TALENT

HEADLINE

【東京五輪】秋元康の総合演出やらせるなの声続々・・・マツコ「絶対に出ないで」椎名林檎「日本が恥かく」

マツコ・デラックスが、26日に放送された情報バラエティー『5時に夢中!』(TOKYO MX)で「AKBにはオリンピックの開会式と閉会式に絶対に出ないでほしい」と発言したことが話題になっている。


マツコ・デラックス 東京オリンピック AKB48


同番組では新潟市に誕生するAKB48の新姉妹グループ「NGT48」の話題に関連して、東京スポーツが報じた「秋元氏の狙いは20年東京五輪で『JAPAN48』結成」という記事を紹介。

記事によると、新グループ誕生の背景には2020年に開催される東京オリンピックの存在があるといい、それまでに札幌、沖縄、仙台などに新グループを設立し、開催年に各グループから選抜された「JAPAN48」を結成。

オリンピックを舞台に「日本のアイドル文化を世界に発信」する構想があると指摘されている。その根拠としては、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏が東京五輪組織委員会の理事に選出されていることなどが挙げられているようだ。

これにマツコは「JAPAN48はやってくださって結構ですけど、絶対に開会式でやってほしくないね」と発言し、さらに「開会式と閉会式は本当に恥ずかしくないものにして」と畳みかけた。

続けてマツコがプロデューサーだったらどうするかという問いに「京おどりや東をどりに出る人を百人くらい集めて、黒のおひきずり(すその長い着物)で畳敷いてやらせるわね」と返答し、さらに「静寂の中でやった方が日本っぽい」と持論を展開した。

このマツコのコメントに賛同の声が数多く上がっており、ネット上では以下のような意見が書き込まれている。

「お遊戯レベルのアイドルグループが日本の顔になったら恥ずかしい」
「マツコが俺の言いたいことを言ってくれた」
「これは日本国民の総意だろ」
「もっといい日本文化を世界に発信してほしい」
「新グループつくるくらいなら今のグループに力を注いで」

また、一部では「5年後にAKBグループが存続してるかどうか怪しい」「もうそのころには人気なくなってるんじゃないの」といった厳しい声もある。

「最近のAKBグループは世代交代が急速に進んでいます。

昨年11月に発売したAKB48のシングル『希望的リフレイン』で16歳の宮脇咲良(HKT48兼任)が渡辺麻友(20)とともにセンターに抜擢され、同年末にリリースされたSKE48のシングルでも新世代の宮前杏実(17)と北川綾巴(16)がWセンターに起用された。

同時に今年3月に発売されるAKB48のシングル『Green Flash』で古参メンバーの柏木由紀(23)と小嶋陽菜(26)がセンターに決定し、卒業のはなむけ的な雰囲気が盛り上がるなど、露骨に世代を入れ替えようとしている。

この路線はグループ人気の延命を狙ったものであるのは明白ですが、当然ながら5年後のオリンピックも視野に入っている。古株の人気メンバーに頼っていれば当面の人気は保障されますが、それでは東京五輪まで持たない。

近頃はファンの間で運営サイドの『新世代優遇』戦略に不満が出ていますが、それでも強引に新世代を育てようとしているのはオリンピックという目標があるためです」(芸能関係者)

「JAPAN48」構想についても、決して絵空事ではない雰囲気があるようだ。

「JAPAN48という名称なのかはさておいても、新潟を皮切りに地方の姉妹グループを増やしていく構想はあるようです。ただ、これは地方のスポンサーや自治体からのカネを当て込んだ運営サイドの『地方再生ビジネス』ですから、オリンピックとは別のビジネス。

しかし、このビジネスがうまくいけば結果的にAKBの姉妹グループが全国に出現することになり、その選抜チームがオリンピックの開会式に参加することはあり得る。

ですが、地方での安定したスポンサー探しは簡単にいかず、あくまで現状では『いい話があれば』というレベル。ウワサのあった札幌や仙台に誕生しなかったのは、地方でも大都市ではあまり『AKBグループ』の威光が通じず、スポンサー集めに苦戦している状況を浮き彫りにしている。

世代交代についても古参ファン離れを引き起こしているとの指摘があり、世代の入れ替えと新グループ設立ビジネスが同時にうまくいけば…という状況ですね」(前同)

運営サイドにすればオリンピック関連のビジネスは収入面だけでなく、歴史に名を残すという意味で大きなメリットがあるだろう。また、AKBグループと縁の深い某大手広告代理店はオリンピックの放映権や広告事業を独占しているといわれている。

その代理店にしても、自分たちが独占する五輪ビジネスにAKBグループが参画すれば万々歳といえるだろう。果たして、運営や代理店の思惑通りにコトが進むのかどうか今後に注目だ。

[引用/参照:http://www.menscyzo.com/2015/01/post_9037.html]

□ 椎名林檎も危機感表明


 椎名林檎 東京オリンピック 危機感表明


11月に発売されたアルバムのプロモーション取材インタビューにもかかわらず自ら東京オリンピックに話題を移し、憂いを露わにする。

「(東京五輪開催が決まって)皆さん「だいじょぶなのか東京」と、不安を覚えたでしょう? 開会式の演出の内容がおっかなくて仕方ないでしょう?」

「昔から脈々と続く素晴らしいスポーツの祭典が東京で開催されるんですよ。もし自分の近いところに関係者がいるのであれば、言いたいことはありますよ。(中略)J-POPと呼ばれるものを作っていい立場にあるその視点から、絶対に回避せねばならない方向性はどういうものか、毎日考えてます」

さらに昨年11月8日に放送された『SONGS』(NHK総合)にゲストで出演した際は、写真家の蜷川実花と演出家の野田秀樹を加えて「どうなる?東京五輪」という『朝まで生テレビ』のような題目でトークを繰り広げたのだが、ここではもっと踏み込み、組織批判を繰り出した。

「誰もいいって言ってないのに、なぜかいろんな都合で、あっ、ここはこうなっちゃって、ここはこうなっちゃって、組み合わせちぐはぐでアチャーっていうのが恐いじゃないですか」

 この椎名の指摘は、きっと多くの人が感じている不安な点だろう。しかも、ひとり熱さをほとばしらせる椎名を前に、秋元と同じく組織委員会理事の蜷川が「とりあえずわたしが何かできること、ありますかね?」と弱気になると、

「リーダー決めましょうって(言う)ことじゃないですか」
「トップ決めましょうって言いましょう!」と一喝。

旧知の仲である蜷川にも不信感が拭えないのか、またしても蜷川が

「ほんと言うなら『そんなの超ダサいし、ないっしょ』とか言えればいいんだけど、理事っていう名刺いただいてるからさ、それをちゃんと全うしようと思ってるの。

それには、真ん中にまず入んなきゃいけなくて」

と組織の論理で言い訳じみた話を始めると、椎名は露骨に醒めた顔を浮かべていたほどだった。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9722386/]

【関連画像】
椎名林檎 お宝&流出画像

【関連商品】

コメント

  1. 6
    名無しさん 2015/01/30 6:56

    オリンピックでもまだ投票券や握手券付きCD詐欺やるつもりか

  2. 5
    名無しさん 2015/01/29 10:29

    これじゃあ自称〇〇強国・〇〇大国にJAP48て言われるぜ…

    某広告代理店て電通やし。電通が放映権を在日圧力で取ったから電通のやりたい放題。だから2020年の五輪に東京に決まった瞬間正直ため息が出たよ。解りきった事やし。

  3. 4
    名無しさん 2015/01/29 3:35

    別にAKBやEXILEは嫌いじゃ無いけど、オリンピックには関わって欲しくないな。
    もっと日本らしい静寂でわびさびが有る物にして欲しいね。

    というか、蜷川実花と椎名にも関わって欲しくない。

  4. 3
    名無しさん 2015/01/29 2:29

    「今それ言うか」って思われるかもだけど、そもそもオリンピック国内選考で東京になったことが間違い。
    こうなることは想像できてた。

  5. 2
    名無しさん 2015/01/29 0:27

    まだイーガールズの方がいい。中学生みたいなビジュアルばっかで世界からまたロリコン国家と言われるのが目に見えてる。

  6. 1
    名無しさん 2015/01/28 22:21

    JAPAN48じゃなくて
    JPN48でいいよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事