TALENT

HEADLINE

震災でメガネ女子アナが人気

地震のときはラジオが役立つといわれてきたが、今回の大震災で、その言葉が説得力を増している。

「震災への対応で、現在はネットラジオの『radiko』がエリア制限を解除し、全国で聴けるため、特にAMラジオの聴取率が上がっています。そこで、各番組に登場する女性パーソナリティーの注目度がうなぎ昇りなのです」(ラジオ局関係者)

唐橋ユミ

彼女たちの中で最も人気が高いのが、文化放送『吉田照美 ソコダイジナトコ』の唐橋ユミ(35)だ。

「同番組は、特に福島原発について正確な情報を伝えていると定評があります。彼女は『サンデーモーニング』(TBS)にも出ているため認知度も高く、艶っぽさで中年サラリーマンに人気ですが、まだ独身で見た目は20代後半といった感じ。テレビ出演の際はナイロールフレームの眼鏡をかけており、これがまたソソられるんです」(関係者)

唐橋は福島県出身で、父親は喜多方市にある「ほまれ酒造」の社長。

同社の清酒『会津ほまれ』の販促プレゼント企画に彼女が出たこともある。

ほまれ酒造
ほまれ酒造

実践女子大学文学部を卒業後、高橋圭三塾に入塾。

唐橋ユミ

テレビユー福島に契約アナとして入社し、’04年に退社後、関口宏の『三桂』に入った。

「三桂の中では最も売れている女子アナといえます。理由は、中年プロデューサーのウケが非常に良いため。横から映されたときに分かりますが、モチモチした白い肌に加え、推定Dカップ…。それを見たさに、別番組の若いスタッフが『サンデーモーニング』のスタジオに来ることがあるほどですよ」(関係者)

[マニアックスZ]

唐橋ユミの極秘情報はコチラ!!⇒

関連キーワード

コメント

  1. 11
    名無しさん 2011/08/10 4:22

    Test

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事