SPORTS

HEADLINE

ジャンプ高梨沙羅の実家はセブンイレブン!?TVCMに疑問の声が上がるワケ・・・

スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手(19)の実家が「セブン‐イレブンを経営しているのは本当か」と、インターネットで話題を呼んでいる。

2016年1月16、17日に行われたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子・札幌大会の個人第5戦では、今季4勝目を挙げて絶好調の高梨選手だが、同時に放映がはじまったテレビCMが話題を加速させている。

s20160120-1

実家のある北海道上川町にセブン‐イレブンは2店舗

スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手が登場するのは、コンビニエンスストア大手の「セブン‐イレブン」を展開するセブン&アイ・ホールディングス(HD)のテレビCM。

同社は高梨選手とスポンサー契約を結んでいるが、1月16日から全国で放映されている今回の新CM「高梨沙羅選手 応援」篇で初めてのCM起用となった。

CMは、高梨選手の幼少期の初々しいスキージャンプの練習や大会で優勝したときの姿などを、写真と映像で綴るドキュメンタリータッチの内容。

高梨選手自らがナレーションを務め、うれしかったことやつらかったこと、笑顔と涙の思い出を振り返った。

そのCMで、高梨選手は「わたし、高梨沙羅はセブン‐イレブンで育ちました」と語り、北海道上川町の実家がセブン‐イレブンを営んでいると明かした。

さらには、「いいときも、悪いときも、いつも家族とセブン‐イレブンがいました」とも。 そうしたことから、インターネットでは、

「上川町のセブン‐イレブン、さっそく行ってみよう!」
「ホントなの? CMの話なんじゃない」
「いいの、これ… お店にお客が殺到するんじゃね」
「新たな観光名所だなwww」

といった声が寄せられ、なかには半信半疑の向きもある。

J‐CASTニュースの取材に対して、セブン&アイHDは、「高梨選手のご実家が(セブン‐イレブンの)加盟店であることは事実です」と話す。どうやら、まぎれもない、本当のことだったようだ。

高梨選手が育った北海道上川町によると、町内にあるセブン‐イレブン2店舗のうち、層雲峡温泉にある上川層雲峡店が高梨選手の実家が経営しているという。

テレビCMに映る、雪の中でも目立つ、シンボルのオレンジと緑、赤のラインと、建物中央あたりの「セブン‐イレブン」の文字とともに出入り口を配した、大きな三角屋根のデザインの店舗。

s20160120-2

場所柄、おみやげグッズもそろっているという。町役場の人はもちろん、「町内で知らない人はいないでしょう」と話す。

父親が「焼肉店をテレビや新聞で紹介してください」とPR

じつは、このテレビCMがインターネットで話題になったのにはワケがある。

「えっ、高梨選手の実家ってセブン‐イレブンじゃない。ホントは焼肉店の経営だよ」
「高梨選手の実家は焼肉屋だ。これはCMの設定でしょ」

といった声が、インターネットに少なからず寄せられたからだ。

2014年には、元スキージャンプの選手でもある高梨選手の父が、地元の北海道上川町までメディアを呼びつけたうえ、「焼肉店をテレビや新聞で紹介してください」とPR。

それがメディアの顰蹙を買う騒ぎになったことがあったとされる。

いったい高梨選手の実家は、セブン‐イレブンなのか、焼肉店なのか。本当はどちらなのか――。

上川町によると、「焼肉店もご実家が経営されていますよ」、とのこと。やはり町内で知らない人はいないようで、どうやら実家は手広く事業を手がけているとみられる。

連戦連勝の「異次元の強さ」をみせる高梨選手は、セブン‐イレブンと焼肉店で、強く、たくましく育ったようだ。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/01/19256025.html?p=all]

実家がセブン‐イレブン経営でCM起用

s20160120-3セブン&アイ・ホールディングス(HD)は12日、スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手(19)を初めて起用したCMを発表した。

同HDは昨年、高梨選手とスポンサー契約を結んでおり、高梨選手の実家がセブン‐イレブンを経営していることから起用を決めたという。CMは16日から全国で放映される。

[引用/参照/全文:http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20160113-OYTNT50013.html]

マスコミを激怒させた「焼き肉事件」
[2013年12月28日]

2013年の夏、スポーツ紙の五輪担当記者が語ったところによると、高梨沙羅の父親、寛也さんから北海道のスキー担当記者らに次々と連絡が入った。

「お父さんから、スキー担当記者たちに緊急招集がかかったんです。これは何かあったぞと、各社慌てて、高梨の実家がある北海道上川町に集まったんです」

「ある騒動」が起こったのが今夏のこと。高梨の父親や関係者から北海道のスキー担当記者らに次々と連絡が入った。

「ちょっと上川町(高梨の実家)の方に取材に来てくれないか。内容はこっち(上川町)で話す」

取材に関する公式リリースもなければ、内容に関しての説明も一切なし。

これにテレビ、新聞のスキー担当記者らは「沙羅パパからの突然の連絡となれば、沙羅に何かあったはず。ケガかソチ五輪断念か、はたまた恋愛か」と色めき立ち、おのおのの取材予定をキャンセル。

「我先に」と札幌から車で3時間以上かかる高梨の自宅近くの指定された焼き肉屋に向かった。

現地に集まった報道陣はおよそ30人。北海道でこれだけの報道陣が集まるのは異例のことだ。そこへ、高梨の父親が登場。固唾(かたず)をのんで見守るメディアを前に今回の「取材内容」を明かした。

s20160120-6「実は……、このたびウチがここの焼き肉屋を経営することになった。そこで、沙羅の記事に盛り込んでもよし、テレビや新聞でお店を紹介してほしいんだけど……」

記者たちを待っていたのは、高梨の母・千景さんがオープンしたという焼き肉店の「お披露目パーティ」だった。

唖然とする報道陣に、高梨の父親や関係者は満面の笑みで焼き肉を振る舞い始めた。「沙羅のことじゃなく、自分の店の宣伝のために俺たちを呼んだのか」と憤りが募り、目の前の焼き肉にも箸が進まない。

その後、店を出ようとした際には沙羅パパから5000円の「会費」まで取られた報道陣。「現場」を去る際、大半の記者の顔が怒りに満ちていたのは言うまでもない。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/146917]

高梨沙羅の父親はジャンプ界のさくらパパ?

s20160120-5このお父さんも、かつてはジャンプ選手だった。上川小・中学校では、1998年の長野五輪の金メダリスト・原田雅彦の1級先輩。地元では、「その頃は原田よりも能力は上だった」との評価もあったが、選手としての道は選ばなかった。

沙羅が小学2年生になった頃から英才教育を開始。自宅にもジャンプ台を作ってフォームを体に叩き込み、ダイエット用振動器具の上で助走(滑降)姿勢を取らせたり、バランスボールに乗ったまま兄と相撲取らせたりと、娘を一流のジャンプ選手にするため、ありとあらゆるアイデアを注ぎ込んできた。

独自の理論で娘を一流アスリートに育て上げ、メディアの扱いがうまい──そう、ちょうどあの人にそっくりということで、今では「ジャンプ界のさくらパパ」と呼ばれているという。

ちなみに件の焼き肉店では、沙羅がまだ幼い頃、食が細く出来合いのものを食べないため、母が工夫を重ねた手料理を作り、なんとか沙羅に食べさせたというメニューを味わうこともできる。

ニンニクをたっぷり利かせた豚肉の生姜焼きに、リンゴやナシを擦りこんだ料理などがそれだとか。なんだか本誌も、お父さんの戦略に乗せられたような気が……。

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20140118_236287.html]

【関連リンク】

s20160120-4
七りん – 上川/焼肉 [食べログ]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事