TROUBLE

HEADLINE

がんで死去したアイドル丸山夏鈴さんの母親が告発。支援金巡り所属事務所と意見食い違い

22日に歌手でタレントの丸山夏鈴さん(かりん=享年21)は肺がんのため、他界した。



丸山夏鈴(かりん=享年21)



その直後に丸山さんの母親がツイッター上で所属事務所「Happy Strike」の代表である下村誠氏に対し、クラウドファンディングを通じて集まった丸山さんのための支援金などを巡り怒りをあらわにする騒動が起こった。

事の発端は丸山さんが闘病中、所属事務所は「丸山夏鈴応援募金」という任意団体を立ち上げたことを今年2月27日付の事務所の公式ブログで報告。

さらに同月に発売した丸山さんのデビューシングル「Eternal Summer」の利益すべてを丸山さんとその家族に寄付すると発表された。また事務所は目標額100万円を掲げ、丸山さんのために募金をクラウンドファンディングで募った。

プロジェクトには目標額100万円を上回る約230万円が集まった。そして15年2月、夏鈴さんは念願の「Eternal Summer」をリリースすることができた。

しかし、シングルの利益やクラウンドファンディングで集まった支援金が丸山さん、家族に届いていないとし、丸山さんの母親が自身のツイッターで22日、丸山さんが他界した直後、その死が報告がされる前に、下村氏に向けて怒りをあらわすメッセージが発せられた。

母親は「下村社長様 どうして夏鈴に会いにきてくれないのですか?」と切り出し、

「クラウドファンディングのリターンも夏鈴のやるべき事は終わってるのに、社長の所で全てストップしています。メールをしても無視されて夏鈴がかわいそうです。夏鈴はずっと待っていましたよ!」

「いつでも社長を信じてアイドルしてきた夏鈴だから、約束は守ってほしいよね。 社長!! 電話お待ちしています」と再三にわたり、ツイートをし、下村氏から音信が滞っていることに不満を漏らした。

さらに「募金活動の善意も夏鈴には1円も届いてません」と支援金が丸山さん、家族に届いていないと明かした。

その後、母親は下村氏から連絡があったことを報告。今回、ツイッター上で発信したことについて、「夏鈴の純粋に頑張って来た証しをうやむやにして終わりたくはなかったと言う母心から発信致しました」と釈明した。

また、それから1時間後に、丸山さんが他界したことを報告した。

一方、下村氏は自身のツイッターで丸山さんの母親に連絡したことを報告。さらに「募金ならびにクラウドファンディングのお金は全てのリターンが終了してから一斉に報告する予定でした」と釈明し、「CDの売り上げが出てから、5月末までに収支報告する」とつづった。

しかし、ファンからは下村氏の説明が遅れたことなどの対応に対し、「お前の欠落した社会性と責任感で故人と家族が不必要な不安にさらされたのを自覚し反省しろよ」など厳しいコメントが寄せられた。

その後、下村氏は事務所の公式ブログであらためて「丸山夏鈴応援募金」ならびにクラウドファンディングの収支報告を5月末日までに一度、報告することを発表した。



丸山夏鈴(かりん=享年21)



また、丸山さんの49日忌にあたる7月9日までに「完全なる収支報告が出来るよう、ここにお約束致します」とつづった。

なお、丸山さんの通夜は24日18時、告別式は翌25日11時から、いずれも丸山さんの地元である福島・郡山市で執り行われることが、母親のツイッター並びに事務所の公式ブログで発表された。

[引用/参照:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1481841.html]

丸山さんが最後に、自ら投稿したとみられるツイート。

【関連リンク】
丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」|ブログ


夏鈴ちゃん今まで騙してごめんね|ブログ


丸山夏鈴 ロングインタビュー「吉田豪 meets 丸山夏鈴」前編

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事