OTHER

HEADLINE

渋谷立てこもり事件の犯人の父親「バルビゾン」オーナーを辿ると芸能界の黒い関係が続々と・・・

“渋谷自宅マンション立てこもり事件”で逮捕された伊藤博重容疑者(47)は、テレビ朝日系の『完全特捜宣言!あなたに逢いたい!』で「ジーパン探偵」として活躍。


白金台 ブルーポイント


父親は貸しビル業などを手がける「バルビゾン」グループのオーナーの伊藤良三氏であることはすでに明らかになっているが、この伊藤氏はタレントの堺正章と盟友で、詐欺罪で沖縄刑務所に服役している元タレントの羽賀研二と、持ちつ持たれつの”ダーティーな関係”だったことまでは、あまり知られていない。

伊藤良三氏は堺正章と盟友
伊藤氏は約30年前に、港区の白金台に「ブルーポイント」という、当時では画期的なオープンテラスのカフェレストランを開業。その店に出入りしていた堺と親しくなって、2人でバリ島にホテルをオープンさせるという話が持ち上がるほど親密な関係だった。

一方、羽賀はブルーポイントに頻繁に出入りして、女性を物色。店をナンパスポットにしていた。店の常連客だった大手消費者金融会社の未亡人を羽賀に紹介したのは、伊藤氏といわれている。

羽賀との交際を知った未亡人の関係者は、別れさせるために莫大な慰謝料を羽賀に払ったという。一方、羽賀は当時、自身のタニマチだった”浪速の不動産王”と呼ばれた末野興産の末野謙一氏を伊藤氏に紹介。

その後、バブル崩壊で末野氏が住宅金融専門会社(住専)から訴えられて逮捕されると、伊藤氏は末野氏が所有していた都内の一等地の物件を買い漁り、”都内の不動産王”と呼ばれるようになった。

4年前に芸能界を震撼させた市川海老蔵殴打事件の舞台になったり、関東連合関係者がたむろしていたバルビゾンビル・シリーズは伊藤氏が所有している。

伊藤良三氏と羽賀研二の関係
羽賀は医療関連会社「ウェルネス」未公開株詐欺で逮捕され、懲役6年の実刑を受け、沖縄刑務所に服役中だが、このウェルネスを羽賀に紹介したのも伊藤氏だった。

また、羽賀の裁判に証人として出廷するも、偽証罪で逮捕された元歯科医師のT氏と、大量のウェルネス株を購入した俳優の山下真司の義理の息子も、ブルーポイントの常連客で、ここで羽賀と親しくなり、ウェルネス未公開株詐欺に巻き込まれたとされる。

T氏は都内で3軒の歯科医院を経営していたが、親しかった羽賀が裁判で有利になるような嘘の証言をして、偽証罪で逮捕後、糖尿病悪化で失明。歯科医引退に追い込まれ、今は生活苦にあえいでいるという。

山下の義理の息子は、ウェルネス株で巨額な損害を出し、羽賀逮捕後、心労が重なり、自殺した。

伊藤氏が勧めた株がきっかけで、3人の男が不幸のどん底に追い込まれた。その息子が”立てこもり事件”で逮捕された。因果がめぐったような気がするのは、筆者だけだろうか。

[引用/参照:http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150213_627061]

【関連商品】

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事