TALENT

HEADLINE

新垣結衣にノーブラ疑惑wテレビには映らない素顔(を妄想)下ネタOKも濡れ場に挑戦する可能性は・・・

新垣結衣 下ネタOKの素顔

今や日本を代表する女優と言っても過言ではない。アラサーにして、揺るぎない清潔感にオジサマ族も目を細めるばかりの「ガッキー」である。

しかし、それは表面上の話。その素顔は、下ネタもいとわない気さくな一面ものぞかせている。

ここ2週間ほど、バラエティ番組に登場している新垣結衣(29)。それもそのはず、主演映画「ミックス。」(東宝)が10月21日に公開され、そのPRに奔走する日々が続いているのだ。

「“元・天才卓球少女のOL”を熱演していて色気を強調するようなことはありませんが、卓球のスイングをするたびに、彼女の膨らみが微妙に揺れるのです。この“ちっぱい”ぶりに癒やされる人も多いようです」(芸能評論家)

中でもガッキーファンが耳を疑ったというのが、「下ネタOK」発言だ。

それは10月23日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で飛び出した。

マツコ・デラックスと村上信五が司会を務める同番組。ふだんの収録では「ひどい下ネタ」が飛び交っているものの、新垣を前にしては「言葉を選んでしまう」と話す両者に対し、ガッキーは女神を思わせる柔和な表情で、

「(下ネタを)言ってください。けっこう平気なほう」

と発言。これをキッカケにネット上では、「ガッキー 下ネタ」が人気の検索ワードにランクインする騒動となったほどだった。

はたして彼女はどの程度、下ネタが平気なのか。バラエティでもまったく下ネタを口にしないが、「テレビに映らない素顔」は意外と耐性があるというのだ。

「女優の中でもかなりイケる口だと思いますね」

と語るのはテレビドラマに携わるシナリオライターである。続けてもらおう。

「ヒロインを務めた『リーガルハイ2』(フジテレビ系)でも、ガッキーが『おちんちん』『ペニス』『男性器』を“ピー音”入りで連呼するシーンがありました。

役柄だけに、ガッキー本人は躊躇することなくセリフと割り切っていた。彼女自身、本音ではカマトトぶっていると思われるのをよしとしないタイプなんです」

しかし、ガッキーといえば、清純派女優の代表として、これまで濡れ場はなく、肌の露出も必要最小限。そうした「高嶺の花」扱いに対して、脱皮を模索しているというのだ。

「ガッキーは“下ネタ女王”と呼ばれる吉高由里子さんのように自分から率先して下ネタを言うタイプではありませんが、他人から『下ネタがダメ』と決めつけられることを嫌がるようなフシがある。

彼女は『逃げ恥』で共演して、一時は熱愛説まで流れた星野源さんのラジオの熱心なリスナーなんです。星野さんのラジオといえばアダルトビデオの好きなシーンについて熱弁するなど下ネタのオンパレード。

ひっそりとガッキーが聞いていると思うと、星野さんの下ネタも感慨深いものがあります」(前出・シナリオライター)

口にこそ出さないものの下ネタには実に寛容。「来るものは拒まず」というスタンスで日々、周囲のスタッフや共演者の下ネタにも興味津々に耳を傾けているという。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/92062]

新垣結衣 ブラジャーしない疑惑

さらにここにきて、アラサーを迎えたガッキーの“変化”に着目するドラマスタッフも少なくない。

「最近の現場で、ガッキーが噂されているのは私服での『“ブラジャーをしない”疑惑』です」

とはドラマスタッフの話だ。それにしてもなぜ、ガッキーにこのような噂がささやかれているのか。

「全然、ブラジャーのラインやホックが見えないんですよ。『本当につけてないのか』と彼女の背後にコッソリと回り、背中を凝視して“検証”する不届きなスタッフまで出る始末なんですよ」(前出・ドラマスタッフ)

新垣の「ノーブラ疑惑」を巡り、心ないスタッフの間では、「二つの説」が浮上。議論が紛糾する事態にまでなっているとか。前出のドラマスタッフが苦笑交じりに解説する。

「一つは、彼女がCM出演しているユニクロからブラひものない『ブラトップ』をもらって着けているのではないかという『ブラトップ着用説』です。

もう一つは、このところ私服のコーディネートに気を遣うようになった分、ブラジャーに気をかけるのが面倒くさくなったのではという『リアルノーブラ説』。現場の我々としては、後者であってほしいと願っています」

ノーブラ疑惑のみならず彼女の私服も三十路を前にして、スタイリッシュなOLのように進化を遂げている。その理由がまたいじらしい。テレビ関係者の話。

「少し前にガッキーが『私の私服って、そんなにダサいかな?』と、親しいスタッフに聞いていましたよ。

以前から、写真週刊誌に掲載された彼女の私服写真をもとにネット上で『ガッキーは私服がダサい』という指摘が飛び交っていたんですが、最近、彼女自身がこの風評を知ってしまい、一時はけっこう落ち込んでいたんです」

そこで一念発起したガッキーは、イメチェンに着手。

「以前は、厚手のシャツにダボダボのデニムをはいてサスペンダーを着けるといった田舎のヤンキーのようなファッションだったのですが、今年に入り『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の作中で着ていたようなスタイリッシュで落ち着いた格好になりました」(前出・テレビ関係者)

とはいえ、おじさん世代にしてみれば、ちょっと私服がダサいガッキーに、親しみと魅力を感じるのも確かなのだが‥‥。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/92066]

新垣結衣 濡れ場に挑戦?

それだけではない。今後、女優として新垣が“過激路線”に突入する可能性を、シナリオライターは指摘するのだ。

「このところ、ガッキーは自分と並んで“2大若手女優”と呼ばれるようになった有村架純さん(24)をライバル視していると聞きます。

かたや有村さんも、星野源さんとの親しげなツーショット画像をインスタグラムに投稿するなど、ガッキーを意識した行動を取っている。

この両者の関係がガッキーを“過激路線”に進ませるかもしれないと言われだしたんです」

その背景には、有村による「ベッドシーン」挑戦があるという。

有村は、10月7日に公開された映画「ナラタージュ」(東宝、アスミックエース)で松本潤と激しい濡れ場を演じているが、これに対して、テレビ関係者が、

「ガッキーのライバル心が刺激されないわけがない。今後、有村さんに負けじとガッキーがハードなベッドシーンに挑戦する可能性は十分にある」

と指摘するほどなのだ。いずれにしても、彼女の“露出”がますます増えていくことだけは間違いない。

来年には映画版「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」の公開を控え、多忙を極める新垣だが、業界内では所属事務所のこんな事情が指摘されている。

「彼女が所属するレプロはますます“ガッキー頼み”になっていくでしょうね。能年玲奈(のん)の独立騒動や清水富美加(千眼美子)の出家騒動など、昨今、レプロから続々と所属タレントが離れていっている。

今、事務所としてはガッキーに看板女優として猛烈に働いてもらうだけでなく、それ以上の役割も期待しているんです」(芸能事務所関係者)

女優業以上の役割とは、一口に言って「若手女優にとっての精神的支柱」だという。

「後輩の川島海荷とお互いの自宅を行き来して交友を深めるなど、ガッキーは事務所内でも人望が厚いんですよ。レプロとしては、これ以上“脱退者”が出ないよう所属タレントのプライベート面でもガッキーに頼っている。

逆に彼女が個人事務所を作るなんてことがあれば、多くの後輩が追随し、事務所存亡の危機に陥るでしょう」(前出・芸能事務所関係者)

だが、ことプライベートに関してはほとんど、浮いた噂が聞こえてこない。その癒やし系の素顔こそまた魅力の一つになっているのだ。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/92068]

新垣結衣 私服コレクション

最新の私服

ネットの反応

・あったま悪い記事やなw
・アサ芸はパンチが弱めだな。
 >締めのパンチラインが無い
・実話の真似は止めてください
・ノーブラ以前にノー乳です
 >垂れるほどの乳がない
・ブラトップだろ…乳もそんなにないし
・落下女でさんざんバナナマンとかおぎやはぎに下ネタくらってたじゃん

・古美門 「うるさいぺったんこー」
 >リーガルハイみたいわー
・自宅じゃほとんど寝たきりって言ってたなw
・オフのときは、わざとだらしなくするんだよ。
 そうすると異性がよってこないから楽でいいんだよな。

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/11/16 11:34

    あそこまでダサい私服じゃなきゃいかんかね?

  2. 2
    名無しさん 2017/11/10 22:25

    やっぱかわいいわー

  3. 1
    汚ギャル 2017/11/09 20:58

    ニオイは大丈夫?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事