TROUBLE

HEADLINE

アカーン!『イッテQ』祭り捏造疑惑に視聴者賛否w日テレは関与否定も小道具は日本で準備万端!?

2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。

問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。

実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。



だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」


ラオスコーヒー協会によるコーヒーフェスティバル会場 左端の一角で「橋祭り」

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ!」が参加したのか。それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。

「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材。

セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。

[via:文春オンライン]
http://bunshun.jp/articles/-/9579

日テレ「誤解を招く表現あった」

これを受けて日本テレビは8日、番組サイドで祭りを“ねつ造”したとする報道を文書で否定した。

一方、「橋祭り」は同所では初開催であったにもかかわらず、毎年行われているかのような誤解を招く表現があったことを認め謝罪している。《中略》

同局が8日に発表した文書では「今回の企画の成立について」として「企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と説明。

また、ラオスの情報文化観光省とのやり取りについても「番組の趣旨を十分に説明し、正式な手続きを経て当局の許可をいただき、撮影にもご協力をいただきました」と報道内容を否定した。

「橋祭り」が実際に現地で行われているのかについても「現地コーディネート会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と経緯を説明している。

一方でこの催しについて、ラオスでは村単位で開催されているとコーディネート会社から説明を受けていたものの、放送された会場での開催は今年が初めてだったことを明かした。

番組内では毎年同所で実施されているかのような誤解を招く表現があったとし、

「今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。

結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました。この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております」

と謝罪した。

[via:オリコン]
http://news.livedoor.com/article/detail/15565048/

やらせ!?演出!?でっち上げ!?

「裏切られた気分」の声

「これマジだったらショックだなぁ イッテQはクリーンなイメージなのに」

「好きな番組だし、ヤラセ真実だとしたら悲しいし裏切られた気分 」

「えぇ…イッテQ好きだけど面白ければ良いとは思わない。ヤラセはいかん」

「もしこれが本当なら、宮川大輔は知っていたのかな?全て作り上げられた上で何も知らず頑張って、はいヤラセでしただとしたら気の毒すぎるわ…」

「ヤラセでもかまわない」の声も

「別にどうでもいいし、大輔が悪いの?って思うし、とにかく楽しかった!!!もしヤラセだったなら現地の雰囲気も含めてすっばらしい最高のエンターテイメントだなって話」

「ドキュメント番組なら問題だろうけどバラエティ番組なんだから面白ければヤラセ(演出)でも構わないのでは、と思うのは自分だけか」

「心が荒んでるのか、はなからこういうのってやらせも大いにあるだろうと思って観てるからなんとも思わない」

「別にどちらでもいい。フィクションでもいいの。笑いたいから見てるのだから。」

「何がいけないの?報道番組じゃあるまいし、面白ければそれで良いんじゃないの?」

[via:しらべぇ]
https://sirabee.com/2018/11/07/20161870991/

風船にブツブツが見えるがコレは・・・※クリックで拡大

ネットの反応

・ネタが無くなってきてるんじゃね?
・バラエティーなんて全部嘘 真剣に見てる奴も批判してる奴も頭おかしい
・イッテQ視聴者にはこのレベルでちょうどいいんだよw
・でっち上げなんて昔は普通にやってたけどな 娯楽番組なんだから別によくね?
・バラエティーのやらせはギリセーフだろ。文春は鬼の首を取ったように言うけど
・そろそろやらせと演出の違いをわかろうや…
・厳密にこれをヤラセって言うのか微妙じゃね でっち上げって言った方がしっくりくる。
・てかまんま局が用意したようなバラエティのセットだなw

・TVのセット感がすごいw
・村人がやるにしちゃ大がかりw
・バッタもんのSASUKEみたいなセットだな。
・日テレの体当たり系バラは昔から怪しいと決まっててな
・村のお祭りにしてはすさまじい日本臭ですね
・誤解をまねく表現(大爆笑)
・ありゃ 完全否定しちゃったか これは尾を引く展開になりそうやな
・日テレ「コーディネート会社のせい」
>番組サイドでセットなどを設置した事実はなく
・奥に見えるピンクも併せ、5種類とも↓と似てるけど、ボールはラオスで用意したってことか。

 >日本で準備万端だったんか
・他国の文化を捏造する日本テレビ
・イッテQ自体はともかく祭りのコーナーは存続が怪しいぞこれ
・なんか苦しい謝罪だな これで沈静化に向かうとは思えんが
・手慣れてるからまだ他にもない祭やってそう
・さすがに視聴率高すぎて打ち切りはできないんだろうな

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2018/11/10 6:32

    海外のテレビ局が日本の祭りと紹介するのがその国のエンターテイメント(お笑いの趣向)に合わせた馬鹿馬鹿しい内容に歪曲されていたなら、そりゃ現地の人は気分良くないわな。
    あのコーナーは海外の祭りに日本のお笑いタレントが挑戦しに行くという企画であり、そこに視聴者の興味がある。
    だから本来の現地の祭りの形式を著しく歪曲した形で正しく伝えず、自分たちで作り上げた催しを現地の祭りとし、そこに挑戦しに行くという構図を図ったのなら演出の範疇ではない。
    演出とヤラセの境界線は、その構成で不利益や傷付く人が存在するかどうかだと思う。
    ラオスの人達が怒っているなら日本テレビは重く受け止めるべき。

  2. 5
    名無しさん 2018/11/09 1:57

    確かにどーでもいい

  3. 4
    名無しさん 2018/11/08 22:51

    どーでもいい。

  4. 3
    名無しさん 2018/11/08 20:18

    手抜きのサスケ感が・ww

  5. 2
    名無し 2018/11/08 18:59

    疑惑とかよりこの番組2年前にとっくに飽きてる。見てるやつは今だに好きなんだからいいんじゃんなんでも。

  6. 1
    名無しさん 2018/11/08 16:03

    フジテレビは鬼の首をとったかのよーな取り上げ方してて…バラエティなんだからそこまで目くじらたてなくてもと思ってしまいます♪

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事