SPORTS

HEADLINE

柴崎岳 引きこもりから4ヶ月…今やチームの救世主!スペイン1部昇格プレーオフで活躍

スペインリーグ2部・CDテネリフェのMF柴崎岳が、チームの救世主に成長している。重要なプレーオフの一戦で決勝ゴールをあげ、現地紙は特集を組むなど大盛り上がりだ。

柴崎といえば、チーム加入直後は「不安障害の疑い」や「ホテルの部屋から一歩も出て来ない」などと現地での生活になじめそうもない報道が相次ぎ、練習への本格参加も出遅れていた。

それが約4か月経ち、まるで別人のように活躍している。

プレーオフ準決勝でゴール

1部昇格をかけた2017年6月18日のプレーオフ準決勝第2戦でリーグ4位のテネリフェは同5位のカディスCFと対戦。第1戦は0-1と後塵を拝したが、1点を取って合計1-1とし、リーグ上位のテネリフェが決勝に駒を進めた。

決勝ゴールを奪ったのは柴崎だった。前半34分、右サイドからのクロスを逆サイドで待ち構えていた柴崎が落ち着いてゴールに蹴り込んだ。値千金の1点にチームメートが次々駆け寄った。

「日本人プレーヤー柴崎が、昇格をかけた決勝戦へのドアを自らのゴールで開いた」。スペインメディア「MARCA」は19日、こんな見出しで柴崎の活躍を伝えた。

ホセ・ルイス・マルティ監督は「カディスとの一戦では、気持ちを高ぶらせすぎてはならない。冷静さを保つことのできる選手を1人あげるとすれば、それは日本の柴崎岳だ」と述べていたといい、記事では「フィールドの中央でチームに平静を与え、できるだけボールポゼッションをあげようと、柴崎を先発でピッチに送り出したのだろう」としている。

「移籍当初のことを考えると本当に良かった」

「MARCA」同記事では今回の活躍を、鹿島アントラーズ時代の16年12月にFIFAクラブワールドカップ(W杯)でレアル・マドリードと対戦し、柴崎が鮮烈な2ゴールをあげた時と重ね、「テネリフェが柴崎を知ったのはあのレアル戦だった。そして今、カディスとのこの重要な一戦で彼は大手柄をあげた」と称賛した。

柴崎が移籍したのは17年1月末。しかし本拠地テネリフェ島での生活が合わなかったのか、加入数日後に体調を崩して練習を欠席しはじめた。

その後「6キロ激やせ」と報じられたほか、「ホテルの部屋に引きこもりがち」「不安障害の疑い」などの情報も立て続けに出て、2月末にようやく練習に本格参加しはじめたとされていた。

日本のツイッター上では、こうした経緯と絡めて安堵する声が相次いでいる。

「移籍当初のことを考えると本当に良かった」

「柴崎がっくん良かったよねぇ。向こう行った当初は体調不良やら部屋から出れないやらでどうなることかと思ったけど」

「テネリフェが柴崎のゴールで昇格プレイオフ決勝までいってるw 渡欧当初で既に失敗とか思っててすいませんでした」

「当初の不安障害報道とかは一体なんだったのか」

[via:https://www.j-cast.com/2017/06/21301240.html]

プレーオフ決勝でもアシスト

テネリフェのMF柴崎岳は現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝、ヘタフェとの第1戦に先発出場。

先制点をアシストするなど本拠地での1-0勝利に大きく貢献した。地元紙「デポルプレス」の寸評では、厳しい日程のなかで結果を残したことを称えている。

準決勝カディス戦で2試合210分間プレーし、中2日というタフな状況でも柴崎は2列目左サイドとして先発。

そして前半22分、テネリフェが得た右CKのキッカーを務めると、柴崎の右足から放たれたキックはDFホルヘ・サエンスの頭にピタリと合う。正確無比なアシストによってテネリフェが1-0と先制に成功した。

これで流れに乗ったテネリフェはリズム良く試合を進め、ヘタフェにアウェーゴールを与えずに勝利を手にした。

同紙では決勝弾を決めたホルヘ・サエンスについて「プロとしての初ゴールを奪った」と殊勲の一撃を称えるとともに、柴崎についてはこう評価している。

「彼は他の試合で見せているプレーとはいかなかったが、違いを見せる選手だ。後半には足首の状況が達していなかった。それでもパスを失敗せず、常時良いプレー選択をしていた」

本拠地で「ガク・コール」

後半14分に右サイドのクロスが流れたところに柴崎が走り込み、右足シュート。この際に相手マーカーと接触し倒れこむ場面もあったが、本拠地エリオドーソから「ガク・コール」が送られると立ち上がり、プレーを再開するシーンもあった。

過密日程もあってコンディションが厳しいなかでのプレーになったことに触れつつ、しっかりとプレーしきったことを称賛した。

第2戦を見据えて試合終盤に交代した柴崎。全てが決する第2戦は現地時間25日開催と厳しい日程は続くが、果たして再びゲームメーカーとしての役割を果たし、テネリフェに悲願の昇格をもたらせるだろうか。

[via:https://www.j-cast.com/2017/06/21301240.html]

プレーオフ決勝のスケジュール
テネリフェ対ヘタフェ
(ホーム&アウェー開催)

・ファーストレグ
6月22日(木) キックオフ4:00 ホーム:テネリフェ
テネリフェ 1-0 ヘタフェ
・セカンドレグ
6月25日(日)キックオフ4:00 ホーム:ヘタフェ
※DAZNで放送予定

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事