかしかった。でも、入社1カ月くらいのとき、福沢さんに『君が恥ずかしいかどうかなんて、どうでもいい。見ている人が楽しいかどうかが大事』『本当に嫌ならやめればいいし、やるならプロとしてやりきれ』と。それが”福沢イズム”。出るんだったら『ウザイ』『出しゃばり』と言われてもやりきるべきでしょう」

福沢は、脊山が入社2年目となる05年に日テレを退社している。局内で過ごした時間は短かったものの、今でも現場で会えば話をしたり、収録終わりに食事に行くこともあるという。

中学時代から芸能界に片足を突っ込んでいた脊山は、テレ朝とも意外な「縁」がある。98年に放送された深夜ドラマ「謎の男子転校生」(テレ朝系)にストーカーで悩む女性役で出演していた。

99年には三池崇史監督のドラマ「天然少女萬」(WOWOW)にも出演。

「これからはエッセーやコラムを書く仕事をしたい。記者の囲み取材でも『こう言ったら見出しにできるな』と思ったらメモしたりしてます」と意識している。[日刊ゲンダイ]
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/152562

【関連画像】
脊山麻理子 ギリギリ露出グラビア!!アイドルすぎるスマイル&エロ過ぎる熟成ボディに100%ノーチェンジ!!

橋本マナミ 「今一番愛人にしたい女」「平成の団地妻」と呼ばれるアラサーボディーグラビア!!

倉持由香 大ブレイクの尻職人!!究極のお尻を検証!!

岸明日香 Gカップおっぱい&極上ボディのエログラビア!!

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2014/08/15 23:29

    下品なオバサン!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事