OTHER

HEADLINE

今どきのテレビ番組の取材が非常識で飲食店や協力者が断りがちの理由

テレビ番組の取材は、とかく非常識な形で行われることが多いという。その理由の一端となっているのが、テレビ制作が局ではなく外注制作プロダクションによって支えられていること。

過酷な労働条件の下に働く現場スタッフに、常識的な社員教育まで望むのは酷かもしれない。そもそもテレビ番組の企画は、出版物のパクリが多かった。



ガキの使い 番組企画会議



「’90年代くらいまでのテレビは、本や雑誌のキリヌキの持ち寄りで企画会議が行われており、企画が通ると出版社に協力という名のリサーチ依頼が来る。

力関係がテレビのほうがあったので協力しましたが、実質ネタのマルパクリですよ。いまでも飲食店特集だと、こちらへアポ無しでパクられ記事と100%同じお店が出ている。テレビにとって本は、取材OK店のリストでしかない」(元情報誌関係者)

昨今では出版物からネットに移行しているようだ。

「今ではテレビの企画はネットからのパクリが増えている。ちゃんとタイアップしている『クックパッド』などの例もありますが、企業以外だと無断放映もずいぶん多い。

最近ネットのパクリはコンプライアンス上ウラ取りがないと放送出来ないのか、様々なソース元に『この情報は正しいか』の問い合わせが入るようになった」(ネットニュース運営者)

制作プロダクションの場合、自社のホームページすら完備されていないのも普通。そして名だたる有名番組の取材アポであっても、連絡先が独自ドメインやプロバイダメールではなく、GmailやYahoo!メールなどの無料アドレス、連絡先は携帯だけだったりする。

飲食店などは、番組を騙った詐欺(ロケハン等での無銭飲食)やロケした上で未放映になるということに警戒している。仮にメールでアポを取ったつもりでいても、当日まで身分がわからない人に取材をされるのは不愉快で信用できないはずだ。

さらに飲食店がテレビ局の取材を断りがちになっているという。

取材拒否の飲食店
食は視聴率を取れるため、毎日のように飲食店の情報は流れている。だが、テレビ側の企画の劣化が激しい。最近では「食レポの練習」自体をテレビ番組にしてしまったり、店舗の場所さえ出さないケースもある。

飲食店にしたら、何の利益もなくむしろ不利益につながることばかりが目立つからだ。

「視聴率の悪い番組、深夜番組、来るタレントがしょぼい番組には協力しない。長い時間ロケ拘束される場合は、会場費も要求する。人件費、電気代もかかるから」(取材を毎月のように受ける飲食店)

店側が取材にOKするのは、宣伝になるからに他ならない。にもかかわらず、テレビに出ても客が来るわけではないなら、取材に耐える意味がないのだ。

店を訪問する芸能人別でも、放送後の客入りに違いがあるという。

「お笑いはファンが薄い。ジャニーズ系や、大泉洋のような個性派俳優はファンが濃く、テレビで出た店に視聴者がすぐ訪問してくれるのでオススメ」(同店関係者)

[引用/参照:http://bucchinews.com/geinou/5085.html]

□ 『アッコにおまかせ』の場合。

アッコにおまかせ 取材が非常識な番組

コラムニストの吉田豪さん(@WORLDJAPAN)が、Twitterにて

「某番組のスタッフの人(面識なし)から「某芸能人の絶版の本を番組で紹介したいから、表紙の写真を撮ってメールして下さい」との連絡あり。…もちろん謝礼云々の話はないので、無償でやってくれってことなんだと思います! テレビすごい!」

とツイート。150件以上リツイートされ、「失礼だ」「図々しい」といったような意見が寄せられていたようだ。放送作家の柳田光司さん(@anokoro_no)は

「ひとりの常識なき馬鹿のために…テレビ界全体の信頼が失われていく。本当、恥かしい。癖になるので…「無視」して下さい」

と返信していた。何の番組なのか気になるところだが、『東京ブレイキングニュース』の連載コラムにて

「面識もない43歳の中年男を完全にAD扱い!ちなみに、この番組はもう10年ぐらいしょっちゅうこんな感じでいろいろ頼んできて、最初は何度か協力したんですけどいつも当たり前のように無償だったので、一度だけ「せめて番組のグッズぐらい下さいよ!」と食い下がり、和田アキ子貯金箱と和田アキ子ストラップをもらったこともあったりします……って、番組名バレちゃいますかね?」

と語っている。

最近に限ったことではなく、専門家やライターなどにTVの制作スタッフがなにかしら依頼してギャラはなしということは昔からしょっちゅうある模様。

TVにもよく出演している、とある著名なライターの方からは以前「何故かわからないが、彼ら(TVの制作サイド)は我々がギャラがなくても仕事を手伝って当然、みたいな前提で話をしてくることがある」という話を伺った。

「以前のように制作費が潤沢に使えなくなってきて、ますますその傾向が強まってきているのでは?」とも語っていらした。

[引用/参照:http://getnews.jp/archives/458141]

□ 『マツコ&有吉 怒り新党』の場合。

アッコにおまかせ 怒り新党

10%弱の高視聴率を稼ぐテレ朝系の人気バラエティ『マツコ&有吉 怒り新党』。しかし、そんな人気番組に対して「スタッフが横暴だ」という声が漏れ始めている。

映画評論家・江戸木純氏のTwitter。

「マツコと有吉の~です。”ありえないゾンビ”を挙げて下さい」と電話。そもそも質問が何だし「それって仕事の依頼?」と聞くと「アンケートです」。

仕事じゃないなら忙しいしと断ると驚かれ、ギャラが出るか聞いて電話しますといったまま音沙汰なし。テレビってこんなのばかり。こっちこそ怒り心頭。

それに対し、評論家の・切通理作氏が、

「僕はそれでもアンケートには答えたら今度はテロップの原稿を書けだって。マツコに恨みはないがあの番組は見る気起きない。」

とリツイート。フォロワーの間で、話題となっていた。

これについて「どうやらスタッフというか、制作会社のリサーチャーに問題があるみたいですね」とは、同じくアンケートを求められた某関係者。

「名刺交換ぐらいの面識しかなくても手当たり次第に電話を掛けまくっているらしく、僕のところにも『今度~~のジャンルを扱うから、~~のテーマで当てはまると思うものを教えてください。ファックスを送りますんで』と一方的に言ってきた。

一応OKを出したら、今度は『締め切りが早いので○日までに』とか言われる。ノーギャラの協力者にですよ。それでも返信をしたのですが、今度はそれっきり連絡がない。

変だなと思っていると、かなり間が開いてから『こないだのはボツになったので、今度はこれをお願いします』と、いけしゃあしゃあと違うテーマを聞かれ、またファックスを送ってくる。

さすがに断りました。ですから、番組を見ると分かると思うのですが、協力者に名の通った人は出てないでしょう。もうあの番組を相手にしているのは、聞いたことのない雑誌の編集者とか、ショップの店長とか”なんでもいいからテレビに名前を出したい”と思ってる人だけですよ」

[引用/参照:http://www.cyzo.com/2012/08/post_11320.html]

【関連商品】



コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事