OTHER

HEADLINE

今井絵理子[SPEED]出馬の波紋…自民はニンマリ!?寛子はポイ捨て!?次のタレント候補は!?

「参院選といえばタレント候補」と言っても過言でない!? 

2月9日、SPEED今井絵理子の出馬会見で、いよいよ本格化した感のある参院タレント候補擁立戦線。今回もスポーツ界、芸能界から続々、名前が挙がっており、噂だけでも大物がズラリ…!

政治筋もノーマークだった

ショートヘアに膝(ひざ)丈の白いスーツ。きらきら光る瞳にはカラコン―。2月9日、永田町の自民党本部。SPEEDの今井絵理子が登場すると、くすんでいた館内が一気に華やいだ。

さすがは元アイドル。場の空気をつかむコツを知っている。やがて、今井が得意の手話を交えながら、満面の笑みでこう切り出した。

o20160215-1

「21歳の時に息子が“聞こえない”という障害を持って生まれてきました。お母さん、障害を持つ子供が明るい希望を持てる社会づくりをしたいと、立候補を決意しました」

7月の参院選に向けて、自民党が浮動票の取り込みが期待できる比例全国区に「タレント候補」第1号を擁立した瞬間だった。全国紙の政治部記者がこう驚く。

「これまで参院選立候補の噂が立ったタレント候補はざっと20人ほどいましたが、今井は全くノーマークでした。

彼女はアイドルの肩書に加えて、障害を持つ一児の母というストーリーも持っている。ファンだけでなく、障害者やその家族の票も期待できるだけに早くも当選確実といわれています」

昨秋、聴覚障害者公益財団の会長も兼ねる山東昭子参院議員がかねて親交のあった今井にアプローチ。当初、立候補をためらっていた今井だったが、今年1月18日に意思を固めたという。

政治評論家の有馬晴海(はるみ)氏は言う。

o20160215-3「絵を描いたのは自民党の茂木(もてぎ)選挙対策委員長です。この日のサプライズ会見だけでなく、3月13日開催予定の自民党大会に今井を登場させ、君が代を斉唱するプランも進行しています。

自民党はなんとしてでも参院選に勝ち、与党で3分の2の議席を占めたい。そうなれば、衆院ではすでに与党が3分の2の勢力になっているので、安倍首相の悲願である憲法改正が発議できるのです」

前出の政治部記者もうなずく。

「しかも今井は沖縄出身で、沖縄県民の票も期待できる。基地反対派と反目する安倍政権にとって、こんなにうまみのある候補はいません。擁立の立役者である茂木氏の党内の評価もウナギ上りです」

ただ、この動きは第1ラウンドにすぎない。参院選で必勝を期す自民は次のタレント候補擁立に動きだしているともっぱらだ。自民党関係者が囁(ささや)く。

「党内で出馬が噂される大物は滝川クリステル、菊川怜、乙武洋匡(おとたけひろただ)、原辰徳の4氏です」

いずれも大物だが、本当? 発売中の『週刊プレイボーイ』9号では、その実現の可能性に加え、実はさらに本命の大物アスリート、タレントについて探っているのでお読みいただきたい!

[引用/参照/全文:http://yukan-news.ameba.jp/20160215-14/]

島袋寛子はポイ捨て?
o20160215-2
ファンから困惑の声と共に、「寛子ちゃんとのユニット活動はどうなるの?」と、去年、島袋寛子と組んだユニット・ERIHIROの今後の活動を危惧する声が上がっている。

「今回の今井の立候補で『活動休止?』と心配の声が上がり、ネット上では『今井が島袋をポイ捨て?』『不仲説があったけど、やっぱり2人で活動していくのは辛いのかな?』とSPEED時代からあった2人の不仲説が再燃してしまっているようです」(芸能関係者)

しかし、ファンの期待とは裏腹に、ERIHIROが去年8月にリリースしたデビューシングル「Stars」(SONIC GROOVE)のオリコン最高位は27位と惨敗。今井がユニット活動を見限った可能性は大いにあり得る。

「前述したように、イメージを一新した今井と島袋に対して、歓迎的なのはファンだけで、ネット上では『若作りが痛々しい』『SPEED再活動した方が、まだ売れるだろ』と辛辣な意見が寄せられていました。

また、SPEED再活動に関しては、ファンからも同意見が上がっているようで、先月28日に公式サイトで、09年に行われた武道館公演を収録したDVD作品をブルーレイ化して3月9日に発売されることが発表されると、『昔のライブよりも、今のライブを見たい』『多香子ちゃんも元気になったみたいだから、4人揃った姿が見たい』という声が多く上がっているようです」(同)

SPEEDは、13年に新垣仁絵が事務所を退所し、現在フリーで活動している為、事実上解散となってしまっているが、それでもファンからは「名義はどうでもいいから、4人揃う姿が見たい」という声は今でも止まないようだ。

[引用/参照/全文:http://otapol.jp/2016/02/post-5660.html]

安保法案に反対なのに自民から?

毎回「知名度優先」の立候補者選びが批判を浴びている参院選。やはり今井の立候補にも“客寄せパンダ”と指摘する声が、ネット上には多数書き込まれている。しかし、今井に対する批判はそれだけではない。

「出馬報道が出た際に、事務所が否定していたことには『立候補前からウソつくんだな』、昨年8月15日に安保関連法案に反対の趣旨のツイートをしていたことには『自民から立候補する意味わかってんの?』など、賛同の声はほとんど見られませんね」(芸能ライター)

とはいえ、過去を振り返ってみると芸能人の知名度をフル活用して当選した議員は枚挙にいとまがない。ネット上には「100%当選。日本人のアホっぷりを甘くみるな」というあきらめとも取れるコメントも見受けられる。

「比例代表での立候補、今の自民の力を考えれば、当選の見込みは高いのではないでしょうか。しかし、当選した場合、参議院がこれまで以上に“人気投票”と批判され、参議院の存在意義を問われる際の矢面に立つ存在であることも間違いありません」(政治部記者)

聴覚障害を持つ息子を育てるシングルマザー。「お子さんのそばにいてあげて」というコメントが、彼女に届くことはあるのだろうか。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/52550]

無能だったら…責任は国民に?

選挙のたびになにかと議題にあがる芸能人の選挙出馬。中には「この人に政治家になる資質があるのか」と疑問符がつくような候補者もいる。

その場合、貴重な議員の席をひとつ無駄にし、選んだ国民自身にも間接的に損害を及ぼしているとも考えられる。では、世間は「出馬させた政党」と「当選させた有権者」のどちらに責任があると考えているのだろうか?

アンケートサイト「マインドソナー」での調査によると、全体の50.7%が「芸能人を出馬させてしまう政党よりも、当選させてしまう国民のほうに問題があると考えていることが判明した。

[引用/参照/全文:http://top.tsite.jp/news/buzz/o/27689869/]

目玉タレント候補

<芸能界>
菊川怜氏(女優)
藤原紀香氏(女優)
島田紳助氏(元芸人)
SHELLY氏(モデル)
菊池桃子氏(女優)
石田純一氏(俳優)
DAIGO氏(ミュージシャン)

<スポーツ界>
澤穂希氏(女子サッカー日本代表)
原辰徳氏(巨人前監督)
松岡修造氏(元テニス選手)
中野浩一氏(元競輪選手)
佐竹雅昭氏(K-1選手)

<その他>
林修氏(予備校講師、タレント)
乙武洋匡氏(作家、タレント)
坂本龍一(作曲家)

[引用/参照/全文:選挙ドットコム]

ネットの反応

・三原じゅんこも最初はこんな感じだったろ
・誰か集団自衛権について質問しろよ
・高橋みなみの数年後
・本当に国民バカにされてるよな
・対抗勢力が更に役に立たないやつらばかりだからこうなる
・応援演説に元スピード誰も来なそう
・れん4みたいな胡散臭い顔になったな・・・
・この人は確実に何かやらかすな・・
・絵里子の出馬が報道されてからヒロコがTwitter更新してないんだが・・・
・清原和博といい狩野英孝といい、白スーツ着てる人間ってのはなんか信用できん。おしなべて。
o20160215-4

関連商品

コメント

  1. 7
    にこにー 2016/02/20 5:36

    手がなんで矢澤にこにーなんだ?

  2. 6
    名無しさん 2016/02/16 10:56

    乙武氏は真面目に政治に取り組みそうなのでいいと思う

  3. 5
    名無しさん 2016/02/15 23:26

    自民党終わった

  4. 4
    八幡 2016/02/15 21:03

    絶対に投票しません。スピードの裏切り者です。

  5. 3
    名無しさん 2016/02/15 19:54

    寛子なら投票するが…

  6. 2
    名無しさん 2016/02/15 17:57

    白票を投じて選挙無効に追い込もう

  7. 1
    2016/02/15 17:40

    こんなのに投票しなけりゃ、いいだけの話やろ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事