OTHER

HEADLINE

毎年恒例だった石原プロの新年会が消えたワケ・・・渡、舘、神田が退任して倒産の危機!?

芸能界一、豪華な接待を行うことでマスコミ関係者に知られていた石原プロモーション。そんな石原プロに、不穏な噂が立っている。


石原軍団


「今年の新年会が昨年に続き、2年連続で開催されなかったんんです」(スポーツ紙デスク)

石原プロでは、年始の恒例行事として、所属タレントが一堂に会する新年会を盛大に行っていた。前社長の渡哲也をはじめ、舘ひろし、神田正輝などが勢ぞろいする会場では、

「1万円のお年玉を参加者全員に配る大盤振る舞いで知られ、取材に行った際も各地の名産品や高級なお菓子、食品などお土産がよかったんです」(同)

ワイドショーの芸能ニュースでも毎年紹介されていたこの行事、大きな宣伝効果もあったのになぜ開催されなくなってしまったのだろうか。

「実は石原裕次郎(享年52)の埋蔵金を使い切ってしまったからです」(同)

1987年に石原プロを創設したのは、初代社長の裕次郎。

「2009年に裕次郎の23回忌法要にかかった費用はなんと30億円でした。偉いお坊さんを何十人も呼んで、盛大にやったのはいいんですが、石原プロが『西部警察』(テレビ朝日系)の大成功で貯めてきた埋蔵金をすべて使い切ってしまったんです」(同)


西部警察


「近年は裕次郎を知らない世代も増えてきたので、豪華絢爛な法要をして再び知名度を高めようと考えたんです。もちろん、多少の浪費をしても、大手スポンサーが今まで通り損得抜きで支援するはずという甘い期待もあったはずです」

「石原軍団にとって一番の大口スポンサーは消費者金融の武富士でした。ところが、過払い金請求による損失などで武富士は2011年に経営破綻しています。残る2大スポンサーである宝酒造、オートバックスも消費税が8%になってからは大規模なバックアップも縮小されました」

芸能界で大きな実力を握っているかと信じられてきた石原プロが、このままでは倒産の危機ともなりかねない。

「事実上の倒産は裕次郎のブランドを大きく傷つけることになるので、絶対に避けたい。最終的には会社を自主的に解散する道を選ぶでしょう」


石原プロ 新年会


「実は社長を務めていた渡や取締役だった舘と神田が2011年に退任し、役員報酬をカットしてもまだ経営は右肩下がりで悪化し続けています。あと3年持つかどうかの瀬戸際まで来ていると思います」

所属タレントの活躍も、あまり振るわない近年。起死回生を図ってくれれば、退屈な芸能界にも一陣の風が吹きそうなのだが…

30億円かけた法要をするより、一か八かで映画を作ったほうがよかったのでは? あの世で裕次郎は何思う…。

[引用/参照:http://smph.newscafe.ne.jp/detail/1582937/?m=cate_newslist_]

【関連商品】

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事