TALENT

HEADLINE

ドラマ「半沢直樹」主演を堺雅人から西島秀俊に交替して復活の可能性・・・二人の意外な共通点

社会現象ともなった「倍返しだ!」でおなじみのドラマ「半沢直樹」(TBS系)。続編は?映画化は?との打診も、主演の堺雅人のスケジュール調整がつかず、流れてきたようだが、ここへ来て主役交代で復活しそうだとの噂が出てきた。


堺雅人 半沢直樹 主役降板?


その候補となったのは、一般女性との結婚を発表して私生活でも話題もちきりの西島秀俊(43)だ。あるテレビ制作会社のディレクターが言うには、

「TBSが堺を切る決断をしたのは堺の不誠実な態度にあります」

と、どうやら裏事情があるらしい。

「実は堺のスケジュールが、向こう2年間空いてなかったんです。三谷幸喜氏(53)が脚本を手掛ける2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主演が決まり、他は映画や舞台で埋まってしまった…」

「堺にすれば、役者として半沢のカラーが着き過ぎるのを嫌ったとも言えますね」

では、西島はポスト堺として半沢人気を受け継げるのか。

西島秀俊が半沢直樹の主役?
「彼はTBSがポスト半沢として制作した大作『MOZU』や『ダブルフェイス』などに出演し、その演技力には定評があります」

実は、西島に候補が決まった理由としては、他にも理由があるようだ。

「まずは知名度に比べてギャラが安いこと。ベテランの佐藤浩市(54)や阿部寛(50)が第1候補に挙がりましたが、それだと制作費がドンと跳ね上がってしまう。一方、西島ならギャラは彼らの半額以下で演技力は同等です」

まして、女性ファンも爆発的に多く、結婚したからといって視聴率が激減するということはないだろう。

「何もかもお買い得な俳優で、TBS幹部たちは『2代目半沢は西島しかいない』と結論づけたようです。彼は結婚したばかりでいろいろお金もかかるようで、相当やる気を見せているそうです」

共演者として決まったのは、やはりこのお三方。

香川照之 半沢直樹 顔芸
「香川照之(49)、石丸幹二(49)、片岡愛之助(42)は決定しました。この3人が敵役として存在しないと、話が面白くないでしょう」

ところが、上戸彩についてはあまり期待できないという。

「残念ながら、ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)の映画化撮りと重なり、スケジュール調整が付かなかったんです。未定ですが、綾瀬はるか(29)が上戸の代役をやれば堺の抜けた穴をカバーできるかもしれません」

1月には、半沢枠と同じ日曜ドラマで、西島と香川のW主演「流星ワゴン」がスタートする。このキャスティングで、同じ年に半沢の続編などあり得るだろうか。

「そのあたりは流動的ですね。『流星ワゴン』で数字を取れれば、再びこのコンビへの注目が高まり、逆に堺なしの半沢をやりやすくなるかもしれません。来年後半以降に期待しましょう」(先のディレクター)

どこまでが本気の話なのかわからないが、いずれにせよ、続編が見られるならファンとしては楽しみは広がりそうだ。

[引用/参照:http://news.infoseek.co.jp/article/newscafe_1562734]

□ 堺雅人と西島秀俊の共通点と特性

その共通点をひもとくと、まず、「NHKが人気の発端」であることが分かる。

堺が注目されたきっかけは、2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』。三谷幸喜脚本の同作で知性派の山南敬助を演じ、視聴者を魅了。2008年の『篤姫』で演じた徳川家定もハマリ役となった。

西島も、2013年の大河ドラマ『八重の桜』で主人公・八重に影響を与えた兄・山本覚馬を好演。上り調子だった人気を決定づけた。

社会全体の高齢化に加え、バブル以降は視聴者の見る目が肥えたほか、ネットの普及で好みが細分化した、といった時代背景から、「キャスト単体より、それも含め脚本やスタッフなど、全体のパッケージ感で作品を選ぶ人が増えた」とは、複数のテレビや映画関係者の談。

結果、テーマ性や物語重視のNHKやテレビ朝日、2003年からドラマ制作を始めたWOWOWの意欲作が注目されるようになった。

特にNHKは、朝ドラは半年、大河は1年と放送期間が長い。さらに両ドラマ出身の男優は近年、CM起用も順調。”国民的顔”になる機会をしっかりモノにしたというわけだ。

一方、堺と西島の俳優としての特性は全く異なる。

堺雅人 劇団出身のテクニック
堺といえば、『半沢直樹』や『リーガルハイ』で見られた「圧巻のセリフ回し」。劇団出身者ならではのテクニックではあるが、「舞台出身だからといって誰でもできるものではない」と、ある映像関係者は言う。「あの明瞭さ、滑舌があってこそ、作品に説得力が出せたんです」。

こうした技巧が、「CMに起用される際の大切なポイントとなってきている」とは、ニホンモニターCM調査課の遠藤雅志氏。高い演技力を持つ人が薦める商品であれば、”確かなもの”に映るのだとか。

その辺りが、堺がトヨタ自動車やソフトバンクといった、技術力が要の大企業のCMに起用されている理由のひとつでもありそうだ。

西島秀俊 20代ロン毛
対する西島は、外見を近づける徹底的な役作りで知られる。その最たる例が、映画『サヨナライツカ』(2010年)撮影時の体重の増減。『八重の桜』でも、上半身を鍛え上げた。

今の西島の人気は、「韓流スターのそれに通じるものがある」とは、雑誌関係者。『冬のソナタ』(2002年)以降ブームとなった韓流スターは、徴兵制を背景に、体格の良さが特徴。現在ブームは一段落しており、その空いた枠にハマったという見方だ。

また、筋肉質な体は、今や男優界の中心的存在ともいえるジャニーズには、あまりない特質でもある。こうして女性たちの心を捉えた結果、西島はCM出演社数を順調に増やしている。

[引用/参照:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO75566400S4A810C1000000/]

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/12/24 22:36

    西島悪くないがそれこけるだろ

  2. 2
    名無しさん 2014/12/22 21:37

    こけそう

  3. 1
    名無しさん 2014/12/22 20:47

    寒流()

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事