TROUBLE

HEADLINE

ローラが所属事務所と一方的な10年間の奴隷契約「裏切られた」ツイートの原因はコレだった!?


文春の直撃取材に応じるローラ

今年6月、〈ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる〉などと、不穏なツイートを連投して以降、所属事務所とのトラブルが囁かれていたモデルのローラ(27)。

「週刊文春」の取材によって、トラブルの原因は彼女と所属事務所「LIBERA」の間で交わされた“奴隷契約書”だと判明した。

2010年、ローラは「専属芸術家契約書」にサインさせられているのだが、事務所関係者によれば、A4サイズで計5枚におよぶ書面には次のような一文が記されていた。

〈本契約の有効期間は2010年7月1日から2020年6月末日までの満10年間とする〉

「しかも契約満了を迎えても、自動的に10年間の契約が更新されることになっている。またローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約でした。

まさに現在、問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)

所属事務所は「週刊文春」の取材に、代理人を通じて、「(ツイッターの内容が事務所社長と彼女のトラブルという)認識はありません。所属タレントの契約内容は開示できません。(契約をめぐるトラブルについて)そのような事実はありません」と回答した。

近年、日本の芸能界では、所属タレントと事務所間で契約トラブルが多発。一般社会とかけ離れた芸能界特有の契約慣行に対し、厳しい目が注がれており、今年7月には、公正取引委員会が調査に乗り出した。

8月9日発売の「週刊文春」では、事務所とローラの契約をめぐるトラブルに加え、ロサンゼルスでのローラ本人への直撃取材の模様を詳報している。

[via:文春オンライン]
http://news.livedoor.com/article/detail/13447025/


「LIBERA」所属の(左から)きらりんぼ☆はりー、ダレノガレ明美、ローラ、インヤ、モモナ

ネットの反応

・違法な契約は無効だからな
・ローラ可哀そう
・のんみたいになるんじゃね
・奴隷の割にインスタではセレブ気取りだよな
・自分で納得して契約したならしょうがない
 裏切られたとか言うなら知らなかったんだろうか
・何でサインする?
・サインしたからには何かしらウマい話でもあったんじゃないの?
・もうオイラの嫁にこい
・本人の意思関係なく事務所次第で再延長10年ってすごいなw
・2010年ったらまだ売れてなくてメガネびいき出てた頃か?
・成功したらそんなの関係ないでは通らんて
・弁護士さん出番ですよ儲かりますっせぇw
・ローラって阿呆そうだからこれ以外にもさんざん騙されてきたのかもな
・待遇が良ければ問題ないだろ
・何か最近ダレノガレで全く同じ内容のニュース見たな
 そっちは7年契約だった気がするが
・10年契約だから、事務所は安心して、売ることができるんであってな。
 3年や、5年で、独立や移籍されたら、事務所が成り立たんからな。
・本当だとしたら出るとこ出たら無効だろ。
 まあ、業界ルールで干されるんだろうが。

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/08/09 13:38

    消えかけてるし
    10年面倒見てもらえて良いことじゃん

  2. 1
    名無しさん 2017/08/08 20:06

    芸能界って、そんなものでしょ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事